MODELING GUIDE  MUSTANG FREAKSからのおしらせ
 P-51 MUSTANG 実機について 
 P-51 MUSTANG 資料について 
 P-51 MUSTANG キットについて 
 P-82 TWIN MUSTANG について
 MUSTANG MODELING GUIDEを見る
 MUSTANG GALLERY の展示を見る
 MUSTANG FREAKS のBlogを見る
 MUSTANG MATERIAL Blog版を見る

 LINK FREAKSを見る
代表的キットの直し方 アカデミー 1/72 P-51D ムスタング(新)
イタレリ 1/72 F-51D ムスタング

ハセガワ 1/72 P-51D ムスタング
リンドバーグ 1/72 P-51B&D ムスタング
エアフィックス 1/72 P-51D ムスタング(旧)
アカデミー 1/72 P-51D ムスタング(旧)
マッチボックス 1/72 P-51D ムスタング
エレール 1/72 P-51D ムスタング
モデルニュース(Model News) 1/72 P-51H

イタレリ 1/72 P-51 ムスタング
エアフィックス 1/72 P-51D ムスタング(前)
エアフィックス 1/72 P-51D ムスタング(新)
ハセガワ 1/72 P-51B ムスタング
アカデミー 1/72 P-51&B/C ムスタング
KP 1/72 P-51B/C & ムスタング Mk.III
モノグラム 1/72 P-51B Mustang
ブレンガン 1/72 A-36 APACHE
アカデミー 1/72 P-51 MUSTANG

童友社 1/100 P-51D ムスタング

エフトイズ(F-toys) 1/144 P-51D MUSTANG

P-51&F-82キット製作記事掲載誌一覧
ボックスアートデータ
タミヤ(TAMIYA) 1/48 P-51D MUSTANG
テスター/旧ホーク(TESTORS/HAWK) 1/48 P-51D MUSTANG
マルサン/フジ(MARUSAN/Fuji) 1/48 P-51D ムスタング
モノグラム(MONOGRAM) 1/48 P-51B MUSTANG
プロモデラー(PROMODELER) 1/48 P-51B MUSTANG
オーロラ(AURORA) 1/48 P-51H ムスタング

ヒストリック(HiPM) 1/48 P-51H ムスタング
ニチモ(NICHIMO) 1/48 P-51D MUSTANG
オータキ(OTAKI) 1/48 P-51D MUSTANG
ハセガワ(HASEGAWA) 1/48 P-51D/K ムスタング
コグレ-バンダイ(KOGURE-BANDAI) 1/48 P-51D ムスタング
モノグラム(MONOGRAM) 1/48 P-51D MUSTANG
レベル (Revell) 1/48 P-51D MUSTANG
ペガサス(PEGASUS HOBBIES) E-Z Snapz 1/48 P-51B Mustang
タミヤ(TAMIYA) 1/48 NORTH AMERICAN P-51B / MUSTANG III
アキュレイト・ミニチュア(ACCURATE MINIATURES) 1/48 P-51B/C
モン(MENG) 1/48 P-51D/K MUSTANG FIGHTER
エアフィックス(AIRFIX) 1/48 NORTH AMERICAN P-51DMUSTANG

レベル(Revell) 1/32 P-51D-5NA Mustang
2010/02/14 記
2016/06/09 追記
オータキ-アリイ (OTAKI-ARII) 1/48
 
P-51D ムスタング
by 友野 升太

オータキ #OT2-13
オータキ #OT2-13
OTAKI/SCALECRAFT
#OT2-13
OTAKI/SCALECRAFT
#OT2-13
オータキ #OT2-13
OTAKI/SCALECRAFT
#OT2-13
OTAKI/SCALECRAFT
#OT2-13
オータキ #OT2-13
アリイ #A331(シリーズNo.10)
AIRFIX #05104
AMT/ERTL #8880
マイクロエース/アリイ
#共通一らんBOX

