MODELING GUIDE  MUSTANG FREAKSからのおしらせ
 P-51 MUSTANG 実機について 
 P-51 MUSTANG 資料について 
 P-51 MUSTANG キットについて 
 P-82 TWIN MUSTANG について
 MUSTANG MODELING GUIDEを見る
 MUSTANG GALLERY の展示を見る
 MUSTANG FREAKS のBlogを見る
 MUSTANG MATERIAL Blog版を見る

 LINK FREAKSを見る
KIt Mini Guide アカデミー 1/72 P-51D ムスタング(新)
イタレリ 1/72 F-51D ムスタング
ハセガワ 1/72 P-51D ムスタング
リンドバーグ 1/72 P-51B&D ムスタング
エアフィックス 1/72 P-51D ムスタング(旧)
アカデミー 1/72 P-51D ムスタング(旧)
マッチボックス 1/72 P-51D ムスタング
エレール 1/72 P-51D ムスタング
モデルニュース(Model News) 1/72 P-51H

イタレリ 1/72 P-51 ムスタング
エアフィックス 1/72 P-51D ムスタング(前)
エアフィックス 1/72 P-51D ムスタング(新)
ハセガワ 1/72 P-51B ムスタング
アカデミー 1/72 P-51&B/C ムスタング
KP 1/72 P-51B/C & ムスタング Mk.III
モノグラム 1/72 P-51B Mustang
ブレンガン 1/72 A-36 APACHE
アカデミー 1/72 P-51 MUSTANG

童友社 1/100 P-51D ムスタング

エフトイズ(F-toys) 1/144 P-51D MUSTANG

P-51&F-82キット製作記事掲載誌一覧
ボックスアートデータ
タミヤ(TAMIYA) 1/48 P-51D MUSTANG
テスター/旧ホーク(TESTORS/HAWK) 1/48 P-51D MUSTANG
マルサン/フジ(MARUSAN/Fuji) 1/48 P-51D ムスタング
モノグラム(MONOGRAM) 1/48 P-51B MUSTANG
プロモデラー(PROMODELER) 1/48 P-51B MUSTANG
オーロラ(AURORA) 1/48 P-51H ムスタング

ヒストリック(HiPM) 1/48 P-51H ムスタング
ニチモ(NICHIMO) 1/48 P-51D MUSTANG
オータキ(OTAKI) 1/48 P-51D MUSTANG
ハセガワ(HASEGAWA) 1/48 P-51D/K ムスタング
コグレ-バンダイ(KOGURE-BANDAI) 1/48 P-51D ムスタング
モノグラム(MONOGRAM) 1/48 P-51D MUSTANG
レベル (Revell) 1/48 P-51D MUSTANG
ペガサス(PEGASUS HOBBIES) E-Z Snapz 1/48 P-51B Mustang
タミヤ(TAMIYA) 1/48 NORTH AMERICAN P-51B / MUSTANG III
アキュレイト・ミニチュア(ACCURATE MINIATURES) 1/48 P-51B/C
モン(MENG) 1/48 P-51D/K MUSTANG FIGHTER
エアフィックス(AIRFIX) 1/48 NORTH AMERICAN P-51DMUSTANG

レベル(Revell) 1/32 P-51D-5NA Mustang
2005/09/14 記 
2018/05/22 追記
アカデミー 1/72 
P-51 MUSTANG "NORTH AFRICA"
by 友野 升太

ACADEMY #12401
ACADEMY #F12401
(#12401-8000)
ACADEMY #F12401
 

◎ 始 め に …
 アカデミーは左の写真のように各種のP-51を発売していて、どこの模型店の店頭でもそのいずれかを見かけることが可能ですが、最近のキットはあまり有り難くない ビークル (ジープのことです・・・最新のP-51にはトレーラーまで ! ) を付けて販売するという嬉しくない商法を取っているので、私は"安売りをしていないと買わない ! "という、ささやかな抵抗を続けていて、この"P-51 North Africa"のキットも、高値では買わないようにしています。

 とりあえず今までの P-51B/C のキットにビークル付きになっているのが右上の #2225 "P-51C RED TAILS" で、これは左写真右下の #1667 の P-51B型 に較べて100円高、その上の #1616 の P-51C とは同じ価格なので、キットの欠点のために売れなくなってしまったためのオマケと考えれば、まだ腹も立たないのですが、D のキットにビークル付きになっている左上の #2205"F-51D Korean War" は同じ金型の #2132 P-51D (左写真右上) のキットより300円も高くなってしまっています。

 そして、アカデミー P-51シリーズ最新作の #12401 P-51 MUSTANG "North Africa" は P-51単体 では販売せず、ビークルに加えて更にトレーラーまで付けて、P-51D 単体で販売した #2132 の 新P-51D のキット価格の倍以上、旧製品の #1662 P-51D のキットと比較すると、実に三倍以上の価格となっています。

