MODELING GUIDE  MUSTANG FREAKSからのおしらせ
 P-51 MUSTANG 実機について 
 P-51 MUSTANG 資料について 
 P-51 MUSTANG キットについて 
 P-82 TWIN MUSTANG について
 MUSTANG MODELING GUIDEを見る
 MUSTANG GALLERY の展示を見る
 MUSTANG FREAKS のBlogを見る
 MUSTANG MATERIAL Blog版を見る

 LINK FREAKSを見る
代表的キットの直し方 アカデミー 1/72 P-51D ムスタング(新)
ハセガワ 1/72 P-51B ムスタング
イタレリ 1/72 F-51D ムスタング
ハセガワ 1/72 P-51D ムスタング
リンドバーグ 1/72 P-51B&D ムスタング
エアフィックス 1/72 P-51D ムスタング(旧)
アカデミー 1/72 P-51D ムスタング(旧)
マッチボックス 1/72 P-51D ムスタング
エレール 1/72 P-51D ムスタング
モデルニュース(Model News) 1/72 P-51H

イタレリ 1/72 P-51 ムスタング
エアフィックス 1/72 P-51D ムスタング(前)
エアフィックス 1/72 P-51D ムスタング(新)
ハセガワ 1/72 P-51B ムスタング
アカデミー 1/72 P-51&B/C ムスタング
KP 1/72 P-51B/C & ムスタング Mk.III
モノグラム 1/72 P-51B Mustang
ブレンガン 1/72 A-36 APACHE
アカデミー 1/72 P-51 MUSTANG

童友社 1/100 P-51D ムスタング

エフトイズ(F-toys) 1/144 P-51D MUSTANG

P-51&F-82キット製作記事掲載誌一覧
ボックスアートデータ
タミヤ(TAMIYA) 1/48 P-51D MUSTANG
テスター/旧ホーク(TESTORS/HAWK) 1/48 P-51D MUSTANG
マルサン/フジ(MARUSAN/Fuji) 1/48 P-51D ムスタング
モノグラム(MONOGRAM) 1/48 P-51B MUSTANG
プロモデラー(PROMODELER) 1/48 P-51B MUSTANG
オーロラ(AURORA) 1/48 P-51H ムスタング

ヒストリック(HiPM) 1/48 P-51H ムスタング
ニチモ(NICHIMO) 1/48 P-51D MUSTANG
オータキ(OTAKI) 1/48 P-51D MUSTANG
ハセガワ(HASEGAWA) 1/48 P-51D/K ムスタング
コグレ-バンダイ(KOGURE-BANDAI) 1/48 P-51D ムスタング
モノグラム(MONOGRAM) 1/48 P-51D MUSTANG
レベル (Revell) 1/48 P-51D MUSTANG
ペガサス(PEGASUS HOBBIES) E-Z Snapz 1/48 P-51B Mustang
タミヤ(TAMIYA) 1/48 NORTH AMERICAN P-51B / MUSTANG III
アキュレイト・ミニチュア(ACCURATE MINIATURES) 1/48 P-51B/C
モン(MENG) 1/48 P-51D/K MUSTANG FIGHTER
エアフィックス(AIRFIX) 1/48 NORTH AMERICAN P-51DMUSTANG

レベル(Revell) 1/32 P-51D-5NA Mustang
2005/9/14 記
2015/8/11 追記

2017/5/1 単独分離
アカデミー 1/72
P-51D MUSTANG (新)
by 友野 升太 & 富永 のぶる

ACADEMY/MINICRAFT
#2132
ACADEMY/MINICRAFT/
SUNNY #2132
ACADEMY #2132

ACADEMY #2132

ACADEMY #2132

ACADEMY #2132 with
RAAF Decal ⇒ブログ参照
ACADEMY #2132(#FA089)
(#12485)2012年版
ACADEMY #2132(#FA089)
#12485 with RAAF Decal
ACADEMY #2205(#FA206)
ACADEMY #2205
ACADEMY #2205
ACADEMY #2205
2013年版
ACADEMY #FA089-2000
(-1500もあり)⇒ブログ参照
ACADEMY #12435
2012年3月発売
Modelist #207208
Modelist #ПН207208

