MODELING GUIDE  MUSTANG FREAKSからのおしらせ
 P-51 MUSTANG 実機について 
 P-51 MUSTANG 資料について 
 P-51 MUSTANG キットについて 
 P-82 TWIN MUSTANG について
 MUSTANG MODELING GUIDEを見る
 MUSTANG GALLERY の展示を見る
 MUSTANG FREAKS のBlogを見る
 MUSTANG MATERIAL Blog版を見る

 LINK FREAKSを見る
代表的キットの直し方 アカデミー 1/72 P-51D ムスタング(新)
ハセガワ 1/72 P-51B ムスタング

イタレリ 1/72 F-51D ムスタング
ハセガワ 1/72 P-51D ムスタング
リンドバーグ 1/72 P-51B&D ムスタング
エアフィックス 1/72 P-51D ムスタング(旧)
アカデミー 1/72 P-51D ムスタング(旧)
マッチボックス 1/72 P-51D ムスタング
エレール 1/72 P-51D ムスタング
モデルニュース(Model News) 1/72 P-51H

イタレリ 1/72 P-51 ムスタング
エアフィックス 1/72 P-51D ムスタング(前)
エアフィックス 1/72 P-51D ムスタング(新)
ハセガワ 1/72 P-51B ムスタング
アカデミー 1/72 P-51&B/C ムスタング
KP 1/72 P-51B/C & ムスタング Mk.III
モノグラム 1/72 P-51B Mustang
ブレンガン 1/72 A-36 APACHE
アカデミー 1/72 P-51 MUSTANG

童友社 1/100 P-51D ムスタング

エフトイズ(F-toys) 1/144 P-51D MUSTANG

P-51&F-82キット製作記事掲載誌一覧
ボックスアートデータ
タミヤ(TAMIYA) 1/48 P-51D MUSTANG
テスター/旧ホーク(TESTORS/HAWK) 1/48 P-51D MUSTANG
マルサン/フジ(MARUSAN/Fuji) 1/48 P-51D ムスタング
モノグラム(MONOGRAM) 1/48 P-51B MUSTANG
プロモデラー(PROMODELER) 1/48 P-51B MUSTANG
オーロラ(AURORA) 1/48 P-51H ムスタング

ヒストリック(HiPM) 1/48 P-51H ムスタング
ニチモ(NICHIMO) 1/48 P-51D MUSTANG
オータキ(OTAKI) 1/48 P-51D MUSTANG
ハセガワ(HASEGAWA) 1/48 P-51D/K ムスタング
コグレ-バンダイ(KOGURE-BANDAI) 1/48 P-51D ムスタング
モノグラム(MONOGRAM) 1/48 P-51D MUSTANG
レベル (Revell) 1/48 P-51D MUSTANG
ペガサス(PEGASUS HOBBIES) E-Z Snapz 1/48 P-51B Mustang
タミヤ(TAMIYA) 1/48 NORTH AMERICAN P-51B / MUSTANG III
アキュレイト・ミニチュア(ACCURATE MINIATURES) 1/48 P-51B/C
モン(MENG) 1/48 P-51D/K MUSTANG FIGHTER
エアフィックス(AIRFIX) 1/48 NORTH AMERICAN P-51DMUSTANG

レベル(Revell) 1/32 P-51D-5NA Mustang
2006/4/14 記
2010/7/28 追記
マッチボックス 1/72 
P-51D ムスタング
by 富永 のぶる

◎ 始 め に …


 1973年にリリースされたキットで、胴体の裏に"MATCHBOX"LESNEY PROD. & Co.Ltd. マルC 1973(最近のものは & Co.Ltd.の部分がP.L.O.に変更)と刻印されています。
マッチボックスでは左の写真のとは違う箱もいくつか出ていますので、[ボックスアートデータ]でご覧ください。
 このキットの元になっているのは1962年にノース・アメリカン社が広報用に発行した 1/74 の図面だと思われ、特に主翼上下面の筋彫りや主脚収納庫形状、各舵面の表現などの平面形は見れば見るほどソックリという仕上がりです。
同じ図面は、[ミリタリーエアクラフト1997年7月号 No.033 p.36〜37] に資料として掲載されていますので、オリジナルではないけど今でも手に入れることはできると思います。

