MODELING GUIDE  MUSTANG FREAKSからのおしらせ
 P-51 MUSTANG 実機について 
 P-51 MUSTANG 資料について 
 P-51 MUSTANG キットについて 
 P-82 TWIN MUSTANG について
 MUSTANG MODELING GUIDEを見る
 MUSTANG GALLERY の展示を見る
 MUSTANG FREAKS のBlogを見る
 MUSTANG MATERIAL Blog版を見る

 LINK FREAKSを見る
代表的キットの直し方 アカデミー 1/72 P-51D ムスタング(新)
ハセガワ 1/72 P-51B ムスタング
イタレリ 1/72 F-51D ムスタング

ハセガワ 1/72 P-51D ムスタング
リンドバーグ 1/72 P-51B&D ムスタング
エアフィックス 1/72 P-51D ムスタング(旧)
アカデミー 1/72 P-51D ムスタング(旧)
マッチボックス 1/72 P-51D ムスタング
エレール 1/72 P-51D ムスタング
モデルニュース(Model News) 1/72 P-51H

イタレリ 1/72 P-51 ムスタング
エアフィックス 1/72 P-51D ムスタング(前)
エアフィックス 1/72 P-51D ムスタング(新)
アカデミー 1/72 P-51&B/C ムスタング
KP 1/72 P-51B/C & ムスタング Mk.III
モノグラム 1/72 P-51B Mustang
ブレンガン 1/72 A-36 APACHE
アカデミー 1/72 P-51 MUSTANG

童友社 1/100 P-51D ムスタング

P-51&F-82キット製作記事掲載誌一覧
ボックスアートデータ
タミヤ(TAMIYA) 1/48 P-51D MUSTANG
テスター/旧ホーク(TESTORS/HAWK) 1/48 P-51D MUSTANG
マルサン/フジ(MARUSAN/Fuji) 1/48 P-51D ムスタング
モノグラム(MONOGRAM) 1/48 P-51B MUSTANG
プロモデラー(PROMODELER) 1/48 P-51B MUSTANG
オーロラ(AURORA) 1/48 P-51H ムスタング

ヒストリック(HiPM) 1/48 P-51H ムスタング
ニチモ(NICHIMO) 1/48 P-51D MUSTANG
オータキ(OTAKI) 1/48 P-51D MUSTANG
ハセガワ(HASEGAWA) 1/48 P-51D/K ムスタング
コグレ-バンダイ(KOGURE-BANDAI) 1/48 P-51D ムスタング
モノグラム(MONOGRAM) 1/48 P-51D MUSTANG
レベル (Revell) 1/48 P-51D MUSTANG
ペガサス(PEGASUS HOBBIES) E-Z Snapz 1/48 P-51B Mustang
タミヤ(TAMIYA) 1/48 NORTH AMERICAN P-51B / MUSTANG III
アキュレイト・ミニチュア(ACCURATE MINIATURES) 1/48 P-51B/C
モン(MENG) 1/48 P-51D/K MUSTANG FIGHTER
エアフィックス(AIRFIX) 1/48 NORTH AMERICAN P-51DMUSTANG

レベル(Revell) 1/32 P-51D-5NA Mustang
2006/05/04 記
2006/05/07 追記
モデルニュース 1/72 
P-51H ムスタング
by 富永 のぶる

◎ 始 め に …

 1994年にリリースされたキットで、さすがに技術が進歩して普通のインジェクション (射出成型) キットのようにランナーにパーツが付いて箱に入っていますが、いわゆるショートラン・インジェクションのキットです。
モールドされたパーツの状態で眺めている分には良いように見える (パーツのヒケは目立つ !) のですが、実際に作ろうとしてランナーからパーツを切り離すと大変なことになるので、覚悟して取り掛かってください。

 [オールスケールキットデータ] に、"さすがにこちらはショートランも進歩してランナーにパーツが付いて箱に入っています。 出来もそれなりに向上していますが、どこまでがバリかを見極めるにはまだ多少時間が掛かります。 しかし、排気管が下向きどころか水平より上を向いていたり、タイヤもD型と同じくらい大きかったり、プロペラがデコボコだったりと、箱の中のパーツだけで完成させられるのはごく一部の腕を持った方たちでないと無理だと思います。 エア・アウトレットは筋彫りだけで開口は無し。 また全体に細い凹線の筋彫りがあるが、D型と混同しているようで、間違った筋彫りがなされている箇所が多く見受けられる。 計器盤はハセガワのD型(新) のを模したような形だし、尾輪もフォーク形ではなく D型と同じ片支持式になっている。" と、書かれているように、修正を要する箇所がずいぶんとあります。