◎ 始 め に …

 国内のムスタングキット第二期黄金時代とも言える1974年の発売。
前年(1973年)に発売されたフジミ(FUJIMI)のキットの後を追うように発売されたキットですが、フジミとは正反対の路線を示すかのように、パーツ数を抑えた好対照のキットとして開発・設計された感じがします。
 現在は金型を取得したアリイ(後にマイクロエースに社名変更)が社名変更後もアリイ/(ARII) のブランドで格安の価格設定で発売され続けているほか、OEM先の エアフィックス(AIRFIX) や AMT のキットとしても輸入されていて、一部の店舗では手に入れることが可能です。

 各翼端に軽いアール が付いているのですが、特に垂直尾翼が高さ不足(2mm程低い)で丸味が目立ち、水平尾翼の細長さとの関係で角度によっては小さく感じてしまいます。
また水平尾翼に後退角が付いたようになってしまうので、昇降舵の分割ラインが左右で一直線になるように修正が必要です。
 機首形状は角張りも表現していますがこのキットの発売後に太目の機首の流行が来るので、アール不足でスマートすぎるスピナと相俟って細めに見えてしまいます。
また、排気管は少し後退した位置に付いているので、見る位置(角度)によっては機首部分が間延びしたように見えてしまいます。

 主脚柱は発売当初のものは右の写真の上のように前傾が強すぎだったのですが、その後修正されたようで、今回作ってみたものは右の写真の下のように後傾に近いぐらいの立ちすぎになっています。
これだけ立ちすぎになってしまうと、主脚柱の長過ぎ(オレオが縮んだ状態なのに主脚収納庫がイッパイになる長さがあります)が目立ってしまいます
尾輪脚柱は長過ぎですが、これは尾輪収納庫が無いという取付方法の問題かもしれません ?!
ホイールの表側スポークは10本だが裏側の穴は12個という不思議なつくりです・・・また、タイヤのパターンは縦の溝(凸線)だけとなっています。
 オイルクーラー・フラップ(幅は広すぎ)やラジエター後のエア・アウトレットフラップは少しだけ飛び出したモールドのみで、開口はエア・アウトレットフラップ側のみとなっています。
 キャノピーは一体で、発売当初のものは前部ウインドシールド部分の下端がB型の様に下に垂れ下がっていたのですが、最近のものは塗装で誤魔化せるように下端の枠部分のモールドを削ってあります。
照準器は透明で取付け方向によってN-9にも K-14にも見えますが、スロットルレバーはK-14タイプになっています。

 AMT/ERTL では同じマーキングが入っての OEM ですが、エアフィックスでは P-51D/J-26 として発売されています。
なお、2016年に アリイ/(ARII) から発売になったものは マイクロエース/アリイ のブランドとなり、大戦機シリーズ 全17種類の箱絵を縮小して全てを正面に並べ、サイドビューだけをキット内容によって変更するという、以前 ニチモが廃業前にやった 共通一らんBOX という方式の箱で発売しましたが、結局は オータキ の最終形態のマークを アリイ に変更したものに戻されたようです。

◎ 検 証

前述したように細身のシルエットを持っていますが、実は同じように細身の昔(1962年製ホーク)のキットと対比してみると不思議なくらいアウトラインが似ているのでビックリしてしまいます !
とりあえずそのホーク(HAWK)のキットと合わせたものをご覧いただきましょう。

 主翼に関しては左の写真でご覧のように前後幅が1.5mmぐらいオータキ(青灰白色)の方が広いので、ホーク(グレーの方)の上面よりも飛び出していますが、胴体パーツの方はほぼピッタリとラインが合ってしまいます。
ただし完全に一致するわけではなく、2mm程低くて丸みを帯びたラインの垂直尾翼と、ホークのものよりも更に細く絞られた機種のラインが違うことが判ります。

