MODELING GUIDE  MUSTANG FREAKSからのおしらせ
 P-51 MUSTANG 実機について 
 P-51 MUSTANG 資料について 
 P-51 MUSTANG キットについて 
 P-82 TWIN MUSTANG について
 MUSTANG MODELING GUIDEを見る
 MUSTANG GALLERY の展示を見る
 MUSTANG FREAKS のBlogを見る
 MUSTANG MATERIAL Blog版を見る

 LINK FREAKSを見る
代表的キットの直し方 アカデミー 1/72 P-51D ムスタング(新)
イタレリ 1/72 F-51D ムスタング

ハセガワ 1/72 P-51D ムスタング
リンドバーグ 1/72 P-51B&D ムスタング
エアフィックス 1/72 P-51D ムスタング(旧)
アカデミー 1/72 P-51D ムスタング(旧)
マッチボックス 1/72 P-51D ムスタング
エレール 1/72 P-51D ムスタング
モデルニュース(Model News) 1/72 P-51H

イタレリ 1/72 P-51 ムスタング
エアフィックス 1/72 P-51D ムスタング(前)
エアフィックス 1/72 P-51D ムスタング(新)
ハセガワ 1/72 P-51B ムスタング
アカデミー 1/72 P-51&B/C ムスタング
KP 1/72 P-51B/C & ムスタング Mk.III
モノグラム 1/72 P-51B Mustang
ブレンガン 1/72 A-36 APACHE
アカデミー 1/72 P-51 MUSTANG

童友社 1/100 P-51D ムスタング

エフトイズ(F-toys) 1/144 P-51D MUSTANG

P-51&F-82キット製作記事掲載誌一覧
ボックスアートデータ
タミヤ(TAMIYA) 1/48 P-51D MUSTANG
テスター/旧ホーク(TESTORS/HAWK) 1/48 P-51D MUSTANG
マルサン/フジ(MARUSAN/Fuji) 1/48 P-51D ムスタング
モノグラム(MONOGRAM) 1/48 P-51B MUSTANG
プロモデラー(PROMODELER) 1/48 P-51B MUSTANG
オーロラ(AURORA) 1/48 P-51H ムスタング

ヒストリック(HiPM) 1/48 P-51H ムスタング
ニチモ(NICHIMO) 1/48 P-51D MUSTANG
オータキ(OTAKI) 1/48 P-51D MUSTANG
ハセガワ(HASEGAWA) 1/48 P-51D/K ムスタング
コグレ-バンダイ(KOGURE-BANDAI) 1/48 P-51D ムスタング
モノグラム(MONOGRAM) 1/48 P-51D MUSTANG
レベル (Revell) 1/48 P-51D MUSTANG
ペガサス(PEGASUS HOBBIES) E-Z Snapz 1/48 P-51B Mustang
タミヤ(TAMIYA) 1/48 NORTH AMERICAN P-51B / MUSTANG III
アキュレイト・ミニチュア(ACCURATE MINIATURES) 1/48 P-51B/C
モン(MENG) 1/48 P-51D/K MUSTANG FIGHTER
エアフィックス(AIRFIX) 1/48 NORTH AMERICAN P-51DMUSTANG

レベル(Revell) 1/32 P-51D-5NA Mustang
1980/11/11記
2015/11/15追記
モノグラム(MONOGRAM)
1/72 P-51B Mustang
by 富永 のぶる
MONOGRAM #PA143

MATTEL-MONOGRAM
#6788
MONOGRAM #6788

MONOGRAM #6788-105

MONOGRAM #6788-107
MONOGRAM #6788
MONOGRAM #5005
MONOGRAM #PA218

MATTEL-MONOGRAM
#6843
MONOGRAM #6843
Accurate Miniatures #1020
Accurate Miniatures
#1020 back


◎ 始 め に …

 一応、[MODELING GUIDE] (代表的キットの直し方)としてありますが、基本的には自分がキットを組み立てた時に直した箇所や、気が付いた点や思いついた手法を書き留めた備忘録として記事をまとめたもので、実際にキットを購入して検討した事柄を書いたものもありますが、完全に組み立ててから書いたものではないものや組み立ててしまってから思い出して書いたものもあることをお断りしておきます。(^^ゞ
 また、あくまでも僕自身の主観に基づいて直した事柄などを書いたものですから、書かれているとうりに直したからといって必ずしもご自身のイメージに合うとは限りませんので、その点もご了承の上で参考程度にご覧になってください。

