MODELING GUIDE  MUSTANG FREAKSからのおしらせ
 P-51 MUSTANG 実機について 
 P-51 MUSTANG 資料について 
 P-51 MUSTANG キットについて 
 P-82 TWIN MUSTANG について
 MUSTANG MODELING GUIDEを見る
 MUSTANG GALLERY の展示を見る
 MUSTANG FREAKS のBlogを見る
 MUSTANG MATERIAL Blog版を見る

 LINK FREAKSを見る
代表的キットの直し方 アカデミー 1/72 P-51D ムスタング(新)
イタレリ 1/72 F-51D ムスタング

ハセガワ 1/72 P-51D ムスタング
リンドバーグ 1/72 P-51B&D ムスタング
エアフィックス 1/72 P-51D ムスタング(旧)
アカデミー 1/72 P-51D ムスタング(旧)
マッチボックス 1/72 P-51D ムスタング
エレール 1/72 P-51D ムスタング
モデルニュース(Model News) 1/72 P-51H

イタレリ 1/72 P-51 ムスタング
エアフィックス 1/72 P-51D ムスタング(前)
エアフィックス 1/72 P-51D ムスタング(新)
ハセガワ 1/72 P-51B ムスタング
アカデミー 1/72 P-51&B/C ムスタング
KP 1/72 P-51B/C & ムスタング Mk.III
モノグラム 1/72 P-51B Mustang
ブレンガン 1/72 A-36 APACHE
アカデミー 1/72 P-51 MUSTANG

童友社 1/100 P-51D ムスタング

エフトイズ(F-toys) 1/144 P-51D MUSTANG

P-51&F-82キット製作記事掲載誌一覧
ボックスアートデータ
タミヤ(TAMIYA) 1/48 P-51D MUSTANG
テスター/旧ホーク(TESTORS/HAWK) 1/48 P-51D MUSTANG
マルサン/フジ(MARUSAN/Fuji) 1/48 P-51D ムスタング
モノグラム(MONOGRAM) 1/48 P-51B MUSTANG
プロモデラー(PROMODELER) 1/48 P-51B MUSTANG
オーロラ(AURORA) 1/48 P-51H ムスタング

ヒストリック(HiPM) 1/48 P-51H ムスタング
ニチモ(NICHIMO) 1/48 P-51D MUSTANG
オータキ(OTAKI) 1/48 P-51D MUSTANG
ハセガワ(HASEGAWA) 1/48 P-51D/K ムスタング
コグレ-バンダイ(KOGURE-BANDAI) 1/48 P-51D ムスタング
モノグラム(MONOGRAM) 1/48 P-51D MUSTANG
レベル (Revell) 1/48 P-51D MUSTANG
ペガサス(PEGASUS HOBBIES) E-Z Snapz 1/48 P-51B Mustang
タミヤ(TAMIYA) 1/48 NORTH AMERICAN P-51B / MUSTANG III
アキュレイト・ミニチュア(ACCURATE MINIATURES) 1/48 P-51B/C
モン(MENG) 1/48 P-51D/K MUSTANG FIGHTER
エアフィックス(AIRFIX) 1/48 NORTH AMERICAN P-51DMUSTANG

レベル(Revell) 1/32 P-51D-5NA Mustang
2010/02/14 記
2014/08/14 追記
モノグラム(MONOGRAM) 1/48
P-51D ムスタング
by 友野 升太
MONOGRAM #5101
バンダイモノグラム#37002
MONOGRAM #5207-100
MONOGRAM #5207-101
MONOGRAM #5207
Revell-MONOGRAM(独)
#04512
Revell-MONOGRAM(米)
#(85-)5241
Revell-MONOGRAM(米)
#(85-)5241
Revell(米)
#85-5241(2005年版)
Revell(米)
#85-5241(2005年版)
Revell(米)
#85-5241(2006年版)
Revell(米)
#85-5241(2007年版 ?)
Revell(米)
#85-5241(2011年版)
Revell(米)
#85-5241(2011年版?)
MONOGRAM #6143(*15)
MONOGRAM #6370
Revell #85-6370

◎ 始 め に …

 1978年発売の製品ですが、以前発売した 1/48 B型 の時の機首上面の丸すぎを反省したのか、それとも発売当時に横行していたモデラー諸氏の機首の角張り礼賛記事に影響されたのかは判りませんが、当時流行していた角張り最盛期の製品で、機首の幅が少し広く張り出して角張った上にスピナーキャップが太く短いために、ズングリとした印象になっています。
もし、機首の幅をスケールどうりにしようとするのなら、コクピット前の接合面を削るという手もあるんですが、機首下面の着脱式のパネルが左右に渉って一体になっているのでちょっとヤッカイです。
 ただ、モノグラムのキットってパーツ単位で見るとあまり似ていない場合でも、完成させて実機の写真と同じ角度にして見比べると、けっこう似ている感じなのがモノグラムという会社の製品の魅力的な部分であって、これは不思議というか、感心してしまう点なんですけどね・・・