 ただ、"無理"と言われると、腕も無いのにやってみたくなるのがヘソ曲がりのフリークスメンバーたる所以ですので、できるかぎりキットのパーツを主体にして直しながら、他の方法も紹介していくという形で進めていきたいと思っています。

  仮 組 み

 一見、ちゃんとしているようにも見えるのですが、胴体や主翼にダボは無く (たぶん付けても合わないから付けていないのだと思う) 、離型用と思われる丸いピン跡が随所に有って、主翼パーツや胴体の尾部などは、それを削り取らないと仮組みもできません。
キットのコクピット内は防弾鋼板上部が一体になったシート (丸い飛び出しあり) と、バリに埋もれた操縦桿、ハセガワ1/72(新) のパーツによく似た計器盤を床板に貼り付けて組み込むだけです。
コクピット後部は塞がれていて、無線機のようなモールドが付けられています。 実機の写真でも塞がれたようになっているので、これでもよいと思うのですが、左右の合わせ目にスキマができてしまいます。
特に床板パーツを胴体内に組み込むと左右胴体の合いはさらに悪くなります。 しかもキャノピーの幅が狭いので、そのままでは1mmぐらい胴体との差ができてしまいます。
 主車輪ドアは閉位置で主翼と一体モールド (細い凹線彫り) なので、開位置にしたいと思わなければ、この部分は問題ありません (左右で大きさが違うなどの問題はありますが・・・)。
主脚柱カバーは何の彫刻もない一枚板となっているものの形状はマアマア良いよう (ただし収納庫の開口のほうがカバーより小さめ) ですが、ものによって湯流れの不良が見られます。
 主車輪のスポークは8本と正しくなっているのですが、表現が曖昧な上に直径が大きくなってしまっているので、もう一回り小さいほうがH 型らしいと思います。
また、尾輪は支持方式だけではなく、なぜか支柱の形もD 型のものになっていますので、ホイール部分に伸ばしランナーかプラ板で両支持のフォーク形の支柱にしてやります。
 もし、お手元にエレールかマッチボックスのキットがあったり、作るご予定がおありでしたら、この二社の尾輪は H型のような両支持のものになっていますので、キットのものと交換してしまえば一石二鳥なのではないかと思います。

プロペラパーツはブレード四枚がバラバラで成型されていて、二分割されたスピナキャップで挟み込むタイプで、さらに回転軸をスピナキャップ根元から軸受けに挿して後部に止めを接着しますが、ブレードにヒケがあり形状も D型のカフスを削り落としたような曖昧な形状になっています。
回転軸のパーツも真円がでていませんので、オリジナルのパーツのみでやるときに一番大変なのはこの辺りかも知れません。
 スピナキャップ自体の形状はちょっと D型っぽいと思いますので、多少の修正を加えて胴体とスムーズにつなげてやりたいと思います。
 しかし、肝心の胴体のほうですが、キャノピーと幅を合わすためには左右の接着面を削ってやるときは、キャノピー後端部分の幅はあっているので、機首部分を重点的に削らなければなりません。
背ビレ部分の厚みも気になるでしょうが、コチラは接着面ではなく、接着後に外側から削ったほうがよいかもしれません。
垂直尾翼は背の高いタイプとなっていますが、なぜか方向舵が上まであるので修正が必要かもしれません。
 胴体は左右で微妙にラインが違っていて、機首を基準に合わせると、右胴体の垂直尾翼が左胴体垂直尾翼より1.5mmぐらいズレて飛び出す上に、下端と方向舵ヒンジ部分は左が飛び出します…また、垂直尾翼を基準に合わせれば、当然この逆に機首部分がズレます。
 どちらをメインにして直していくかはご自分で決めていただきたいと思いますが、全部をぴったり合わせて強制接着すると、胴体が変にネジレて垂直尾翼が垂直になりません !