 1968年の発売ですが、昔から主翼付け根の張り出しや主翼下面から胴体下面付近の平面性、主脚収納庫の形状を正しく表現した数少ないキット・・・ 1/72 B型ではこのキットと レベル[72B-10・11]、最新(2015年発売)の KP[72B-16] 以外のキットは皆、間違えた形状になってしまっています。

 スケールはサイズ的にはキッチリと出ていますし、コクピットや主翼の位置など、全体のバランスは好いのですが、主翼端を始めとして各翼端の形状が丸味が強くて多少疑問が残ります。
 主翼は翼端部分やエルロン、フラップが上面パーツと一体で成形されているので、後縁の薄さも問題ありませんし、フラップの下げ状態もちょっとの加工で簡単に再現できます。
パイロンは下面に一体で成形されていて形状的には後期型のようで不満は残りますが、アクセサリーは金属製110ガロン増槽と250lb.爆弾が付属しています。 

 計器盤はデカールを貼るだけの表現で、床板パーツも無くて操縦桿は胴体下側のアール付翼上面状部分の穴に接着するだけ。

 キャノピーは前部ウインドウシールドから後部ウインドウまでが一体で成形されたバードケージキャノピーと、マルコムフードのスライドキャノピー部分だけのパーツが入っていて、マルコムフードにする場合はバードケージキャノピーの前部ウインドウシールドと後部ウインドウを切り離して使う必要がありますが、その境い目部分が少し薄くなっていて切り離しの目安となる配慮がされています。

パネルラインは凹彫りではなく、発売当時の主流とも言える凸モールドですが、筆で厚塗りすると塗料に埋もれてしまうほど繊細で、現在でも充分に通用する表現だと思いますし、彫り直すほどの腕も持ち合わせてはいないので、大きな間違いが無ければモールドは基本的にそのままでいいような気がします。

飛行状態を再現した場合用の丸いスタンドパーツが付いていますが、角度が自由になるものではなく、単純に主翼下面の穴に挿して浮かせるだけのスタンドですし、飛行状態にするためには主脚収納庫部外側に主車輪ドアと主脚カバーを閉位置に固定するための小さなタブが10箇所に付いていますが、尾輪カバーは胴体パーツに開位置固定一体モールドなので一度切り取ったうえで閉位置にする加工が必要です。

 50年近く前のキットでありながら、全体のプロポーションの良さはズバ抜けていて、会社が レベル-モノグラム になってしまったために、このキットが手に入らなくなるのではないかと心配していましたが、2007年に アキュレイトミニチュア(ACCURATE MINIATURES) から スナップタイトキット(E-Z Build Plastic Model Kit) として P-40N とのセットで再販となりました。
 ただし、あまりに価格が高いのと、 P-40N のスナップタイトキットはモノグラム版のを持っていること、そしてなにより、 P-51B MUSTANG の初回発売時と最終形態での販売時に大量にモノグラムのキットを購入してしまっているため、アキュレイトミニチュア(ACCURATE MINIATURES)版のキットはまだ買っていませんので、詳細や違いを書けません事をご了承ください。

 したがって、どのようにスナップタイトキット(E-Z Build Plastic Model Kit) 化されているのか、モノグラムでの初回発売時と最終形態販売時で違っている右主翼端のバリなどの出方が、アキュレイトミニチュア(ACCURATE MINIATURES)版のキットで修正(調整 ?)されているかどうかも判っていません。

 なお、同社の 1/48 P-51Bキットの方にも書きましたが、ハセガワ 1/72 P-51Bキット発売時のモデルアート誌(1993年1月号)のニューキットレビューには、それ以前(1991年8月号のモデルアート)にモノグラムの1/48の正しいB型の主翼付け根の張り出しと主脚収納孔や主車輪カバーの形状を間違っているとしてわざわざD型状に直したライター氏が、「そんなに多くないが、付け根の大きいB型の機体はある」とか「この部分は機体の上方からの写真でもないとどちらのタイプか判別し難く、また大してイメージが異なるわけでもないので、あまり気にせずマーキングを楽しんだほうがよいだろう。」と、前述のモノグラム 1/48 の正しいB型 の主脚収納孔や主車輪カバーの形状を自分で D型状に直した記事のときに 「古いから間違えてるッ !!」 って言い放っていたことの逃げを打っています・・・でも、この古いながらも正しく表現された、この モノグラムの 1/72 P-51B と比べると判るように、全然イメージが異なりますからッ !