スケールはほぼキッチリと出ていますし、基本的な部分での間違いがあるわけでもないのですが、当時のモノグラム製品の主流のように車輪やプロペラも "焼き止め" での固定という古典的手法ですし、パーツ数も少ない構成でサイドコンソールなどは胴体内壁に直接施された彫刻ですが、コクピット内部や主脚収納庫などを含めて、細部のディテール表現等は現在でも充分に通用すると思います。

 ただし、水平尾翼右側の昇降舵トリムタブ操作ロッドが上面でなく下面に付いている点やキャノピーのフレームブリッジ(ブレース)の7個の穴が開いていないだとか、主車輪ドアの開閉ロッドが表現されていないなどの細かいミスは自分で処置するしかありませんが…。

 モノグラム社は一時期はバンダイ(BANDAI)と提携していて、この 1/48 P-51D も新発売時は日本国内ではモノグラム版の輸入品ではなく、バンダイ-モノグラム(BANDAI-MONOGRAM)版が海外と同時発売されていました。
発売から 35年以上が経ったベテランキットですが現在でも生産・販売されていて、レベル-モノグラムになってからはドイツでもアメリカでもこのキットを別々の装丁でリリースしていますし、今までに幾つかのセット物にも入れられています。
ただし、MONOGRAM #6143 の B-17 とのセットの箱には、"B-17 FLYING FORTRESS and P-51B MUSTANG " と大書してあるのですが、P-51はどう見ても #5207-100 の P-51D です・・・プラモの創成期ならいざ知らず、1988年のMONOGRAMでもこんな間違いをしていたというのが面白いですねッ !! (^^ゞ

  検 証

 スピナキャップは、機首が太めなことも関係していますが、それよりも左の写真の真ん中のように確実に長さが短く絞りも急で膨らみが足りません。 しかし、これを長く太くしていくのはかなり大変な作業だと思います。
スピナキャップ付け根の直径は タミヤ(左写真:左側) や ハセガワ(左写真:右側) とほぼ同じですので、好みの形状のものをトレードしてやれば良いと思いますが、海外のメーカーのタミヤと同じ規格のものやタミヤの F-51Dのようにスピナキャップが余分に付いている物から調達するとムダなく利用できると思います。
ただし、取り付け部(付け根の裏側)の形状は、タミヤの飛びだしているものよりハセガワの凹んでいるものの方がスンナリと合わせられるようです。

 機首先端パーツと機首の接合部分が合わない(段差ができる)というキット評が多く見られますが、僕が作った初版のキットでは空気取り入れ口の絞った部分には少しギャップがありますが、それ以外にそれほどひどい段差は見られませんので、機首上面の角張りすぎの断面形を軽く修正してやると共に先端パーツとの接合部も軽く修正してやる程度で済みます。 
 排気管は機首先端パーツを固定する寸前に取り付けることができますので、デカール(マーキング)との兼ね合いでフェアリング付きにするかどうかをジックリと考え、写真などで確認して決定してください。

プロペラブレードはカフス付きのハミルトン・スタンダードの四翅一体のみで、シャフトまで一体となっているプロペラを、前後に分かれたスピナキャップで挟み込む形式になっています。
 したがってこれを組んでからスピナキャップの形状を修正しようとすると大変ですので、一度ブレードを切り離すか、これもタミヤやハセガワなどからトレードするのが簡単かもしれません。

 計器盤はモールドでの表現で、照準器と共にマァマァのデキだとは思いますが、取り付け位置が奥まっているのであまり計器類がよく見えないのが残念です・・・まぁ、後部キャノピーが開閉可能ですので、開けて覗き込めばなんとか見えるのですが・・・(^^ゞ
キャノピーのフレームブリッジ(ブレース)の7個の穴は、小さくてもいいから開けておくとグッと引き立つと思います。

 胴体下面のオイル・クーラー後のエア・アウトレットは胴体側の溝がまったく表現されていませんし、ラジエター後のエア・アウトレットは可動になっているために開閉用ロッドが省略されてしまっています。
キャノピーはイングルウッド型だけですので、ダラス型にするには自作するかどこからか調達してくる必要がありますが、なんとなくタミヤのものが合いそうです。