そのほかに、尾輪の収納庫の位置が2mm程違って(オータキが後退して)いたりしますが、コクピットやアウトレット・フラップの位置はほぼ同じです。

したがって基本的にホークのキットと同じアウトラインを持っているコグレのキットとも同じように垂直尾翼が低いという違いが出てきますし、コグレのはエンジン内にマブチベビーモーターを内蔵可能にしていましたので、多少機首が太めになっていました。
右の胴体の写真は奥の立っている向こう側がホークでこちら側がオータキ、寝ているのは下になっているのがコグレ(バンダイ)中の上側がホーク、一番手前の上のがオータキで、ダボやピン、離型用のタグなどの関係でピッタリとは合っていませんが、ラインが似ているのはお判りいただけると思います。
 まぁ、完全に一致するわけではなく、パーツの分割や前述の尾輪収納庫のように、それぞれに違いが見られますし。機首先端部が別パーツになっている関係で排気管(エンジン)の位置が後退しすぎていますが・・・

比較写真は撮っていませんが、コグレの主翼パーツは前述しましたホークと全幅がほぼ同じサイズで、前後幅と機銃フェアリングが大きく表現された感じになっています。

 また、これは余談ですが、「コグレの主翼パーツ不足アリ」というオークションの記事を見かけたので、このオータキの主翼をコグレの胴体に付けてみたら前後の長さがピッタリでした。
ただし、後ろ側の切り欠きはオータキの方が大きいので、その隙間を塞いでやる手間は掛かると思います。

  下 処 理

 だいぶ以前に一度作っていますので、まずはパーツの状態で直せる所から少しずつ手を付けていこうと思います。

ランナーに付いたままのパーツで加工できるのがホイールですが、前述しましたように表が10本スポークで、裏側が 12個の穴となっていますので、今回は裏側を 10個の穴に開けなおすのは断念して、表側だけスポーク間の幅の広い方に穴をあけてやりました(軸に近い狭い方にはブレーキのディスクシステムなどがあるという表現です)。
尾輪が長いのはパーツを縮めるよりは、胴体の尾輪収納庫を深くして取り付け位置を上げてやる方が効果的だと思うので、胴体側を加工することにします。

 計器盤のパーツの計器の配列はテキトーですので、こだわる方はこの時点で対処しておいたほうがいいかもしれませんが、そのままだとけっこう奥に引っ込んでいてハッキリ見えませんので僕はココは無視して、一番目立つであろう照準器の方を直してやろうと思います。(^^ゞ

 スマートすぎるスピナキャップのアール不足は簡単には修正できませんので、僕は今回はそのままにしますが、おやりになりたい方はパテ盛りして削り出すか、他のキットからのトレードを考えてください。
その時に根元付近も一回り太くしてやると、機首先端パーツとのギャップが目立たなくなると思いますので、先端パーツと合わせながら修正してやってください。
 機首先端部が別パーツになっている関係で排気管(エンジン)の位置が後退しすぎていますが、僕はスピナを含めてそのまま使用しますので、先端パーツの方の段差を削っていくことにします。
合わせてみると、先端パーツの下側と上側の左右がスピナキャップの後端の直径から 0.7mm ぐらいずつ飛び出していますので、しっかりと削って太さをあわせてやります。
 なお、この機首の先端パーツは胴体パーツの接合部とも段差ができてしまいますので、この部分も修正していきたいと思いますが、エンジンを搭載したままでは排気管の位置を修正してやるのはちょっと大変なので、今回は排気管の位置はそのままです。
 実はこの胴体パーツは先端だけではなく、機首部分の左右合わせ目に微妙なズレがあり、そのままではどうやってもピッタリとは合いません。
これは胴体パーツの内側に設けられているダボの位置がずれていることによって起こっていますので、機首先端とコクピット直前の凸のダボの上側を少し削ってやると、機首上面がほぼ合うようになります。
まぁ、凸を削るのが面倒な時は受けの凹の穴を広げてもいいのですが・・・ただ、上を合わせると下にズレが出ますけど、慎重に合わせていくとかなり段差は少なくなります。
 あと、このコクピット直前のダボは、胴体の表側にヒケを作る原因となっていて、ウインドシールド直前の左右にヒケが出ていますので、埋めておく必要があります
厳密に言うとコクピットの外側にも内側のサイドコンソールのモールドによるヒケが見られますので、気になる方は直してやるといいと思います。