 と、いうわけで、主翼付け根の張り出しと主脚収納孔や主車輪カバーの形状はこのキットの方が正解に近いので、間違った記事を読んで変な形状に直してしまわないようにご注意ください。


◎  詳 検 証

 機首上面はよく引き合いに出される同社の 1/48[48B-01] よりも丸味が抑えられていますが、ハセガワのように過度な角が付いたハッキリとした角張りではなく、僕にとっては好ましい表現になっているのですが、残念なのはコクピット直前の円断面になるべき部分までが、機首部分と同じような平面に近くなってしまっていることです。
また、主翼やコクピットの位置バランスが正しく、主翼付け根前縁もそれなりに薄く仕上がっていることや胴体の高さが少し低めなので、機首部分が他メーカーのものよりスマートに感じますし、それらのことが関係して、ウインドウシールドの幅が少し広くなりすぎていて扁平のようにも見えますが、全体の印象としては悪くなく、僕にはこれぐらいのほうが好ましく感じられます。

ただし、キャノピーと胴体との合いは 1/48[48B-01] よりも良くなくて、合わせ目のどこかに必ず多少のスキマができます。

 胴体内には無線機以外にはモールドが無く、照準器は防眩シールド上にモールドされていますが、計器盤は胴体内側に出ている板にデカールを貼るだけの表現でラダーペダルのパーツも無く、操縦桿とシート以外には床板パーツも無く、操縦桿は胴体下側のアール付翼上面状部分に接着するだけ、シートは右壁から出た二本の横棒で宙に浮いたように固定されます。

 主翼上面にあるガンベイ(弾薬ハッチ)のモールド(⇒[実機について]参照)は、リブ一枚分長いD型のようになっていますし、下面の薬莢排出孔も一つにまとめたものではなく、機銃一丁につき一つ開いている D型のようになっているうえ、主翼前縁に開けられた機銃孔には、残念ながら銃身の表現がありません。

 プロペラ固定用パーツはそのままでは機首下面空気取り入れ口との境目にギャップができてしまいますので、下部に眉状のプラバンを付けて段差を埋めてやる必要があります。

 パイロンは主翼下面パーツに一体で成形されていますが、形状的には D型以降に採用された後期型ですので、B/C型で使われていた形状のものに直してやった方がよいと思います。
主脚収納庫の形状は良好ですが、収納庫内はモールドの無いノッペラボーで、左右の庫内の仕切り壁もありません。 また、主車輪のホイールは8本スポークになっているのに、裏側のホイール穴は10個になっています。
 D/K型などの後期型のようになっている主車輪ドア裏側のモールドを前期型にしてやれば更に良いのですが、三本ある凹みの向きが B/C型と D/K型とでは違いますので、直すのは主車輪のホイール同様、それほど簡単ではありません。

主翼の付け根の捻り下げ表現はイマイチ不足気味ですが、他メーカーの 1/72 の B/C型のキットよりはちゃんと薄く仕上がっていますし、下面付近もちゃんと平面に近く表現されていますので、 1/72 としては充分なのかもしれません。
 丸味が強い各翼端の形状は、アールの頭頂部を少し平らにするだけで、かなり好い雰囲気になるのですが、主翼端に関してだけは削るだけだと翼長が短くなってしまうので、スケール的に全幅が小さくなってしまいます。

水平尾翼は上面側にあるはずの点検口が表現されていませんし、裏面(下面側)には丸い押し出しピンの跡がある上に、右側の水平尾翼パーツにはガタが多く出てしまいます。

 胴体下面のオイルクーラー・フラップやラジエターのエア・アウトレット・フラップは開位置ですが、胴体と一体モールドで開口されておらず、オイルクーラー・フラップは形状が横長の四角過ぎです。