で、箱絵が同じ左のAMTのキットはマッチボックス時のOEM。 

 右上はアランゲル/レベルの製品として発売(OEM)されているキットですが、15年ぐらい前から「マッチボックスの金型はレベルが持っている」と噂になっていたとおりで、レベルとアランゲルのマークが箱の下側に入れられています。
また、左の説明書にはレベルのメーカーロゴが入れられていますが、絵は明らかにマッチボックスの箱絵と同じですし、キットナンバーも #40013 と同じになっています。

 まぁ、昔のレベルオリジナルを出されるよりはP-51Dに近づいているから、まだマシかもしれないとは思いますが、モノグラムを吸収合併したアメリカ有数のメーカーなんですから、しっかりしたP-51Dを新金型でリリースして欲しいものです !!

 もちろん旧作のレベルオリジナルの1/72 P-51D [72D-10]とは全然違いますので、旧作の方をお探しの方(…いらっしゃるんでしょうか? )は右側のドイツレベル#04148 がレベル旧作[72D-10]のキットになりますのでお間違えにならないよう、購入なさる際にはお気をつけください。

 しかし、このキットはモデラーの間ではさほど人気は高くなかったと記憶しているのですが、メーカーの間ではすこぶる人気があったようで、スターフィックス、ブルータンク、ファームテックスなど数社でコピーキットが発売されていました。

さらに、コピーのものは筋彫りや合わせ、パーツ形状など、いろいろと違っている部分もありますが、基本的な工作は同じだということで、ここでは一緒に紹介してありますので、細かい違いは[オールスケール・キットデータ]のほうをご覧いただくということで、どうかご了承ください。

また、基本的にはブログでの作業報告を集めたような、テレビの番組改変期の特番のようになっていますが、その点もどうぞお含みおきの上で、あなたのイメージどうりのムスタングをお造りになるときに、お役にたつ部分は参考に、そうでない部分は切り捨ててお読みください。

 ここではマッチボックスの水色/ベージュのモールド色のキットを作っていますが、その年代や発売されたメーカーなどでモールド色は違っていますので、その点はご了承ください。

 尚、実機についての解説などは、製作に関係のある部分以外は省かしていただきますので、予め御了承ください。


  仮 組 み

二色に色分けされたモールドなので、おもちゃ然としているのは目をつぶるとしても、パイロットを乗せないとコクピット内には座席状の L字形の板(イス ? シートでもない !?)と無線器風のモールドがされた開口部を塞ぐ板のみで、操縦桿も計器板もありません。
また、数少ない開口部はこのコクピット以外では、二本ずつ補強がモールドされている主脚収納庫だけとなり、機首下面のエア・インテイクや胴体下のエア・アウトレットなどの開口は全て無く、尾輪の収納庫も開いてません !
唯一開口されている主脚収納庫の形状は、中途半端なB型となっています。 しかも主車輪ドアや脚カバーなどは厚さ1mmぐらいの板で、モールドなどは一切無視されています。
主翼付け根の張り出しもD型とB型の中間ぐらいの曖昧なB型状となっていて、中途半端に二段になっています。

 機首周りで一番のポイントになるスピナキャップが異様に長く形も悪いうえに、ブレード付け根後ろの切り欠きは塞ぐ努力もしていません。 

 筋彫りは凹線凸線入り混じってされていますが部分的で、そのくせ、各舵面やフラップにリブのような凸筋が入っていたりして困惑します。 こんなとこよりは主翼や尾翼のフィレット部の表現を、筋彫りだけでもいいから入れてくれれば良いのに・・・