 機首形状は角張りの感じも表現されていますが、コクピット直前までそのまま角張った感じが続いていますので、ウインドシールドの前の部分はヒケを埋めて整形してやるときに、ついでに少し角張り感を落として丸味をつけてやります。
また、先端パーツと胴体パーツのギャップはただ埋めるのではなく、先端パーツが少し大きいことを利用してダウンスラストを少しオーバーに表現して、アール不足でスマートすぎるスピナと相俟って細めに見えてしまう機首部分のイメージを変えてやろうと思います。
 このキットはエンジンが内蔵されていますが、排気管はフェアリング付きだけですので、フェアリング無しの機体にするには他のキットからトレードしてくる必要がありますし、キットの排気管は表現(モールド)が少し甘くてドリルでの開口もなかなかうまくできないので、他のキットでフェアリング付きの排気管が余ったらトレードしてもいいのではないかと思います。
ただし、タミヤのものなどはピッタリ入るのですが、凹みの底の部分を切り抜くか深さを調節してからでないと、飛び出し過ぎてスピットファイアの排気管みたいになってしまいます・・・

コクピットの防眩シールドに片側二本ずつあるリブ状のデッパリは英軍機では時々見られますが、米軍機ではあまり見かけませんので作製する機体ごとに確認する必要があると思います。

 後部胴体は細目ですが、小さめの垂直尾翼とのバランスでこうなっているのかもしれません・・・でも、垂直尾翼をあと 1.5mm ぐらいは高くしてもいいかもしれませんし、最低でも方向舵のタブの縦ラインは垂直安定版との境目のヒンジラインに平行ではなく、方向舵後端のラインと平行にしておきたいですね。

 いよいよ胴体下面ですが、幅が広すぎるオイルクーラー・フラップは半分ぐらいの幅の台形に整形してやるとともに、エアの流れ道の窪みを彫り込んでやり、少しだけ飛び出したモールドのラジエター後のエア・アウトレットフラップは、切り取って新設したパーツをつけてもいいと思いますが、今回は左右の彫刻を深くしてアクセントをつけて、開口部から覗ける位置に操作ロッドを追加するぐらいで、そのままで組み立ててみようと思っています。
 そのうしろの尾輪の収納庫は深さが 1mm ぐらいしかないので、開口して収納庫を作ってやり、尾輪の取り付け位置をあと 3mm ほど奥にしてやりたいと思っています。

 パイロンが一体で成形されている主翼は、翼端の形状の丸味が少し強いように思いますが、翼端灯のデッパリがあるのでちょっと修正がやりにくいです・・・まぁ、これもいつものようにユウの[タミヤ1/48 P-51B/Dムスタング用「出るまで待てない」バリエーション・素材セット]に付いているカラー丸棒から作ったものを付けてやることになるので、いちど切り離して翼端を整形してやることになると思います。
 また、右翼端下面に丸くモールドされている識別灯は位置も大きさも間違っていますので、いちど埋めてからハセガワやコグレのと同じように三色の識別灯用素材を貫通処理法で嵌め込んで、裏側に銀のアルミテープを貼り付けておこうと思います。

主翼の機銃は大げさなフェアリングではなくタミヤと同じような大きさなのですが、完全に上下二分割なので、銃身などを埋め込むのは主翼上下を貼り合わせてからでないとうまく加工ができません。
 あと、主翼の三つずつ並んだ薬莢排出孔の前にある二つの小さなパイロンの着脱の穴(リンクの排出孔だとした書籍もありますが…)が無視されていますが、実際は薬莢排出孔の前に開いていなくてはいけないので開けておきます。

 水平尾翼はこのキットの一番似ていない点で、そのままで作ると右の写真の上のようにエレベーター後端のラインが左右で一直線になって前縁が後退角が付いたようになってしまいますので、最低でもヒンジ部分が左右で一直線になるぐらいまで前に振ってやらなければなりません。
また、水平尾翼の左右先端も前方が尖りすぎている感じですので、これはさすがに少し削ってやった方が良いと思います。