 この"P-51 North Africa"のキットは P-51自体 がパーツ数 50、ビークル(ビハイクル)とトレーラーとスタンドを合わせて、パーツ数 46となっていますが、P-51単体で発売してくれたら、200円ぐらいしか安くなかったとしても、僕はそちらをあと三つ以上は買いますね !!
いまはビークルとか余計なもの欲しくないんで、検証用に初版で発売された時の一、二個しか買っていないですからねッ !! ('ω')ゞ

 なお、最近のアカデミーのサイトでは右の箱のものが韓国語ページの製品紹介に載せられているのですが、英語ページには P-51B/C と P-51D 、そして、1/48 のP-51B/C (アキュレイト・ミニチュアのOEM ) の紹介だけで、このキットはなぜか載せられていないのです・・・(;^ω^)


◎  寸 評

 機首の挿げ替えのないアキュレイトのスケールダウンという感じで、よくまとまっていますが、右翼下面の三色の敵味方識別灯までアキュレイトそっくりに付けなくてもよかったのにッ ! …レストア機でも作れるようにでしょうか ?!

 このキットの機首上面の空気取り入れ口ラインは、幅が均一なストレートタイプになっていますが、このタイプは NA-73 [英シリアルNo.がAG となる MUSTANG I ] の時にしか採用されておらず、P-51/ Mk.1A (NA-91) では、機首上面の空気取り入れ口ラインが、上から見たときに真ん中辺が左右に膨らんだ曲線タイプのものになっているのが正しいはずです。

 キャノピーパーツはバードケージ の分割で、ウインドシールド、開閉部、後部左右の半円形窓部分の四つに分かれていますが、開状態にできるわけでも、マルコムフードが入っているわけでもありません。 

 また、このキットのようなホイールのスポークが9本の写真はまだ見つけられません、一体なにを参考にしたんでしょうか ?! (<まさかエレール ?)
 それとF-24航空カメラがパーツとして入っていてコクピット後部に付けるようになっているのはよいのですが、後部窓は偵察カメラ用の穴開きやバブル窓にはなっていません。

 付属のビークルとトレーラーはすでに別売りで出しているのだから僕にはムダ ! 1/72のP-51は五機作ったとしても、こんなジープを五台も作ろうとは思いませんものッ !! P-51単体でも発売して値段を安くすべきだと思いますッ !!!! <`ヘ´>

◎  細 部

 一時期の模型誌ライター諸氏の「試作〜B/C型までの主翼付け根の張り出しと主脚の収納庫はD型と同じである」という申し合わせたような間違いや、胴体の高さが B型と同じくらいある当時の図面をメーカーが盲信してしまったために、A型やB型のキットは出ている数に比べて主翼付け根や主脚収納庫の形状、胴体の側面形などを正しく表現したキットの数が少なく、P-51/P-51A である程度ちゃんとできているのはアカデミーとモデルニュース、ハイプレーンの三つと、A-36 として発売になった最新のブレンガンのキットぐらいですし、主翼平面形に関してということで B型 のキットを見ても モノグラムとレベル、そして 2015年に発売になった チェコの KP (KOPRO:Kovozavody Prostejov) 1/72 P-51B/C & ムスタング Mk.III の三つが、かろうじてプラスできるだけです。
 ただし、右の写真のように右翼下面に三色の敵味方識別灯がモールドされているのですが、この識別灯が装備されたのは B型からですので、レストア機などにしないかぎりは埋めておいた方がよいと思います…

 胴体はフロッグに次いでスマートな仕上がりですが、機首下面の反り上がりなどはこちらの方がアリソンエンジン搭載機種っぽいラインになっています。

 左の写真は最新のブレンガンの A-36 と半々に合わせて撮ったものですが、機首前端と垂直尾翼安定板前縁の前などに影が出てしまったために判りずらい写真になってしまっているのが申し訳ないです・・・
ただ、機首下面の反り上がりや、胴体下のラジエーター周りのラインが、裏側になっているブレンガンのキットの方が下に飛び出ているのが判っていただけると思います。
 その差は機首下面の反り上がり開始部分で 1.3mm 、胴体下側ラジエーター部分で 2.25mm と、かなりシルエットに差が出てしまう数値になってしまっています。
 これを裏返してブレンガンのキットを表側にすると今度は方向舵の後ろと肝心な胴体下側部分に影ができてしまっていますが、垂直安定板が 1.5mm ほど低く、機首前端が 1mm弱短いことが判っていただけると嬉しいのですが・・・
もちろんそれぞれのキットを単独で見ているだけでしたら、そこまで違いは判らないかもしれませんので、「こまかいことは気にしない…」と仰る方は、「ワカチコ、ワカチコ(古ッ !!)」とか言いながらお好きなキットをお作りになられるのがいいのではないかと思います・・・ま、僕にはそれはムリなので、イメージに合うように直しながら作るか、好いと思うキットを買い集めるか…になりますけどネ。