 というわけで、発売されたP-51のキットの中で一番頑丈(?)なキットかもしれない !? このキットを、以下のように修正していきたいと思います。

まず、パイロットを入れても部品が三つしかないコクピットには、イタレリのキットに入っていて不要になったD型用のパーツを移植してやることにしました。
本来は切り外してP-51に使うように指示されていたコクピットの床板も、P-51では本当はアールの付いた翼上面だからと、切り取らずに別に作ったおかげで、丸々マッチのD型に使えることになりました。

そうそう、丸投げしてもらったマッチのキットのモールド色はモスグリーンとシルバーで、わりと好きな色だったのでキットのまま保存し、昔から持っていたベージュと水色のほうのキットを組んでいます !(^O^)/
結局、操縦桿とサイドコンソール類を自作した以外は計器盤、シート、防弾鋼板、胴体内タンク/無線機付き床一式をイタレリから移植。
排気管は立体感のないキットのものより、ハセガワかアカデミーで使わないやつをトレードしようと思います。

あとは照準器を作るのと、分厚くて厚さムラでユガミがでて、コクピット内部が見通せないキャノピーをどうするか ? が問題になりますが、これを他から移植(パーツとしてはダラス型とかが結構残っている…)して直してしまうとマッチボックスらしさが半減してしまうので、もう少し考えてから決めたいと思っています。
マッチボックスのキットもイタレリのと同じように、主翼フィレット部分の表現が(他の筋彫りもですが…)省略されていますので、彫り足しが必要です。
でも、筋彫りを全部やってるとキリがないので、思いついたとこや目立つとこだけやって、あとはフラップ下げて変化を付けて、そちらに目を奪おうという作戦を立てました !(笑)

 そして・・・

胴体下側に二つのエア・アウトレット・フラップを自作して付けるほか、主脚の収納庫を、これも使わなくなったイタレリのD型の主車輪ドア(イタレリP-51にはホビースポットUのB型用の主車輪ドアを使用 !)に合わせて形を修正し、主脚柱カバーは裏側として整形し、外側にもう一枚貼り付けて一回り大きくすることにしました。

また長くてダンゴっ鼻状をしているスピナキャップですが、長さを縮めて形状を修正し、各ブレード軸の後ろ側にプラ板を貼って切り欠きが目立たないようにしたいと思います。

◎ 修 正 開 始

 というわけで、大体の方向が決まったところで、修正を開始していきます。
 まずはスピナキャップの修正ですが、本体に差し込む軸はプロペラに付いているので、徹底的におやりになる方はスピナ後端を1mmほど短くしてから一度ペラを接着した後でブレードを切り離して、切り欠き部分も埋めてから電動のチャックにくわえさせると良いでしょう。
その後の修正方法はハセガワ 1/72 B型の場合と全く同じですので、詳しいことは省きます。 申し訳ありませんが、ハセガワ 1/72 B型の修正開始直後のスピナキャップの直し方をご参照ください。
また、スピナ後端と機首前端の段差が多少あり、機首下側の空気取り入れ口がスピナ後端とせっついていますので、機首前端の軸受けの周りに1.2mmのプラ板を貼り、空気取り入れ口に向かってダウンスラストをつけてやり、スピナパーツの後端のラインをスムーズに機首につなげてやるとグッと引き締まります。
 でも、私は手抜きをして切り欠き部分はブレードの軸にプラ板を貼るだけで済ませ、スピナの方は内側にあいている穴を利用して丸棒を仮止めして軸の代わりにして電動工具に噛ませて、長さは後端は縮めずに先端を0.8mmほど縮めて形状を修正しました。
取り付け部分は機首前端の上半分に0 .5mmのプラペーパーを貼って軸受け部品を傾けるという軽い修正をしましたが、まだ少し上向になっています。
 機首下面の空気取り入れ口は表現されていませんので、印章用の彫刻刀等の細いもの(私は先が折れた U ・ライナーを斜めに研いで使ってます)で、軽く彫り込んでやります。

