MODELING GUIDE  MUSTANG FREAKSからのおしらせ
 P-51 MUSTANG 実機について 
 P-51 MUSTANG 資料について 
 P-51 MUSTANG キットについて 
 P-82 TWIN MUSTANG について
 MUSTANG MODELING GUIDEを見る
 MUSTANG GALLERY の展示を見る
 MUSTANG FREAKS のBlogを見る
 MUSTANG MATERIAL Blog版を見る

 LINK FREAKSを見る
代表的キットの直し方 アカデミー 1/72 P-51D ムスタング(新)
イタレリ 1/72 F-51D ムスタング

ハセガワ 1/72 P-51D ムスタング
リンドバーグ 1/72 P-51B&D ムスタング
エアフィックス 1/72 P-51D ムスタング(旧)
アカデミー 1/72 P-51D ムスタング(旧)
マッチボックス 1/72 P-51D ムスタング
エレール 1/72 P-51D ムスタング
モデルニュース(Model News) 1/72 P-51H

イタレリ 1/72 P-51 ムスタング
エアフィックス 1/72 P-51D ムスタング(前)
エアフィックス 1/72 P-51D ムスタング(新)
ハセガワ 1/72 P-51B ムスタング
アカデミー 1/72 P-51&B/C ムスタング
KP 1/72 P-51B/C & ムスタング Mk.III
モノグラム 1/72 P-51B Mustang
ブレンガン 1/72 A-36 APACHE
アカデミー 1/72 P-51 MUSTANG

童友社 1/100 P-51D ムスタング

エフトイズ(F-toys) 1/144 P-51D MUSTANG

P-51&F-82キット製作記事掲載誌一覧
ボックスアートデータ
タミヤ(TAMIYA) 1/48 P-51D MUSTANG
テスター/旧ホーク(TESTORS/HAWK) 1/48 P-51D MUSTANG
マルサン/フジ(MARUSAN/Fuji) 1/48 P-51D ムスタング
モノグラム(MONOGRAM) 1/48 P-51B MUSTANG
プロモデラー(PROMODELER) 1/48 P-51B MUSTANG
オーロラ(AURORA) 1/48 P-51H ムスタング

ヒストリック(HiPM) 1/48 P-51H ムスタング
ニチモ(NICHIMO) 1/48 P-51D MUSTANG
オータキ(OTAKI) 1/48 P-51D MUSTANG
ハセガワ(HASEGAWA) 1/48 P-51D/K ムスタング
コグレ-バンダイ(KOGURE-BANDAI) 1/48 P-51D ムスタング
モノグラム(MONOGRAM) 1/48 P-51D MUSTANG
レベル (Revell) 1/48 P-51D MUSTANG
ペガサス(PEGASUS HOBBIES) E-Z Snapz 1/48 P-51B Mustang
タミヤ(TAMIYA) 1/48 NORTH AMERICAN P-51B / MUSTANG III
アキュレイト・ミニチュア(ACCURATE MINIATURES) 1/48 P-51B/C
モン(MENG) 1/48 P-51D/K MUSTANG FIGHTER
エアフィックス(AIRFIX) 1/48 NORTH AMERICAN P-51DMUSTANG

レベル(Revell) 1/32 P-51D-5NA Mustang
1995/05/14 記
2009/11/29追記

2017/05/21加筆
タミヤ 1/48 P-51D ムスタング  by 友野 升太


◎ 始 め に …

 ←タミヤ 1/48 P-51D MUSTANG 8th AF
   (8th AFってことはバリエーションを出すってことなんでしょうか……?!)
今年も大戦機ファンに嬉しいニュースを満載しそうなホビーショウを前にして、タミヤの1/48 P-51Dムスタングが発売になりました。
さっそく買ってきて、ワクワクしながら箱を開けると、そこには二つのビニール袋に入った二枚のランナーと、その袋に挟まれるように新書サイズのデカールが二枚、そしてやや大きめの外国キットっぽい説明書が入っていました。
 ふ〜〜む、これだけか……(正確に言うと、パーツのランナーは大きな二枚の他に透明パーツの物、そして箱入れの関係で切り離したと思われる、フィギュアとキャノピー枠がついたパーツ、ポリキャップ二個も入っていたのですが……)それまで、同じ 1/48 ムスタングでも、ハセガワのランナー四枚(透明パーツ別)パーツいっぱいこれでもか攻撃を受けていた私はちょっと拍子抜け……。 でもガッカリはしませんでした、なぜならそこに並んでいるパーツの一つ一つから「ふん、負けてないもんね」という言葉が聞こえてきそうだったからです