 排気管はフェアリング付で胴体パーツと一体でモールドされているので、開口や加工をする場合は主翼を取り付ける前に行なっておかないと、主翼が邪魔になる箇所が出てしまいます。

 修 正・組 立

 機首上面を含めて全体のシルエットなどの印象は悪くないのですが、胴体の左右の合わせ目のどこかしらにほんの少し段差ができますので、下面の空気取り入れ口側を基準に合わせるか、機首上面を基準に合わせるか・・・を決めて接着しますが、機首上面の合わせ目付近には細かいリベットが並んでいます。
機首上面と同じような平面状になってしまっているコクピット直前の円断面部分は、胴体だけではなくウインドウシールドの幅の広さも関係してくるので、残念ですが完全に直すのはかなり難しいので、今回はウインドウシールド直前の角張りを丸める程度の修正で我慢しています。
 バードケージキャノピーの合いは、後部ウインドウの半丸部分をできるだけピッタリと合わせて、前部ウインドウシールド下にできるスキマを伸ばしランナーで埋めたほうが楽にできます。
 キャノピーをマルコムフードにする場合はバードケージキャノピーの少し薄くなっている境い目部分を切り離して、前部ウインドウシールドと後部ウインドウを使いますが、そのほかにマルコムフードのスライドキャノピー部分の胴体を少しザグッてスライドレールの表現を追加、後部ウインドウの下側にもレールのモールドを追加しておく必要があります。

 胴体パーツと一体モールドの無線機と照準器以外には、操縦桿とシートのパーツと胴体内側に出ている板に計器盤のデカールを貼るだけで、補器類などのモールドやパーツがいっさい無いコクピット内には、右胴体内壁に酸素マスク用のレギュレーターをはじめとして、電気関連のコンソール類を、左胴体内壁にはスロットルやトリムタブなどの操縦関係のコンソール類を増設してやると共に、操縦桿とシート以外の計器盤やラダーペダル、そして胴体下側のアール付翼上面状部分の上に操縦桿を接着する平らな床板パーツなどを用意してやります。
 計器盤とラダーペダルは、このスケールであれば一体でかまわないと思いますので、デカールの計器盤部分を切り抜いたものを型紙にして切り出したものにラダーペダルの彫刻を加えておきます。
ラダーペダル部分の加工が終ったら、計器盤のデカールを貼り付ければ、コクピット周りはほぼ完成です。
床板パーツは 幅 11mm×長さ 25mm のプラ板で OK ですが、胴体下面のラジエターのエア・アウトレット部分を開口するのであれば、さらに後ろを 長さ 25mm 後端が 6mm の台形になるように延長して、エアの排出口部分を一緒に成形してやってください。
 ついでにオイルクーラー・フラップの横長の四角い形状を少し台形になるようにカットしてからエッジを薄く整形し、エアの排出口部分を長方形に彫りこんでやると、もっと感じが好くなります。

 主翼上面にあるガンベイ(弾薬ハッチ)のモールド(⇒[実機について]参照)は前述しましたように、リブ一枚分長くて D型のようになっていますので、下面のモールドの位置(ほぼ正しいです…)を参考にして入れ直してください。
その際、全面のモールドを削り落として筋彫りに彫りなおすのであれば、フツーに彫るだけでいいのですが、凸モールドのままにするのでしたら、細い筋彫りを入れた後で極細の伸ばしランナーを筋彫りにあてがって流し込みタイプの接着剤をほんの少し垂らしてやれば、それらしい凸モールドが再生できます。

イマイチ不足気味の主翼付け根の捻り下げ表現ですが、他の 1/72 の B/C型のキットよりは薄く仕上がっていて、下面付近もちゃんと平面に近く表現されていますので、 1/72 としては充分と言える範囲ですが、そのままで胴体と組み上げると、右翼の上半角が付き過ぎて胴体が微妙に捩れているように見えてしまいますので、注意する必要があります。

丸味が強い各翼端の形状は、アールの頭頂部を少し平らにするだけで、かなり好い雰囲気になるのですが、主翼端に関してだけは削るだけだと翼長が短くなってしまうので、スケール的に全幅が小さくなってしまいます。
 全幅を小さくしないで主翼端の丸味を緩和するためには、主翼端の前半分を切り取ってプラ材を接着、充分に固着してから整形してやれば、形も長さも自分のイメージにあわせた加工が可能になります。