 コクピットには予定通りイタレリのD型のパーツを組み込んでやりましたが、イタレリのP-51を作っていない時はどうすればいいんだろう・・・
それにしてもこんなにピッタリ収まってくれるとは思いませんでした !!
 取り付ける高さや位置にもよるのでしょうが、防弾鋼板の上角両側を少し斜めに落としただけで、キャノピーもピッタリのりましたが、正直言ってマッチの分厚い歪みだらけのキャノピーをのせるのがもったいなくなってきます・・・とは言っても、あまり似ていないウインドウ・シールド部分も、これをコピーした他のメーカーのキットのキャノピーよりはマシで、塗装の仕方次第で見られないこともないので、今回はそのままのせました。

 ついでに機首前方上面の丸味を少し削っておきますが、ハセガワみたいに扁平にしたい方は両サイドにパテ盛りしてから削らないと、側面から見たラインが崩れてしまいますのでお気をつけください。 私はそんなに扁平にしなくても平気なので、ラインが崩れない程度に軽く接合部の丸味を落としただけで済ませました。

 次にその下側、主翼の取り付け部ですが、ここの問題点はフィレットの表現が一切無いことです。
イタレリもそうですが、1/72では省略されているものがいくつかありますので、筋彫り用の治具を作っておくとよいと思います。私は厚さ3mm・6cm角ぐらいの透明アクリルを使用して、一辺にこのD型用、もう一辺にP-51用のフィレットをドレメルでくり抜いて作りました。
この写真の胴体下側にある出っ張り(フィレットのラインがかかっているヤツ)は左右で位置が違っていますので、こちら側のを削り取って右側と対称のところ(この位置から2mmぐらい後ろ)に移動してください。

そして、主翼ですが、MA誌1978年11月号(No.146)に載っている製作記事を見ると
 >「主翼の動翼部にはすごい凸線のモールドがあるが、目ざわりだからといってすり落とすとかえってそこだけすっきりしすぎてバランスがこわれるから目をつぶるのが無難。」 と、書かれていたのですが、このフラップに写っているようにリブの凸筋表現は少々どころか目ざわりすぎるぐらいうるさいので、付け根の張り出しを少し大きくして翼端灯を削り落として翼端の形状を修正したあとで敢えてカル〜ク擦り落としうっすらと残る程度に削って、フラップ部分を下げ位置に固定しました。
フラップ部が貼り合わせでなくて一枚で成型されていると、ついつい下げ位置にしてしまうのは、私のクセみたいなものですので、フラップ・ダウンがお嫌いな方はどうぞお平らに・・・(笑)
ただ、フラップはいじらなくても、付け根の張り出しが二段になっているのは、まっすぐになるように少し大きくしたほうが良いと思います。
翼端灯は位置を示す穴を小さくあけておき、塗装終了後にホビースポットU のパーツセットに入っていた識別灯用パーツから製作して取り付けてやると、マスキングの手間もいりません。 
そのほかに、右主翼下面の識別灯が表現されていませんので、位置を決めて識別灯用パーツを埋め込んでおきました。

また、前出のMA誌に
 >主翼の取り付けはガクガクで安定しないから上反角を決めておき、瞬間接着剤で接着しよう。
 と、ありますが、これは主翼パーツ下面の真ん中辺りに飛び出している棒状のパーツ(主車輪収納庫の後ろ側になる部分)の裏側が胴体パーツ部に密着するように前端の丸い部分(左の写真の水色の前縁部分:ここに逆テーパーがついていて浮き上がったりガタガタする)を斜めに削って調整してやると、簡単でキッチリとした上反角がでます !

次にこれを裏返して胴体下側に、自作した二つのエア・アウトレット・フラップを付けたほか、主脚の収納庫を、これも使わなくなったイタレリのD型の主車輪ドア(イタレリP-51にはホビースポットU のB型用の主車輪ドアを使用 !)に合わせて形を修正しておきました。(この辺りの修正方法はハセガワ 1/72 B型の[MODELING GUIDE]の主脚収納庫の修正の応用です)

なお、薬莢排出孔が後退しすぎているのが写真で判りますが、これは今回は直していません(先にパイロンを付けてシマッタ ! )。 気になる方はパイロン後端くらいの位置まで平行に前進移動させてください。