全体のパーツ数が少ないキットなのに、手間はニ、三機作るぐらいかかりそうなので、工作好きの方には楽しめるキットだと言えるでしょう。

では、数少ない 1/72 P-51H のこのキットを修正していきたいと思います。

 ◎ 修 正 開 始

 コクピット内は胴体内にD型のようなサイドコンソール類が彫刻されていますが、今回は他に直すべき所が多いので、ここには手をつけません。
ただし、コクピットの床パーツの収まりが悪いのと、キャノピーの幅と合わせるために接合面を削るので、ガイド部分を多少掘り下げてあります。
また、シートに一体でつけられている防弾鋼板のヘッドレスト部分がチンケなので、切り取ってシートだけにしてシートベルトを追加しました。
ヘッドレストは防弾鋼板部分を別に作ろうと思いましたが、今回は同時進行で使わなくなっていたエレールのパーツのヘッドレストの形がD 型よりH 型に近く思えたので使用してみました。
ただし、このパーツは上部しかありませんので、下部はシートの後ろ側に板を立てて適当にデッチアゲてあります。
 仮組みのところでも書きましたが、キャノピーと幅をあわすために1mmほど機首部分左右の接着面を削ってやるので、普通なら計器盤と操縦桿、シートを取り付けた床板を挟みこみますが、キャノピー後端部分の幅はあっているので、胴体の床板取りつけ位置部分をメインに削りながら調整する今回のような場合は、幅があうまで取り付け部分を削った時点で床板を片方の胴体に固定して、計器盤、操縦桿、シートを取りつけていった方がよいと思います。
 今回も基本的にはキットに入っているパーツを優先的に使用していますので、コクピット内のパーツでオリジナルでないものは、照準器・シートベルト・計器盤後ろのラダーペダルを模した仕切り板・防弾鋼板(ヘッドレスト部はエレールの余ったパーツ)となります。

排気管の開口や外板の一部となっている特徴的なエンジン架の筋彫りの修正(コクピット寄りのラインが下と並行になっていますが、写真のように三角形になるようにします)は、貼り合わせの前にやっておいたほうが楽だと思います。
 また、写真ではちょうど切れてしまっている機首パネル後端にある小さな出っ張りは、左側だけですので、対称の位置にある右側のは削り取っておきます。

 このキットは元キットにハセガワの新しいD型を使用しているのではないかと思えるのが、前述の計器盤と左の写真のスピナキャップで、D型としてもスマートすぎに見える感じや分割もモールドもソックリさん(ただし精度はズッと悪い !)です。
この部分もキットのオリジナルパーツを全部使い、回転軸とスピナキャップ部分を組んでからドレメルに銜えさせて、ちょっとダンゴっ鼻になるように修正してあります…軸受け部も外周の合いと軸受け穴の大きさやダウンスラストを調整して機首先端に接着してあり、最後に差し込むだけとしてありますが、回転させると位置によってはスキマがでます !(笑)

 垂直尾翼が延長されたタイプになっていて、方向舵のパーツが上端までで分割されていますが、延長部は方向舵ではないので先に切り離しておき、胴体貼りあわせ後に垂直尾翼側に接着して合わせ目や筋彫りを修正しておきます。

左右の胴体を合わせると、背ビレ部分の厚みも気になるでしょうが、コチラは接着面ではなく、接着後に外側から削ったほうがオフセットもつけられてよいかもしれません。

 胴体は前述のように左右で微妙にラインが違っていて、機首を基準に合わせると、右胴体の垂直尾翼が左胴体垂直尾翼より1.5mmぐらいズレて飛び出し、下端と方向舵ヒンジ部分は左が飛び出しますし、垂直尾翼を基準に合わせれば、当然この逆に機首部分がズレます。
どちらをメインにして直していくかはご自分で決めていただきたいと思います。 胴体左右のパーツで断面形が違っていますので、ピッタリと合うことは絶対にないと思いますし、無理にあわせると胴体が捻れたようになり、修正も不可能になりますので、適当な妥協点を探ってください。
まぁ、主翼パーツと合わせて仮組みしていくと、たぶん全体がが少しずつズレた位置で収まると思いますので、その位置から全体を合わせていくのが、実際は一番手間がかかりません。
ただし、左のように空気取り入れ口辺りで0.5〜1mm近くギャップが出たりします。

主翼上下の貼り合わせは、半丸に飛び出た離型用のモールドピン跡を削り取り、各エッジ部分を慎重に擦り合わせを繰り返していけば、さほど大変なことではありませんが、せめて主翼端の筋彫りと敵味方識別灯の位置だけは修正したほうがよいと思います。
写真は位置を修正したついでに、 HOBBY SPOT Uから発売になっている[ハセガワ1/72 P-51B/Cムスタング用「早く直して欲しい」パーツセット] の識別灯用素材を使って表現してあります。
 ただし、H型では識別灯以上に目立つ翼端灯は上下の接着が完全に硬化してから削りますので、まだ加工していません。
また機銃孔が上面だけに彫られていて、三角形になっているので、張り合わせ後に丸く整形しましたが、主翼の分割線がセンターのラインより下がっているので位置が下がってしまいました。 本格的に直すなら、位置が下がらないようにパイプを埋め込むのが良いと思います。
主翼と胴体の接合部は、主翼上面とフィレット部をあわせると機首下面にくびれたような段差ができてしまいますが、上面で修正するわけにはいきませんので、下側に盛ったり削ったりで修正していきます。
 水平尾翼は挿しこむベロの部分に厚さがあって、そのままでは刺さりませんので、ベロの上側と接合面を削ってできるだけスキマのできないように調整します。
またそれだけだと多少後退してしまいますので、差し込めるようになったら慎重にベロの前部を削り合わせて、前後位置を決めていきます。