 とはいえ、さすがに十数年前のキットですので最新のブレンガンのキットなどとはちがって、コクピット左右のコンソール類は彫りの浅い一体のモールドでしかありませんが、それ以外のコクピット内部のパーツの多さと比較すると胴体下側内部はラジエーターパーツ以外は仕切り板とエア・インテークやアウトレット・フラップしかありませんが、このスケールのキットであれば、特に不満というわけではないと思います。

 なお、各メーカーのキットごとの胴体の高さを測ってもいるのですが、これは同じ 1/72 と書いてあっても各キットの全長・全幅が違っているため、実際にはスケールが違っていて、数字だけ書くと逆に誤解を招く結果になってしまうと思って取り敢えず手元にある 1/72 の P-51や A-36 の左側胴体パーツをメインに比較できるように集めて並べて写真を撮ってみたのですが、これもやはり左のようにレンズや光源からの距離の違いのための歪みや影の付き方、あるいは収差などによって実際の印象とは違ってしまうため、数字ではなくバランスとイメージで比較して、あくまでも僕の個人的な印象や好みとして書きますので、その点はご了承ください。

で、写真はクリックで拡大するようになっているはずですが、念のために書いておきますと右列上から アカデミー、ハイプレーン、ガルテックス(ハセガワ)、スペシャルホビー(MPM/コンドル/SMERも同じ )、中列上から ABC(モデルニュースも同じ)、フロッグ、ブレンガン、左列上からレベル B型、モノグラム B型、イタレリの P-51となっています。
 たとえばご覧のようにレジン素材のガルテックスの胴体パーツは素材自体の収縮のために二回りぐらい小さくなっている(1/75ぐらいです)ので、前述のように胴体高は上に並べたハイプレーンのキットよりも数値的には短いのですが全体のバランスとしてはかなり高く感じるようになっているということになります。

ということで、後部胴体上部(背中)やコクピット部分の高さと下部の空気取り入れ口のラインがちゃんとモデライズされていると思われるキットを僕なりに順に書いていくと、背中のラインが一番近いと思えるのが フロッグ/ノボ で、機首下面の反り上がりを含めて近いのがアカデミー、以下 スペシャルホビー/MPM/コンドル/SMER <ハイプレーン <モデルニュース/ABC <イタレリ <ブレンガン <ガルテックス(ハセガワ) という順になりますが、ブレンガンのキットはコクピットの位置を前に少しずらすことで、背中のラインをなだらかに見せるように工夫してはいますが・・・
 このアリソンエンジン搭載型ムスタングのキットは、機首下面の微妙な反り上がり部分の表現が、それらしさを左右するポイントの一つになっていると思っていますので、各キットのなだらかさを書いておきますと、一番なだらかなラインなのが フロッグ/ノボ (S字の微妙なカーブも無いぐらい)で、以下 <アカデミー <ハイプレーン <スペシャルホビー/MPM/コンドル/SMER <モデルニュース/ABC <ブレンガン <イタレリ <ガルテックス(ハセガワ) の順で、スピットファイアのような深いアールになっていってしまいます。
とは言っても、ブレンガンのは主翼付け根の張り出しが小さくなっている分、反り上がりがなだらかに見えますので、バランス的にはそう目立たないかもしれません。、

 ただしこれは胴体だけの話で、B/C型キットとと同じように主翼付け根の張り出しが正しい大きさのものになっているかどうかはまた別の話で、近年になってこれだけ数多くの P-51/A-36 のキットがある中でも、やはり D型と同じ様な大きな張り出しをもっているものが多く、1/72 の A型のキットでちゃんとなっているのは アカデミー と モデルニュース、 ハイプレーン の三種類と、最新の ブレンガン の A-36 だけだと言えます。

 なお、この四種のうち、アカデミー、モデルニュース、ハイプレーンの水平尾翼のエレベーターは羽布張り表現となっていますが、ブレンガンのキットだけが金属外皮表現となっているのが気になります。