次に主脚柱カバーですが、オリジナルは1mm厚ぐらいの板ですので、脚柱との接合部に厚さを残して上端と下端からテーパーを付け、裏側に写真などで見られるモールドを彫り込みました。
 そして、一回り大きくして、イタレリの主車輪カバーと形を合わせたもの(イタレリの主脚柱カバーを元型にしています)を0.2mmプラ板から切り出して、周囲に均等にはみ出るように貼ってやれば、簡単に出来上がりです !
ついでに主車輪が12本スポークという写真で見かけたことがないものになっていましたので、8本になるように穴をあけて修正してみました。
一般的には10本スポークのほうが多いと思いますが、12本を10本に直すのは、結構大変ですので、直し易い8本のほうにしてあります。
また、尾輪がH型のように両支持のものになっていますので、片支持のものに削りなおしましたが、写真でお判りになりますでしょうか ?!
もちろん、もっとそれらしいパーツに置き換えてやってもよいと思いますが、私は基本的にはそのキットの中のパーツを優先して使うようにしていますので・・・

収納庫内の翼下面パーツに付いていた補強(?)パーツはこの時点で切り取りましたが、ランディングライトの取り付け位置に少しだけ、取り付け下地として残してあります。
 翼下面のラックはマッチボックスではちゃんとした表現はされていませんので、これもイタレリの余ったパーツを付けてみました。
因みにこのラックのパーツ、取り付け部のテーパーが両方とも左翼用です・・・(>_<)
ま、ここら辺は私は雰囲気を楽しんでいるだけですので、あまり神経質ではありませんが、こだわる方はご自分でお作りになる時はキッチリお直しください !!

排気管は結局、ハセガワのフェアリング付の取り付け基部を切り離して、溝に挿しこんで接着してあります。
また、その周囲の筋彫りは凹線なのですが、かなり太く彫られていて、左の写真では半分ぐらいに埋めてありますが、これでもまだ太いぐらいです。
でも、この凹線埋めの技法は間違った筋彫り埋めなどにも応用できますので、簡単に紹介しておきたいと思います。

 まず、伸ばしランナーを作りますが、これは余っているランナーをクルクルと回しながらをライターで炙って、両端を引っ張るとスーッと伸びますので、この引っぱる速度で太さを調節します。
簡単に出来ますので、炙り方や引っぱり方を変えてなんどか試してみてください。
ただし、炙る時にランナーに引火してしまうと、伸ばした時に焦げが一緒に伸ばされて、ガサガサになってしまいますので、炙り方には注意してください。
 伸ばしランナーができましたら、適当なところで切り、端にセメントを少しつけて埋めたい筋彫りの片端に固定し、必要な長さを合わせてカットします。
筋彫りに沿わせてから流し込みタイプのセメントを反対の端に軽く点けてやると筋彫りとランナーに沿って流れていき、ランナー全体が固定されます。
そのまま固着させたい時は触らずに硬化を持ちますが、ランナーが浮き上がっている時はU・ライナーなどの腹を利用して平に均してやります
実に簡単で有効な方法なので、ゼヒ一度お試しになってみてください。

つぎは水平尾翼ですが、先端の筋彫りが斜めになっていますので、これを胴体の中心線と平行になるように引き直し、タブの作動ロッドを右上面と左下面昇降舵に付けます。
方向舵のタブのラインが方向舵ヒンジと平行になっていますので、これは軽く修正した後端ラインと平行に引き直して、右側下方に作動ロッドを付けてやります。
また、垂直尾翼前縁とドーサルフィンの縁が1.5mmぐらいの板状なので、薄くしてやりますが、左側にオフセットしてあるように斜めに振って削り、ついでにドーサルフィン前端のフィレットの筋彫りも追加してあります。

大体の修正が終わったら全体に下塗りのサフェーサー(GSIクレオス Mr.サーフェイサー 1200)をかけてやると、また直すべきところや直し忘れたところが見えてきますので、ぜひ塗装の前に一吹きしてやってください。
この写真のものも何回かかけてあります。