◎ 始 め に …
 アカデミー(ACADEMY) は左の写真のように各種のP-51を発売していて、どこの模型店の店頭でもそのいずれかを見かけることが可能ですが、最近のキットはあまり有り難くないビークル(最新のP-51にはトレーラーまで !) を付けて販売するという嬉しくない商法を取っているので、私は"安売りをしていないと買わない ! "という、ささやかな抵抗を続けています。

 まぁ、実を言うと買わない理由はそれだけではないのですが・・・と、いうことで、最近はかなり高い価格が付けられている、1994年に新金型のキットになった、 アカデミー(ACADEMY) #2132 (#12485) P-51D MUSTANG のキットをガイドしていきたいと思います。

とりあえずビークル付きになった左写真左上の #2205 "F-51D Korean War" は、同じ金型の #2132 P-51D より300円高く、そしてトレーラーまでが付いた最新作の #12401 "P-51 North Africa" などは P-51単体では発売せず、P-51D単体の #2132 のキット価格の倍以上、旧製品の #1662 のキットの三倍の価格となっています。
いまはビークルとか余計なもの欲しくないんで、 #12401"P-51 North Africa" などの余分キット付きは、結局一個しか買っていないんですけどねッ !!

 ちなみに、右のP-51Dは韓国国内で以前から発売されていたと思われる アカデミー(ACADEMY) FA089-2000 1/72 P-51D MUSTANG というキットで、中味はもちろん #2205 (#FA206) "F-51D Korean War"や #2132 (#12485) P-51D MUSTANG と同じ金型のものですが、2000ウォン(240円程度)という低価格で販売されていて、箱やデカールは輸出用よりずっと安っぽくできていますが実質的には同じです・・・僕なんかは必ずしも付属のデカールどおりで作るというわけではありませんので、このキットで充分なんですけどねッ !!

 さらに、2014年からは WR☆F のマーキングの #2132 P-51D MUSTANG は、ロシアの Modelist #207208 P-51D MUSTANG として、右側のようにパッケージを替えたものや、左側のように塗料と筆などをセットにしたものが、OEM 販売されています。




  寸 評

 最近は #12485 という製品番号が与えられて箱のデザインが変わった、1994年に新金型になって発売されたキットで、数字的には旧キットより1/72に近づいているのですが、全体に丸っこくなってしまった感じで、逆に胴体の長さは短くなっていて、方向舵にある尾灯でスケールを確保したかたちになっています。

また、全幅も同じで、翼端灯がオーバーに飛び出した分だけ1/72に近づいただけで、主翼端なども丸っこくなってしまっているので少し削ってやりたいのですが、この翼端灯が邪魔になります。 
 主翼の機銃は大体同じ長さづつ飛び出していて、自分で長さを調節できますし、フラップも別パーツになっていてダウン状態も可能 (ただし加工が必要) になっています。
 その主翼ですが、付け根付近は主脚収納庫も深く彫られていますので厚く、また上下を貼りあわせる時にフラップの厚みを考えずに圧着してしまうとフラップが入らないだけではなく、胴体の取り付け部とも合わなくなります。
こちらのキットも、その深い収納庫のおかげで、上反角はかなり付けづらく、そのうえフラップ部分が切り欠いてあるので、付け根を少し削ったぐらいで強制接着しようとすると主翼が反ってしまって、たいして角度は付きません。

 旧作の頭デッカチを、解消しようとしたのか、スピナは旧作よりも根元で一回り(直径で約1mm)小さくなっています。 それに寸法を合わせるように、側面形で機首上面中央部からと下面からのラインが先端に向かって急激に絞られているのと、受け口風に処理された機首下面の空気取り入れ口になっている先端パーツの加減でなのか、ダウンスラストが付いているはずのスピナがやや上向きになってしまうので、細長くなってしまったスピナキャップと併せて、機首周りにちょっと違和感があります。
下の新旧のD型がキスしている写真の左側がアカデミー(新)ですが、ムスタングというより、なんとなくイノシシみたいに見えるのは私だけでしょうか・・・

旧D型はハセガワを参考にしてエレールの部品分割を取り入れた構成になっていましたが、この新しいD型はエレールのアウトラインを参考にしてハセガワの部品分割を取り入れている感じです。→ブログ参照。

エレールのパーツと合わせてみると、下のように見事に重なってしまいます・・・

上下のラインがピッタリと合ってしまう機首。 幅と角度がそっくりな垂直尾翼部分。 翼端の形状や薬莢排出孔位置までピタリと合う主翼。


コクピット内のサイドコンソールなどはキッチリと浮かび上がらせてモールドしていますが、そのせいか両方の胴体側面部分にヒケが出ています。
計器盤は凸モールドですが、メーターの並びは曖昧で丸く浮き出しているだけです。
排気管は別パーツですがフェアリング付きのみで、モールドも甘いし旧キットのような配慮(排気口部分の窪み)もありません !