◎  仮 組 み

 で、パーツ。 部品点数はA部品24点、B部品29点、C部品 2点、透明部品 5点、ポリキャップが 2個の計62点 で構成されています。
ちなみにハセガワのキットを見てみると、A部品28点、B部品22点、C部品37×2 点、透明部品10点の計 134点 となっています。もっともこれはタミヤにはないアクセサリー類の部品も数多く入っていますので、タミヤと同じに組めるようにアクセサリーの部品を抜いてみますと、86点となります。
では、この20点以上のパーツ数の差はどこにあるのかをコクピットを例にとって見てみましょう。
 まずハセガワは15点の部品を組んでサイドコンソールまでを床板に組み込みますが、タミヤではこのサイドコンソールは左右の胴体に彫刻してありますので、パーツとしてはありません。
そして無線機まで一体になった床板パーツに 7点の部品を組み込みます。 もっともそのうちの一点はハセガワには付いていないパイロットのフィギュアですので、実際には6点の部品だけで済んでしまいます。
このようにタミヤのキットは一体化が可能な所は無理に分割せずに、組み立て易くする工夫がされていると言ってよいと思います。

そんなタミヤがこだわって部品分割をしたと思えるのがフラップと機首のカウリング部分です。
 地上姿勢のムスタングにはフラップの下がった写真がたくさん有ります、そんなムスタングの姿を再現できるように一ひねりした、というところだと思います。
でも、もう一方の機首の上部カウリングが別部品になっているのは何なんでしょう?
タミヤにとっては他の胴体部分と一体では抜けないような複雑なラインだとは思えませんし、カウリング上部を平らにしたかったので接合面になるのを避けたというのでしたら、風防前の接合面はどうしてくれるということになってしまいます・・・そこで考えられるのは、
  1 バリエーションでエンジン付のキットを出す。 〔タミヤはあまりそういうことをやらないメーカーでしたが、今回のパッケージが 8th AF となっていることや、主翼にロケット弾用のカクシ穴があるにもかかわらずロケット弾が付いていないこと、またA部品にK型用のプロペラパーツの付く湯道があると思われる (D型のペラと75ガロン増槽、スピナキャップのパーツを止めて、反対側に同じ様な張出しでエアロプロダクツ製のプロペラとロケット弾を付けるのではないだろうか?) 等の理由から推測できます〕
  2 内部を加工してバーリンデンなどから発売になっているディティールアップキットを組み込むための配慮。 〔今回のタミヤの作り方を見ていると、むやみに細かい部分にこだわるのではなく、基本となる部分をしっかりと押さえておくという作り方に徹しているように見える。 つまり誰が作っても一応の基準で完成できるということが、マニアの作品のベースとして使われるための条件だという考え方ではないだろうかと推測される〕



←案の定、予想通りに出てしまったF-51D

目新しいパーツは、戦後のオール状のカフス無しのペラ (ハミルトン・スタンダードの6547A-6) をエアロプロダクツのペラだとして、ショートスピナキャップ や 5"HVAR と 500lb.爆弾 を一緒につけたランナーのみです。

 こちらは全てが銀色に輝いているP-51D →

コクピットもタイヤも、そしてパイロットさえも銀色に光り輝いている !! (メッキは剥がさないと接着も塗装もできない !)