たとえば右の写真の下ぐらいまで前に振るとムスタングの水平尾翼らしくなるのですが、問題はこの隙間を埋める方向でやるのか、削り合わせて隙間を無くすのか・・・と、いうことです。
 通常なら削り合わせてしまう方が簡単なのですが、もともとのパーツの幅が少し狭く長さも少し短めなので先端も削ることも考えると、これ以上は削りたくはないところなのです・・・(^^ゞ

◎ 組 み 立 て

 主翼に関してはパイロンはすでに一体成形で付いていますので、右翼端下面の識別灯の埋め込み加工をしないのであれば、最初に上下面の貼り合わせをしてしまっても、何の問題もありません。
ただし、僕は三色の識別灯用素材を貫通処理法で嵌め込んでいますので、貼り合わせ前に識別灯の間違ったモールドを埋め、正しい位置への埋め込み作業を終えてから上下面を貼り合わせました。
 貼り合わせ時に右主翼上面の張り出し部分前端が少し飛び出すのと、左主翼の上下パーツが微妙にズレていて、機銃部分が丸くならないことがありますので、慎重に合わせてやってください。

 とりあえず上下が接着できたら、気になる翼端灯を含めた翼端形の修正と薬莢排出口前の穴、そして機銃の表現をしてやりますが、機銃フェアリングに開口する時に完全に固着していないと、接着部分が割れてきますので注意してください。

主翼自体の修正点はこんなところですが、胴体との接着時に上半角に気を付けることと、必ずしも胴体側とピッタリと合うわけではなく、どこかに隙間が開いてしまいますので埋めてやる心の準備が必要かもしれません・・・

 胴体側は作る方がどこまでやるかで違ってはくるのですが、何も考えずに作ってしまわない限りは結構やることがいっぱいあって、内蔵するエンジンは胴体などの肉厚を考えて実際よりも薄く作られていますが、それでも胴体左右を接着する場合などは接着面に隙間ができてしまいますので、エンジン架の先端や防火壁を削って調整してやる必要があります。
 コクピット左右のスロットルレバーや酸素マスク、サイドコンソールなどは全て胴体パーツの内側にモールドされていますので、そのままで使用する方は塗装によって塗り分けてみてください。
もし、それらを、自作だとかディティールアップ・パーツなどで置き換える場合は、このモールドは実機とは違う部分が多くてガイドにもなりませんので、削り落とした方がいいかもしれません。
 とはいっても、僕はそのメーカーの表現の中でメイッパイ楽しんで作るのを基本にするタイプで、ディティールアップ・パーツなども基本的には ユウ の『出るまで待てない』シリーズ のパーツぐらいしか使いませんので、今回はキットのままで作っていきますが・・・(^^ゞ

 さて、前述いたしました位置が後退している排気管は、そのままの位置で使うとは言いながら、塗装との絡みで排気管をフェアリング無しにしなければならないので、これは余りが出た モノグラム 1/48 P-51D のを使っていますが、排気管の付け根部分がカーブしていたり、基の部分が分厚くなっていたりしていて合わせるのが大変ですので、ハセガワかタミヤのを使うほうがズッと楽なのではないかと思いました !

次に目立つのが照準器のパーツで、クリアパーツでキャノピーのランナーに付けられていますが、側面形で切り出しただけの厚さ 1mm ぐらいの板という感じのものなので、ランナーについていたナンバータグで K-14風に太らせてみました。

防弾鋼板はちょっと不思議な形状をしていますが、今回はこのまま使ってみようと思います、また、パイプフレームシートの形状はマアマアとしても、両脇についているはずのバーが無く、また、シートベルトが付いていませんので、いつものように伸ばしランナーと鉛板から作ってやります。
 防弾鋼板の後ろ側に付けるようになっている無線機のパーツは、所定の位置が低すぎて表からではほとんど見えませんので、3mmほど上に持ち上げて付けてやりましたが、これでもまだ低いぐらいだと思います。