 主翼は片側(左翼)だけガン・ベイがオープンにできますので、見せたい時は丁寧に塗り分けておくといいと思いますが、反対側(右翼)のガン・ベイにはロックレバーの表現も省略されてしまっています。
機銃口はけっこう感じは出ていますので、そのままでもべつに大丈夫だと思いますが、気になる場合は真鍮パイプに置き換えてみるのもいいかもしれません・・・まぁ、とは言っても最内側のブラストチューブぐらいはやっておきたいかも・・・(^^ゞ
 左右の翼端にモールドされている翼端灯や右翼端下面にある識別灯は、いつものようにユウの[タミヤ1/48 P-51B/Dムスタング用「出るまで待てない」バリエーション・素材セット]に付いていた三色の識別灯用素材を使って嵌め込んでおこうと思います。

 パイロンは翼下面と一体でモールドされていますが、付属しているのは英国で多用された強化紙製108英ガロン増槽のみとなっていて送油パイプも表現されているのですが、主翼側に接続口は開いていません。
また、増槽の取り付け部に出ているピンは短小で、そのままではガイドとしてもあまり役に立たないのではないかと思います。

主脚収納庫の表現などは素晴らしいのですが、なぜか主車輪ドアの開閉用ロッドが表現されていません・・・また、車輪のホイールハブには穴あけでスポークや裏側の穴を表現してやりたいところです。

 あと、D型の途中からエレベーターが金属外皮になったのですが、このキットの水平尾翼は布張りの表現になっています。
B型のエレベーターは基本的には 布張りだったということですが、なぜかこの点に関しては、モノグラムの 1/48 キットは表現が逆になっているんですよね。
ですから、 モノグラム 1/48 P-51B のキットもお持ちの方は、水平尾翼パーツの根元部分を少し加工して、モノグラム 1/48 P-51B の水平尾翼パーツ と交換トレードしてやると、簡単に金属外皮エレベーターの D型にできると思います。
布張りエレベーターと金属外皮エレベーターの時では製造時に水平尾翼(安定版)の取り付け角度が違っているらしいですけど、前線で実際に使われていたときには交戦時のダメージで頻繁に交換されていた部分だと思いますので、布張りエレベーターの機体やB型であっても補修・交換時に金属外皮にされたこともあったのではないか…ということも、充分に考えられますので、金属外皮エレベーターにしておけば大丈夫なのではないか…とも思います。
 ただし、キットの右水平尾翼のエレベーターに在るトリムタブ・ロッドが上面ではなく下面側についているのは、明らかに間違いではないかとは思いますが・・・ (^^ゞ

 ◎ 組 み 立 て

 コクピット内はサイドコンソール類のほとんどを含めて胴体内壁にモールドされ、極力パーツ点数を抑えたような感じで、計器盤の計器類もモールドなので、塗装の技術が重要になってきますが、塗装が苦手な僕には辛いところです。
 キットの照準器はK-14ですが、奥まった位置にある計器盤に取り付けるためにちょっと長めの取り付け部が設けられています。
 キャノピーのフレームブリッジ(ブレース)の7個の穴は、真ん中が一番小さく両脇にいくにつれて大きく縦長になっていくのが正しいのですが、小さくてもいいから開けておくとグッと引き立つと思います。

 主翼の機銃口と最内側のブラストチューブは真鍮パイプで置き換えてみました
取り外して機銃の機関部や弾帯部分が覗ける左翼のガン・ベイは三枚分が一体で成形されているので、そのままでは少し浮いてしまいますが、ディオラマ仕立てにして三枚に分割したり、固定して面一にしないのであれば、そのままで嵌め込んでおくのも面白いので、今回はそのままでのせておこうと思います。
なお、右翼側にはなぜかパネル開閉用のロック・レバーのモールドがありませんので、それらしいモールドを追加しておく必要があります。
 主輪のホイールハブはスポーク間と裏側に左の写真ように穴を開けて組んでいきますが、主脚柱の主輪取り付け軸は焼き止め固定をするために長めになっているので、長さを切り詰めて止めパーツを作るなどして固定法を変えてやろうと思います。

胴体先端のパーツはほんの少し段差があるのを利用して、接着面にクサビ形のジグを挟んでダウン・スラストを少し強めにつけてやりました。
 スピナキャップが短小なことは判っているのですが、今回はこのダウン・スラストの効果がどんなものなのかを知りたいので、そのままで使用してみようと思っています。
なお、先端パーツとの接合部近くの胴体パーツ上面の左右に、裏側に設けられたダボの関係でヒケが出ていますので、整形しておく必要があります。

 排気管はいつものようにドリルを使っての穴あけを実施しましたが、フェアリング無しの排気管はオータキのキットの方に使用してしまったので、こちらはフェアリング付きの機体のマーキングを考えなければならなくなりました。