しかし、前述の記事からでも28年が経っているキットなんで、さすがに記事の内容や判断の基準も、現在とは全然違っていますが、機首周りについては、
>プロペラ・ブレードは薄く削っておきたい。素材は柔らかいから削りの手間はあまりかからない。
 と、書かれていて、確かにちょっとセメントがついただけでエクボみたいに凹みができるぐらいやわらかい素材なので削りやすいのですが、ブレードよりも修正の最初に書いたように、ダンゴっ鼻みたいなスピナキャップを削ったほうがよいと思います・・・


◎ デ カ ー ル
& 塗 装


 前述のMA誌1978年11月号(No.146)に載っている製作記事では、
>デカールは非常に質のよいものがセットされており、マーキングは2種類である。 作例のKM272機だが、CAMOUFLAGE & MARKINGSの写真によると、プロペラはカフスなしのエアロプロダクツ製のをつけているようだ。
 とありますが、確かにナンバーからみてもKM272という機体は、英国に送られたP-51Kの593機の内の一機ということになります。
なお、塗装図にある反射よけ下からキャノピー枠に続くブルーのラインは、最近発売になったエアフィックス 1/24 ではイエローになっています。

 もう一種類の機体は記事では触れられていませんが 7F☆V となっていますので、U.S.A.A.F. 485th F.S. 370 F.G. 9th A.F. 所属の44-72354(P-51D-20-NA)ということになりますが、まだどちらも手元の写真での確認はできていません。

 今回の作例のマーキングはアビエーション(Avation) USK の 7101 の MC☆R のデカールを主に使用していますが、これには国籍マークが付いていませんので、自作したものと組み合わせています。
なお、アビエーション(Avation) USK の説明書に、この機体のS/N.が44-1337だと記してありますが、P-51D の 44- で始まるシリアルのこのあとは五桁になるはずですので、何かの間違いかミスプリントだと思われます。

 作例の塗装ですが、機体色は反射よけにMr.カラー #12 オリーブドラブ[1]+#304 オリーブドラブ FS34087、機体全面の銀にガイアノーツのガイアカラー #009 ブライトシルバーを使用しています。
ただし、むやみに完成を急いだためにサーフェイサー1200とベースホワイト1000を重ね塗りした下地を水研ぎせずにシルバーを塗ったので、表面が荒れていて輝いていません !
主翼・尾翼の黒帯は塗装ではなく、アルマークのストライプデカールを使用しています。


◎ 追 記


本来は同じ アビエーション(Avation) USK #7101 デカールの E2☆Vにする予定だったのに、アカデミー 1/72(新)と同時進行しているうちに間違えてコチラにしてしまいました。
そのため、撮影途中で気付いてバックミラーを付けたので(E2☆Vはミラー無し)、作例の写真によっては付いていないものがありますが、どうかご了承ください。

◎ 比 較 用 写 真

模型雑誌に掲載された記事の写真とできるだけ同じ角度で撮影した写真です。 

下の写真は前述のモデルアート誌1978年11月号(No.146)のグラビア(p.32)の写真と、できるだけ同じ角度になるように撮影しましたので、お持ちの方は見比べてみるのもおもしろいかと思います。 

79thFS/20thFG/67thFW/8thAF MC☆R "GENTLE ANNIE"として完成したマッチボックス(MATCHBOX) 1/72 P-51Dです。

モデルアート誌1978年11月号(No.146)のグラビア(p.32)の写真と同じ角度。


上から見るとこんな感じです。
この角度もモデルアート誌1978年11月号(No.146)のグラビア(p.33)に写真があります。


更に・・・

同じページにこの角度の写真もあります !


で、
MUSTANG GALLERY
79thFS/20thFG/67thFW/8thAF MC☆R "GENTLE ANNIE"の[MUSTANG GALLERY]はこちらからも行けます

模型誌には載っていませんが、下面はこうなっています !!


COPYRIGHT © 2004-2018 T&T MUSTANG FREAKS