 次に胴体下側の加工と組立てですが、オイルクーラー後のエア・アウトレット・フラップは横幅が広すぎますので、幅が半分ぐらいの台形に縮めて、その直後の空気の流れ道の溝を追加してやります。
ラジエター後のエア・アウトレット・フラップはそのままで胴体との境の彫りを深くして開閉ロッドを付けてみましたが、もしかすると最終的にフラップの幅の薄いプラ板を貼り付けるかもしれません。

尾輪の収納庫は、蓋になっている部分をそのまま内側に起こしてサイドの壁の深さにし前後にも壁を増設して、新たに蓋を作って取り付け穴をあけておきました。

 水平尾翼は、けっきょく付け根部分を後方が広いクサビ形のスペーサーを貼り付けて前に振ってやることにしました。
エレベーターの垂直尾翼側で 底辺 1.5mm で、" へ " の字になっている接着ラインの長辺方向に挟み込んでやって、短辺部分で角度を合わせて隙間が出ないように調節してやるのが簡単な方法だと思います。
水平尾翼の前後幅は付け根付近で 約1mm程 狭くなっていますが、広げるのであればエレベーターとの分割ラインで切り離して 1mm のプラ板をエレベーター側に接着しますが、後端は方向舵と干渉するギリギリの位置なので、胴体側フィレットを含めて前方に広げてやり、エレベーターの後端ラインの角度を翼端側に向かって狭くしてやると感じが好くなると思いますが、僕は今回は胴体側フィレット部を触る大改修はせずに、前に振って付け根部分の隙間をクサビ形のスペーサーで埋めただけで済ませています。

 生産された時期によって角度が違っている主脚柱は、左側写真の 左上 の発売当初の前傾が強すぎだった時はあまり気にならなかったその長さですが、その後に修正された 左下 の後傾に近いぐらいの立ちすぎになってしまうと、尾輪の取り付け位置を深くした関係もあって機首が持ち上がりすぎ、主脚柱の長過ぎが目立ってしまいますので、とりあえず 右上 のように 2mm程 縮めてみましたが、角度が変わっていないのであまり顕著な効果はでていません。
もう少し短くするという手もありますが、あまり短くするのも不自然なので、少し角度を前に振ってやれば、この長さでも充分に精悍に見えるとは思うのですが・・・ということで、取り付けの角度を変えるように差し込み部分を調整したのが 左側写真では右下 のグリーンバックの写真になります。
 個人的な主観かもしれませんが、この少し前に出て、踏ん張った感じがするほうが(実際とは違っていたとしても)僕は精悍でムスタングらしいと思っていますので、今回はこれで行きたいと思います。

 垂直尾翼は胴体左右を貼り合わせてからでないと修正・加工ができませんので、あるていど胴体側の修正・加工が終わりましたら、思い切りよく胴体左右を貼り合わせてしまって、機首先端パーツの接合部分や垂直尾翼の加工を始めてしまいます。

機首先端パーツは組立前にある程度の加工をしてあるので、修正部分は合わせ目などわずかで済みますが、垂直尾翼の方はけっこう手がかかります。
 上の写真では周囲が黒っぽいのであまり大きく見えませんが、先端部分を一度切り離してプラ板で延長し、前縁と後縁を伸ばしランナーを使って一回り大きくしてあります。
ただ、やはり後部胴体が細いので、バランスのことを考えると初期のものの場合は、開発したメーカーさんの熱意とセンスが感じられますので、あまり拘らずにそのまま作ってやってもいいのではないかと思います。
写真の後期のものは脚カバーが付いていない状態で較べてしまうから気になるのかもしれませんし、塗装がされていないせいで印象が違うのかもしれませんが、胴体下のクリアランスを考えると、主脚柱を縮めるのはこれぐらいまでではないでしょうか・・・
 

主脚柱を 2mm 縮めただけだとこんな感じです。

その主脚柱を少し前に振ってやるとこんな感じになります !

下が発売当初のグッと張り出した主脚の角度です。

HL☆B "AMERICAN BEAUTY"
P-51D-15-NA (S/N.44-15459)の完成品写真を見る
 




◎ デ カ ー ル


◎ 追 記


◎ で、・・・

COPYRIGHT © 2004-2018 T&T MUSTANG FREAKS