 その他のデカール替え・マーキングバリエーションは、以下の通りとなっていますが、いづれのキットにも K型用のエアロプロダクツ製のプロペラパーツは入れられてはいません ( F-51D のキットでエアロプロダクツのペラだとして入れられているパーツは、戦後のオール状のカフス無しの ハミルトン・スタンダード の 6547A-6 です)

タミヤ #61040
タミヤ #61044
タミヤ #89534 (銀メッキ版)
タミヤ #61089
タミヤ #89732
タミヤ #89732 (海外版?)
キット内容掲示付
タミヤ #92215
タミヤ #25147
2011年12月限定発売




◎ 修 正 開 始
 それにしては……。  主翼の機銃は左右とも最内側のものはひとまわり太いブラストチューブ様になっているなど、芸の細かい所を見せてくれているのだが、飛び出している銃身の長さが、左右で違っているのはどうしたわけだろうか?  右翼の機銃は従来から知られているように、その先端が翼の 前桁(メインスパー) の線と平行になっているのに(気持ち外側が短いが)、左翼の方はなぜか前縁と平行になっている(外側が完全に短い)のだ。 左右で違うという新しい資料でもあったのだろうか?

 他に……。  気になった事といえば、やっぱり一番目立つスピナかなー。 もちろんダメという訳じゃないんだけど、ちょっとトガリすぎというか、スマートすぎるような気がするんですよね。 ただ、ここいらへんはキッチリとした寸法でだせるもんじゃないので、各人の好みの問題だと思います。 こういう方がムスタングらしいって人もいるだろうから……でも、私はもう少し丸っこいほうが好き!

 で、逆に機首上面の角張りが足りないとか言われてますが、僕は割りに丸いほうの説を採っているので、これぐらいあれば充分だと思っています。 あまり角張っていると、斜め後方から見たときにメッサーのタイフーンみたいでイヤなんですよ。(ハセガワの1/72みたいに ! )

◎ 組 み 立 て

 基本的に組立に難しいところはないのですが、D型の初期型にする場合はドーサルフィン(背ビレ)を切り取ってやる必要がでてきますが、実はハセガワの 1/48 P-51D のキット(背ビレの部分がムクの板になっています)とは違って、ただ切り取っただけだと胴体上と垂直安定板の前端に隙間ができてしまいます。
もちろん右写真の左側のように隙間(緑色になっている部分)をパテで埋めて整形してやれば問題は無いのですが、垂直安定板の前と水平尾翼前の胴体部分に彫刻を追加してやる必要もあります(説明書には一切触れられていません)ので、ちょっと面倒臭いです。

 もし面倒臭くてやりたくない時は、そのまま後期方を作るか、尾輪収納庫前のラインで胴体を輪切りにしてHOBBY SPOT U[タミヤ1/48 P-51B/Dムスタング用「出るまで待てない」バリエーション・素材セット]に入っている尾部パーツを使用すると、右写真の右側のようにモールドが修正されているので、簡単に初期の D型 にすることができます !(^^)v


◎  細 部

 あと、胴体下の空気取り入れ口のヒケ止めはただの棒にしてくれてたら嬉しかったですね。
右の写真は丸いタブを両側から削って細い棒状にしました。
で、写真の白い部分はHOBBY SPOT Uのパーツです。上の写真のペラは戦時中のエアロプロダクツのブレード。 右のアップになった尾部はD前期型のドーサルフィン無しのパーツ。 そして翼端に埋め込んだ三色の識別灯用素材。
それとキャノピー枠に付いてるブレースに穴を7つ開けるのは結構大変なのです。 でも開けましたけど・・・そのさい、センターから外側にいくにしたがって、少しずつ径を大きくすると理想的です。
 また、そのフレームに付くキャノピーの透明パーツは、非常に薄く出来上がっているのですが、その薄さのためにヒケ止めのタブを切り取る時に縦にヒビが入りやすいので、注意して切り取ってください。

 ついでに言えば、せっかくパイロットを付けてくれたんだから、せめて操縦桿を握ってるような恰好にして欲しかったですね。


 また、排気管はフェアリング付きとフェアリング無しの両方が付いているので、余った方を他のキットに流用できるのですが、いかんせん戦時中の機体はフェアリング無しの機体の方が多かったので、結局フェアリング付きばかりが残ってしまいます・・・(^^ゞ

 なお、今回はハセガワのキットと共にドーサルフィン無しの機体にするつもりで、ホビースポット・ユウのパーツに合わせて同じところから切り取りましたので、コチラの後部胴体の輪切り写真でハセガワとタミヤの後部胴体の形状の違いをご覧いただけると思います。
ハセガワの胴体の方が幅が狭く、また高さが上下に引っ張られたように高くなっているのがお判りいただけると思います。

 ユウの[タミヤ1/48 P-51B/Dムスタング用「出るまで待てない」バリエーション・素材セット]は基本的にタミヤのキットに合わせてあるので、ハセガワのキットで使うためにはキットとパーツの両方に少し手を加える必要が出てきます・・・とは言ってもさほど面倒な加工ではありませんので、よろしかったら皆様もお試しください!