 旧キットも新キットも胴体下の表現は共通で、エア・インテイク先端部は別部品ではなく胴体一体で左右の貼り合わせ、オイルクーラー下のエア出口とラジエター後のエア・アウトレット・フラップは半開きの一体モールドで開口やエア流出口の表現は全く無く、尾輪収納庫は箱型に区切られています。 また、空気取り入れ口直前の主翼下面にあるはずの主翼結合ボルト部のフェアリングのカマボコ状の膨らみも、旧キットと同じように無視されていますので、気になる方は追加してやってください。
 キャノピーは旧キットと同じで、新キットもイングルウッド風のとダラス型風の二種類が付いていますが、ウインドシールド部のパーツと胴体部分の合いが多少良くありません。
また新キットのほうはミラーを取り付けるための切り欠きが入っていますので、マーキングによっては使えないこともあります。

 なお、#2132 P-51D (WR☆F) の箱絵はドーサルフィン無しになっていますが、キットには一体のモールドでしっかり付いていますので、旧キット[72D-19] とは違って、簡単にドーサルフィン無しにできるわけではありません !

一番最近発売の韓国軍マーキングのもの (#2205"F-51D Korean War") は同じ金型の #2132 P-51D (WR☆F) にビークル(ジープ ?!) が付いて価格が500円から800円に上がってしまいましたので、ジープとマーキングにこだわらない方は #2132 P-51D (WR☆F) や FA089-2000 1/72 P-51D MUSTANG を捜したほうがお得です。

◎ 修 正 開 始

 新金型になり、旧作の太かった機首やコクピット内、主翼などが改められましたが、逆にその部分に修正が集中しているのは皮肉です。
旧キットと同じ順番で進めていきましょう。
 まず排気管ですが、別パーツとなり本数も正しい 6本 に改められましたが、金型の合いが悪く部分的にズレている箇所もありますし、旧キットとは逆に排気管の先端が半丸になっていて、安易に開口しようとすると滑りますので、やるなら一度先端を切り落としてセンターをだしてから刃を立てたほうが良いと思いますが、細めの表現になっていますので注意してください。

 その前の機首空気取り入れ口の付いた先端パーツですが、注意深く胴体パーツと接着するとほとんどスキマ無く合うのですが、スピナを付けてみると軸穴が大きくガタガタします。 
穴を縮めてピッタリさせてもダウンスラストが付いているはずのスピナがやや上向きになってしまうので、これも旧キットと同じように胴体先端の接合部を軽く斜めに(上はそのままで下側を0.5mm位)削ってやるという方法でダウンスラストを付けてやる方法を次回は試してみたいと思います。

 このキットの難点は側面形で機首上面中央部からと下面からのラインが先端に向かって急激に絞られているのと、受け口風に処理された機首下面の空気取り入れ口ですが、機首上面中央部で折れ曲がったようなラインはなんとか修正できますが、受け口風の機首下面空気取り入れ口は側面形のラインが後退してしまうので、ちょっと厄介です。
 でも、判っていて直さないというのもイヤなので、左のように新キット・旧キット共にダウンスラストを付け、新キット(左側)は機首上面中央部で折れ曲がったようなラインと受け口風の機首下面空気取り入れ口をなんとか気にならない程度まで修正、旧キットも先端パーツ上部の軽く反り上がっているラインをスムーズなラインに修正しました。

 次回試したいと書いた方法が一番楽だとは思いますが、まぁ、修正方法なんて一つじゃなくて、その状況に合わせて幾つでもあるわけですから、その時に思いついた方法を試していけばよいのではないかと思います !