 主車輪ドア裏側のモールドもキットによっていろいろな表現があって、代表的なものを並べると右の写真のようになりますが、パターンの違いを確認するのが目的で、最初に手元にあったものを並べて撮ったものなので、P-51B のものも入っています。
 そう言うと、D型のものも入っていると仰る方もおいでかと思いますが、左列上のは D型のものではなく、イタレリの P-51 MUSTANG I "RAZORBACK" の主車輪ドアなのです!…とは言っても、 D型のパーツを流用して出されたバリエーションキットなので無理もないので、後ろ上部から前下に向けて D型と同じ様に三本の窪みがあるこれを [パターン1] としておきます。
 その下側に写っているのは、D型と同じように三本の窪みが入っているのですが、その角度が [パターン1] のものとは少し違うモノグラムの B型の主車輪ドアで、右列にあるフロッグと同じ様な感じなので、これを [パターン2] としておきますが、この向きや角度はメーカーによって微妙に違っていたりします。
 で、アリソンエンジン搭載型や B/C型の実機写真でよく見かけるのが、[パターン1] の窪みの角度がもう少し寝た感じになったうえで補強材を貼り付けたような ハイプレーンのP-51A や、KP のB型 の主車輪ドアみたいなのを [パターン3] 、そして、中列上のが ブレンガン A-36 の主車輪ドアですが、[パターン1] の窪みの角度のままで補強材を貼り付けたような感じなので [パターン4] として、分類しておこうと思います。
ただし、ブレンガンの主車輪ドアパーツは、写真でお判りのように内側の肉厚部分前端が D型のような形状で外板のみで B型形状になっていますが、実機ではこの D型状に削られた肉厚部分に稼働ロッドのリンク部分がきていますので、この内側の形状は間違いと言ってもいいのではないかと思います。
 またこの アカデミーの P-51 のように、三本の窪みが同じ アカデミーのキットでありながら B/C型の[パターン3] とは逆に、前上部から後ろ下に向けた窪みとなっていて、その上に補強材を貼り付けたような主車輪ドアパーツがありますので、これを [パターン5] として、以下に判る範囲のキット( / での区切りはOEMを表します)を各パターン別に分類しておきます。

 [パターン1] イタレリ、ガルテックス/ハセガワ(B)
 [パターン2] フロッグ/NOVO、モノグラム(B)
 [パターン3] ハイプレーン、モデルニュース/ABC、スペシャルホビー/MPM/コンドル/SMER、KP(B)/AZmodel(B)、レベル(B)、ホビーボス(B)、アカデミー(B)
 [パターン4] ブレンガン、ホビースポット ユウ(B)
 [パターン5] アカデミー、アキュレイトミニチュア(48)

とは言っても、実機の主車輪ドアは地上姿勢時でも油圧が効いている時は閉じているので、A-36やP-51のキットとしてはその状態を再現して閉位置にしてしまえば、この主車輪ドアの裏側のモールドはどれであっても関係なくなってしまうわけで、実際に最初から閉位置にモールドされているキットも幾つかあるのですが・・・ (;^ω^)
 [閉位置モールド] ハイプレーン([パターン3]パーツ有り)、モデルニュース/ABC([パターン3]パーツ有り)、リンドバーグ(B)

◎ 組 立・修 正

 購入はしたのですが予備にする手持ち在庫がなく、まだ作製を開始していないので申し訳ありませんが組み立てや細部の修正などの考証はできていません。
かといってキットデータのワンポイントだけでは書ききれない部分がありますので、取り敢えず Mini Guide としてup させていただいて、このあと、検証・修正・組立などが進みましたら順次書き足して、そのつど更新 していきたいと思います。

◎ デ カ ー ル

 スイマセンが、まだデカールは イタレリ 1/72 P-51 ムスタング の時の考証以上の検証をしていませんので、その時の記事を転載させていただきますと・・・

 イタレリの付属デカールでは国籍マークの周囲の黄色い縁取りの幅が、写真で見られるものの半分ぐらいしかないし、写真に写っている操縦席の後部胴体と垂直尾翼にあるはずの黄色い地図だかエンブレムだか は、全く無視されています。

アカデミーのは黄色の縁取りや前述のエンブレム状のデカールはちゃんとなってるのに、一番目立つ垂直尾翼の星条旗が大間違い !!
なんと星が現在の 50 Star Flag (9列で上から6-5-6-5-6-5-6-5-6) みたいに互い違いに並んでいて、しかも5列(8-7-8-7-8)しかないので数が38個(1960年以前は8個×6列で48個<イタレリが正解 !) なのです !! <アメリカでも販売してるんだろうに・・・長さ(縦横比)的にはこちらのほうがいいと思っていたので、この間違いは残念です ! 

 それと、イタレリの箱裏のカラー図では黄枠の国籍マークと機体ナンバーの 137322 の 1 との間がかなり離れていますが、これは国籍マークの黄枠の無い時期に両方が書かれていて、後から国籍マークの周囲に黄枠(黄色の縁取り)が描かれたので、黄枠(黄色の縁取り)と機体番号の最初の 1 (反対側は最後の 2 ) が、右側写真の左下隅に写っている実機写真や、アカデミーの説明書のように少し重なり気味になるのが正しいです。

もう一機の方については、また後ほど書かせていただきますので、今しばらくお待ちください。

COPYRIGHT © 2004-2018 T&T MUSTANG FREAKS