主翼前縁に開いた機銃孔には銃身の表現がありませんので、内径 0.2〜0.3mm位の真鍮パイプを内側と外側で段差をつけて埋め込んでおくとともに、右翼下面に三つ並んだ敵味方識別灯や翼端灯はいつものようにHOBBY SPOT U のパーツと素材をセットにした[ハセガワ1/72 P-51B/Cムスタング用「早く直して欲しい」パーツセット] に入っている 赤・緑・アンバー を填め込んで、薄い凸モールドだけで表現されていた着陸等はクリアパーツのランナーを使って加工しておきました。
 下面にある D型のように機銃一丁につき一つ、片翼に二つずつ開いている縦長の薬莢排出孔は、外側のを完全に埋めて平らにし、内側のは後半分を埋めてから前半分を横に倍に拡げて、一つにまとめたものにしてやります。

 主翼下面パーツに一体で成形されているパイロンを、B/C型で使われていたものに直してやるには、パイロンの前後にある切り込みの左右に振れ止めのための張り出しを設けてやる必要があります。
実際にはその張り出しの先端からさらに振れ止めのネジみたいなのが出ていて爆弾などの揺れを止めているのですが、1/72 ですからそこまではやらなくてもいいとは思いつつも、せめて基本的な違いの部分ぐらいは再現しておきたいと思って、伸ばしランナーを使用してデッチアップしたところです。

 主脚収納庫は形状としては良好ですが、主車輪ドアと主脚カバーを閉位置に固定するための小さなタブが10箇所に付いていますし、収納庫内はモールドの無いノッペラボーで、左右の庫内の仕切り壁も無いので、とりあえず10箇所の小さなタブを削り取ってから、 1.2mmプラ板で庫内の左右の仕切り壁と後方のメインスパーっぽい後壁を作ってみました。
その後、庫内に覗くリブやデティールを追加してやったのが左側上の状態、全体にサーフェイサーを掛けて試しに水平尾翼とプロペラを着けてみると、左側下のようになります。
 水平尾翼は丸い押し出しピンの跡がある方を裏面(下面側)にして、上面側にあるはずの点検口パネルを筋彫りで表現し、特にガタが多く出ている右側水平尾翼のパーツは接着面を均して、ガタツキと接着部の隙間を減らしておく必要があります

 また、ホイールが8本スポーク、裏側のホイール穴が10個になっている主車輪のパーツは、資料では10本スポークの写真が圧倒的に多いので、気になる方は他のキットからトレードするか、別売りのデティールアップパーツを使用するなどの手を考える必要があるでしょうが、基本的にキットのパーツを最優先で使う僕としては、スポークを 10本に直すのは大変なので、ここはそのままで使っています。

 なお、主車輪ドア裏側に三本ある凹みのモールドの向きが B/C型と D/K型とでは違っているはずですが、このキットでは 1/48 B型 のキットとも少し違っていて、 D/K型のを更に前に 30°程回転させたような方向になっているので、B型などの前期型のものに彫り直してやれば更に良いのですが、直すのはそれほど簡単ではなく、ここは違っているのは承知で、0.1mm のプラペーパーを実機風にコスレ保護部のように貼り付けただけで終らせています。
 もちろん気になるという方は、45°程後ろ側に回した感じ(D型の凹みを 15°程寝かした感じ)に彫り直してからコスレ保護部を貼り付けてやると、グッとよくなると思います。

 プロペラ固定用パーツはそのままでは機首下面空気取り入れ口との境目にギャップができてしまうので、下部に 0.7mm角×6mmぐらいの眉状のプラバンを付けて段差を埋めギャップを無くしてやる必要があります。

 排気管はフェアリング付で胴体パーツと一体でモールドされているので、開口や加工をする場合は主翼を取り付ける前に行なっておかないと、主翼が邪魔になる箇所が出てしまいます。
モールドはムクなので、フェアリング無しにする時は削り出しでもいいと思いますが、切り抜いてハセガワやアカデミー、レベルなど別パーツになっている排気管パーツを移植してやるのも可能だと思います。