 主翼の機銃は、長さを調節し外側の二つに銃口を、内側のものにブラストチューブとして多少大きめの開口をしておきます。
下面右翼端の敵味方識別灯は上のキットと同じように例によって ホビースポットU の三色の識別灯用素材を埋め込みました。
 フラップは下げ位置にすると大きくスリットが開くようになりますが、ムスタングのフラップはこの形式ではないので、気になる方はフラップの翼との接合部を延長しておく必要があります。
左の写真は3mmぐらいのプラ板を貼り付けて下げ角によって長さを変えてスキマを埋めるようになっています(べつに可変にしてあるわけではありませんが…)。
 また主翼の上反角はこれもかなり付けづらく、フィレット部や主翼上面の付け根を削って強制接着しようとしてもフラップの無い主翼パーツが反ってしまうばかりで、角度は付かずにスキマが広がるばかりです。
コクピットの胴体側面部分にでているヒケはパテで埋めて整形し、丸っこくなってしまっている主翼端は翼端灯を避けて少し削ってやりました。 

 コクピット内のパーツはそのままで使用していますし、 胴体下面のオイルクーラー下のエア出口とラジエター後のエア・アウトレット・フラップに関しても、旧キットと同じように軽くエア流出口を彫りこんだぐらいで、大掛かりな修正はしていません。
この辺りをおやりになりたいときは、モノグラム1/48 P-51B のキット評 を参考にしてください。
 胴体側面部分に出ている ヒケ は少量のパテで埋め、一週間ほどしてからペーパーで平らに均しますが、時間がないときは瞬間接着剤でやってもいいと思います。
また、空気取り入れ口直前の主翼下面にあるはずの主翼結合ボルト部のフェアリングのカマボコ状の膨らみも追加しました。

 キャノピーはイングルウッド風のとダラス型風の二種類が付いていますが、ウインドシールドの枠部分にはミラーを取り付けるための切り欠きが入っているため付けないと穴が開いたままですので、マーキングによっては塞がないと使えないこともあります。
 また、このキットは箱絵とは違って、そのままではドーサルフィン付きしかできませんので、ウインドシールドのミラー付きと併せてマーキングを決めていこうと思っています

◎ デ カ ー ル

 各キットに付属のデカールは下記のとうりとなります。

 新しい金型を起こして新シリーズとして発売された #2132 (#12485) P-51D MUSTANG のデカールですが、このキットだけがタイトルどうりの P-51D のマーキングで 第二次大戦中の 355th Fighter Group, 354th Fighter Squadron. の ゴードン・グレアム中佐 の WR☆F (44-15255) "DOWN FOR DOUBLE " 機となっています。

 同じキットで韓国国内のみで販売されていた FA089-2000 P-51D MUSTANG のデカールは 1953年のTaegu, Korea, で展開した米軍の 36th FBS, 8th FBW の " Buckeye Blitz-IV " F-51D-30-NA (s/n 44-74941) の機体のものとなっていますので、箱のタイトルは本来でしたら 「F-51D」 とするのが正しいのではないかと思います。。

 ビークル付きになって価格が上がった #2205 "F-51D Korean War" は、デカールも箱いっぱいの大判サイズ (26cm×9.5cm) になって、1950年の韓国空軍のマーキングが二種類、一つは詳細は判りませんが 13 というバズレターのもの、もう一つが RoKAF の 1st FS で有名な ディーン・ヘス(Dean Hess)大佐 の機体となっています。
そしてもう一つが、同時期の USAF , 12th FBS,18th FBG, のシャークティースが付けられた P-51D-30NT の James L.Glessner 機、FF-736 (s/n 45-11736) のマーキングとなっています。

◎ 結 局 …

 赤線の入ったスターマークはあまり好みではないので、新しくなった #2132 (#12485) P-51D MUSTANG の方も、キットの付属デカールはやめて、 アビエーション(Avation) USK の #7101 のものを主に使用しています。
アビエーション(Avation) USK の説明書に、主翼と尾翼に黒帯が入ると記されていたのですが、写真では確認できなかったので付けていません。

E2☆V
"CROGANS CRUISER"
P-51D-10-NA
(S/N.44-14827)
P-51D(新)
↑完成品の展示室はコチラ↑

COPYRIGHT © 2004-2018 T&T MUSTANG FREAKS