 尾輪は胴体に挟み込む形式なので、胴体左右を貼り合わせる時に組み込んだのですが、これが意外と整形や塗装の邪魔になってしまいましたので、胴体の取り付け用のダボ受け下側にスリットを入れておいて、最後に取り付けができるようにしておけばよかったと後悔しました。

 普段はあまり翼下の装備は付けないのですが、今回は唯一のアクセサリー・パーツとして付属している強化紙製108英ガロン増槽を、そのままではガイドとしてもあまり役に立たない取り付け部の短小なピンを真鍮線に取り替え、パイロンの穴も大きくして差し込み式での着脱可能にしてみました。
 ただし、送油パイプの接続口が主翼の方に開けられていませんので、外側一番目と二番目の機銃フェアリングの間に接続口として孔を開けておきました。

 なお、主翼と胴体の取り付け接合部分と水平尾翼の取り付け接合部分には微妙に隙間ができてしまいますので、伸ばしランナーで埋めておきました。
また、機首下面の着脱可能になっているパネル部分にも多少スキマや段差がありますが、モノグラムの趣旨を楽しめるように固定していないのでそのままになっています。

無塗装での組み立て状態はこんな感じです !



◎ デ カ ー ル
 新発売された当時に大量に購入してしまったので、付属デカールで所持しているのは箱絵にもなっている "DETROIT Miss" の他に三種類が入っている、左の写真の初期のもののみなのですが、 クリア部分もまだ黄ばんでいるということがなく、そのまま使えるのではないかと思えてしまいます。

 ただこの "DETROIT Miss"機のモノグラムの塗装指示やデカールに多少の疑問が残ります。
まず、デカールのバズ・レターは E2☆D でいいのですが、 D にはバー(Bar) という横棒が上か下に付けられていたはずですが、デカールにはこの横棒は入っていません。
 塗装指示も主翼端や垂直安定版上部を "赤" としてありますが、375FS のスコードロン・カラーは "青 " なので、垂直尾翼の方向舵が青く塗られていたという解説もあり、この点も疑問となります。
また、スライド・キャノピーのフレームも、"赤" という説と "青 " という説があるなど、いろいろな塗装解説が存在していて、機体によってフレームが "赤" のものと "青 " のものがあるのですが、写真は機首の "DETROIT Miss"近辺やコクピット近辺など一部分のアップばかりが多く、キャノピーのフレームは赤で、 "DETROIT Miss" の爆弾には青のフチドリが入っているということや、その下の左右のエア・フィルターの孔を塞いだパネルを青く塗っているというところまでは判るのですが、全体が写った写真が載った資料に出会っていないので、尾翼近辺の詳細は写真での確認が取れていないのです。

 もっとも前任者が乗った時の E2☆D の機体全体が写った写真(資料 A11:p.185)は在り、それによると D の上にバーが付いていて、方向舵(垂直安定板先端も含めて)が "青 " に塗られているのが判るのですが…
 また、資料によっては機体がドーサルフィン(背ビレ)の無い初期型と紹介されているものがありますが、44-14164 というシリアル・ナンバーからすると、P-51D-10-NA となっていますので、すでに生産ラインでドーサル・フィンが付けられた後期型となっているはずです。

 ちなみに、このドーサルフィン(背ビレ)は P-51D-5-NA の 650号機(44-13902) から生産ラインでの設置が実施されたと言われていますが、改修キットが用意されて現地(前線)でレトロ・フィットされていますので、それ以前の機体にも装着されているものは多数あります。
 で、その逆に生産ラインでドーサルフィン(背ビレ)が付けられた後期型の機体を、ドーサルフィン(背ビレ)無しの機体にしたことがあったのかどうかに関しては、明確に書かれている文献はないですし、パイロットの強い希望があったとか、ドーサルフィンに被弾・破損して補修パーツが無かったとか…という事態がなかったとは言い切れないとは思うのですが、改修キットまで用意して現地(前線)で初期型の機体にレトロ・フィットまでさせていますので、後期型からわざわざドーサルフィン(背ビレ)を取り外した という可能性は低いのではないかと思います。
 こう言うと、写真集などに頻繁に掲載されている C5☆T : 44-14868 (P-51D-15-NA) が後期型の s/n なのに、ドーサルフィン(背ビレ)無しではないか ?… という方がいらっしゃるかもしれませんが、これは光の当たり方と反射の関係で見えにくいだけなので、写真をルーペなどでよく見ていただくと、ちゃんと ドーサルフィン(背ビレ) が付いているのが判ります。


COPYRIGHT © 2004-2018 T&T MUSTANG FREAKS