 写真で見えるハセガワのラジエターのパーツの桟は横に走っていて、タミヤのラジエターの桟は縦に走っていますが、これは図面や写真では縦のものの方をよく見かけます。
ただし、縦は縦なんですがタミヤのように三本ではなくて、僕が持っている資料写真では二本のものしか確認できていませんが・・・(^_^;)



◎ デ カ ー ル

付属のデカールはメイヤー中佐のHO☆M 44-14151(P-51D-10-NA) 、カーソン少佐のG4☆C 44-11622(P-51K-5-NT)、クリスチャン大佐のE2☆C 44-13410(P-51D-5-NA)、そしてドリュー中尉のE2☆S 44-13926(P-51D-5-NA)の四機分が付いているのだが、照準器の部品は後期型に付けられていたK-14のものしか入っていないので、知らないふりをしてそのまま付けるか、N-9 を作って付けるしかない。
 しかし、照準器程度ならともかく、P-51K の44-11622 (G4☆C)のプロペラとP-51D-5-NA 44-13410(E2☆C)の背ビレとなってしまうと、私にはとうてい無視できなくなってしまいます。

 E2☆C は箱絵にはちゃんと背ビレ無しのカラーイラストで描かれているのに、説明書では背ビレが付いていて、その事には一言も触れていません。 でも、E2☆CとE2☆Sの機体上面色の指定が、ちゃんとオリーブドラブになったのは良かったです ! ・・・ ハセガワはいまだにブルーに塗らせようとしていますからねッ !!(笑)

またG4☆C はK型であることにも触れず、箱絵にはカフス付のプロペラまで装備して描かれています。
 そして、説明書の 3 排気管の取り付けの図の B26の部品(フェアリング無しの排気管)のところには正しく〔マーク例B〕G4☆C の機体用と書いてあるのですが、正面図の上には部品 B26と B27は〔マーク例C〕E2☆C に使うと書いてあります。
でも写真集などに載っているE2☆C の写真を見ると排気管にはフェアリングが付いているのです。 それにキャノピーにはバックミラーも……G4☆C にも、タイプは違うけど、バックミラーが付いてます。
 となると、このキットで作れるのは、照準器を無視したとしても、HO☆M かE2☆S だけということになってしまいます。 う〜〜ん、こりゃ、ずぇーーーったいバリエーションを出してくると思うのは、私だけでしょうか???

◎ 結局・・・

  いろいろ書いてみましたけど、簡単に組めてちょっとの手直しで最高の雰囲気のP-51D 後期型のムスタングが出来るって事は本当に幸せなことですよね。
バリエーションが出てくるまでは、ハセガワのキットと組み合わせて、いろんな塗装を楽しむベースにしていきたいと思います。

で、背ビレ無しのD型やK型用のペラ、そしてB型のドーサルフィンまでの作成ををいちいちご自分でおやりになるのが大変という方のためには、
HOBBY SPOT Uから以上のパーツと素材をセットにした[タミヤ1/48 P-51B/Dムスタング用「出るまで待てない」バリエーション・素材セット]が発売されておりますので、一度ご検討ください。

でも……  できればタミヤにはD型でなく、H型のムスタングを出してほしかったと思っているのは私だけではないと思います。  アオシマさん、1/72 P-51Hムスタング、どうか宜しく! ドラゴンさん、1/48 Ta-154 出したら、次は1/48でP-51H ムスタングを出してください、お願いします!!

                           友野 升太 でした……。


MUSTANG GALLERY の展示を見る
U.S.A.A.F P-51K-15-NA(S/N 44-11622)
362nd FS/357th FG/8th AF
Leonard K. Carson  G4☆C

COPYRIGHT © 2004-2018 T&T MUSTANG FREAKS