前述したように基本となる胴体に歪みがあり、どうしても捻れたようになってしまいますので、主翼と胴体、水平尾翼の取り付けは、それぞれの角度を確認しながら、捻れが一番少なくなるように組み立てていってください。

脚周りのパーツもキットのものをそのまま使うようにしましたが、主車輪はD(B)型の用に大きくてアチコチに歪みがありますので外周を一回り小さくするついでに真円になるように削り、表と裏のデコボコを整えた上で、脚柱に真鍮線で車輪の軸を取り付けて強度を増すとともにセットしやすいようにしました。
主脚柱カバーは開口より一回り大きくて、ただの板状となっていますので、縮めるついでにそれらしい表現になればと、薄いプラバンを一枚貼ってみました。
主車輪カバーは今回は閉位置のままとしますので、追加加工はしませんが、大きさの違いが気になる方は彫り直したほうがよいと思います。
 なお、主脚のトレッドは広すぎますので主翼下面の主脚カバーの端まで移動してやると良いと思います。 作例では左右1mmずつ狭くしてあるのですが、これぐらいではあまり効果がありませんので・・・

 尾輪は写真にはありませんが、D型用の片支持の今川焼きタイプになっています。
大きさとしては良いと思うのですが、H型はフォーク式の両支持タイプになっていますので、変更してやります。

以上、まだ途中で申し訳ありませんが、ここで一度アップさせていただきます。

続きはまた完成した頃に載せますのが、もしお手元にこのキットをお持ちでしたら上記の記事を参考にして、ショートラン・インジェクション・キットに挑戦なさってみてはいかがでしょうか ?!

 コレクターとしてはお作りにならずに眺めているのも良いものですが、こういうキット作ってみると、一筋縄ではいかないだけにいろんな技法やアイディアが自然と身についていくように思います ! (笑)


◎ デ カ ー ル


 デカールは、1/48 のHiPM にも入っているアラスカに配備されていた62dFS 56thFGの☆31(P-51H S/N 44-64461)となっていますが、HiPM では黒縁付き赤文字で両側に付くようになっている機首の文字がコチラでは黒一色で片側のみとなっています。
今現在ハッキリ判る写真を探しているところなので、どちらが正しいのかは判っていません。

 このモデルニュースのキットに入っているデカールはすでに版がつぶれてきているようで、写真では判りにくいかも知れませんが、最初に購入したものと比較してみると明らかに線が太くなっていて、細かい文字などは判別不可能なぐらいつぶれてしまっています。

ですから、現在作成中のキットは無難に写真のあるAAC(アラスカ航空軍団)57thFG/66thFSのマーキングにしてしまおうと思っています。

たとえば、よく見かける写真でAC☆ L の後ろ側を飛んでいる僚機のAC☆ K(S/N 44-64203)AC☆ O(S/N 44-64705)ならデカールは寄せ集めでなんとかなりそうですし、前に作ったAC☆ L のオーロラ 1/48 P-51H ムスタング と編隊を組ませることもできますしね !

 というわけで、またある程度工作が進んだところでご報告いたしますので、あてにしないでおまちください・・・(^_^;)


◎ 追 記

 
 さて、サフェーサーでも吹こうかと思ってもう一度眺め回していたら、なんだか胴体下のラインが気になりました。
これ、なんどか原型をD型のキットから起こしてる感じでがすると書いてきましたが、胴体下の吸気口から尾輪収納庫にかけてのラインの反り上がり感がH型というよりD型なんですよね。
なんかこう、D型の膨らみを後ろに延ばしただけみたいな・・・
 H型は再設計されたF型から発展した機体のはずなのに、なんだかD型の改良型みたいに見えるんで、思いつきでパテ盛りしてしまいました !(^_^;)

 で、なんだかんだ言いながらも一度完成させて、P-51 MUSTANG GALLERY にアップしたのですが、完成品を眺めていたらチョット胴体下のラインが太り過ぎで気になりだしたので、また削り直しを始めてしまいました・・・(;^ω^)

P-51 MUSTANG GALLERY の 完成品 展示を見る

COPYRIGHT © 2004-2018 T&T MUSTANG FREAKS