◎ デ カ ー ル

 付属のデカールは、モノグラム社が販売していた間、レーサーバージョンでのセット販売時を除いては、箱絵にもなっている左の写真の[ " Ole-II " OS☆I ] 一機分だけで、これは初版の発売時から 40年近く一貫して変わっていません。

ただ、" Ole-II " OS☆I s/n.43-12190 というマーキングに関しては確認がとれておらず、デカールと同じ " Ole-II " や出撃回数が写った機首部分の写真はあっても、キャプションには Maj. William J "Billy" Hovde. 358th Fighter Squadron. P-51B "Ole II" YF☆I s/n.43-6928 と記されていますし、 s/n.43-12190 の P-51B で調べてみると 496th Fighter Training Group 555th Fighter training Squadron の所属機で コードは C7- となり、 OS☆I で調べると Maj. William J "Billy" Hovde. 357th Fighter Squadron. P-51D s/n.44-73294 OS☆I "Ole VIII" となってしまう…など、いずれもデカールや箱絵どうりのマーキングにはならないのです。

デカールシートにはその時々の発売年やナンバーが入れられていて、左の写真のものには " 1988 ALL RIGHTS RESERVED "と " 5005-0300 " という、MONOGRAM の P-51B としては最終の販売形態の品番が印字されています。
 古いものになると、 " 5005 " の部分が " PA143 " や " 6788 " のように変化していますし、" -0300 " の部分が " -0301 " に変更されていたりしますが、実際は細かいステンシルの文字が潰れているぐらいしか違いが判らなかったりします・・・

 僕は P-51B MUSTANG の初回発売時と最終形態での販売時に大量にキットを購入してしまいましたので、ベアキャットがセットになったレーサーバージョンのキットや、 アキュレイトミニチュア(ACCURATE MINIATURES) から高い価格で発売になった P-40N がセットになった スナップタイトキット(E-Z Build Plastic Model Kit) のデカールに関しましては、申し訳ありませんが以下の紹介文と右の写真以外のご紹介の材料を持ち合わせておりません。m(__)m

 One Decal Sheet with Markings for 2 Aircraft
1) P-40N flown by Maj. John C Herbst, Commanding Officer of the 74th Fighter Squadron, 23rd Fighter Group, Luliang, China (summer 1944)
2) P-51B-10-NA 42-106538 flown by Lt. Dale Spencer, 376th Fighter Squadron, 361stFighter Group, 8th Army Air Force (1944)

◎ 結局・・・

 最新(2015年発売)の KP[72B-16] と レベル[72B-10・11]以外の 1/72 B型キットで、主翼付け根の張り出しと主脚収納庫の形状を正しく表現したキットは、1968年発売のこのキットだけで、外見の特徴や模型としての捉え方のうまさは流石に昔から定評のある モノグラム(MONOGRAM) という感じがします。
とは言っても、やはり 47年も前に発売されたキットなので、細部に関してはそのままでは物足りなく感じる方も少なくないと思います。

ただ、逆に言えば自分のイメージで細部をデティールアップしていける最高の素材だとも言えるわけで、工作好きの方であれば買っておいても損はしないキットだと僕は思っているのですが・・・

 現在は アキュレイトミニチュア(ACCURATE MINIATURES) から P-40N とのセットでスナップタイトキット(E-Z Build Plastic Model Kit) として再販されたものが店頭で手に入りますが、それ以外にも通販専門店の HOBBY SPOT U では別途に送料や消費税等が掛かるものの、比較的安い価格で最終形態版が販売されていますし、秋葉原でボークスが経営している "ホビー天国" の地下にある トレードボックス [R-1053] にはHOBBY SPOT U ほど安価ではありませんが、 アキュレイトミニチュア(ACCURATE MINIATURES) の P-40N とのスナップタイトキット(E-Z Build Plastic Model Kit) ・セットよりは格段に安い価格で最終形態版が出品されていたりします。

 ちなみに、この "ホビー天国" の地下にある トレードボックス [R-1053] には、古い飛行機プラが出品されていることが多く、特に 1/144 ファンには見逃せない イッコー模型やクラウン、レベルの 1/144 キットの初版のセット(日本海軍機の…)なども、僕が見た時には置かれていました。 


COPYRIGHT © 2004-2018 T&T MUSTANG FREAKS