MODELING GUIDE  MUSTANG FREAKSからのおしらせ
 P-51 MUSTANG 実機について 
 P-51 MUSTANG 資料について 
 P-51 MUSTANG キットについて 
 P-82 TWIN MUSTANG について
 MUSTANG MODELING GUIDEを見る
 MUSTANG GALLERY の展示を見る
 MUSTANG FREAKS のBlogを見る
 MUSTANG MATERIAL Blog版を見る

 LINK FREAKSを見る
代表的キットの直し方 アカデミー 1/72 P-51D ムスタング(新)
イタレリ 1/72 F-51D ムスタング

ハセガワ 1/72 P-51D ムスタング
リンドバーグ 1/72 P-51B&D ムスタング
エアフィックス 1/72 P-51D ムスタング(旧)
アカデミー 1/72 P-51D ムスタング(旧)
マッチボックス 1/72 P-51D ムスタング
エレール 1/72 P-51D ムスタング
モデルニュース(Model News) 1/72 P-51H

イタレリ 1/72 P-51 ムスタング
エアフィックス 1/72 P-51D ムスタング(前)
エアフィックス 1/72 P-51D ムスタング(新)
ハセガワ 1/72 P-51B ムスタング
アカデミー 1/72 P-51&B/C ムスタング
KP 1/72 P-51B/C & ムスタング Mk.III
モノグラム 1/72 P-51B Mustang
ブレンガン 1/72 A-36 APACHE
アカデミー 1/72 P-51 MUSTANG

童友社 1/100 P-51D ムスタング

エフトイズ(F-toys) 1/144 P-51D MUSTANG

P-51&F-82キット製作記事掲載誌一覧
ボックスアートデータ
タミヤ(TAMIYA) 1/48 P-51D MUSTANG
テスター/旧ホーク(TESTORS/HAWK) 1/48 P-51D MUSTANG
マルサン/フジ(MARUSAN/Fuji) 1/48 P-51D ムスタング
モノグラム(MONOGRAM) 1/48 P-51B MUSTANG
プロモデラー(PROMODELER) 1/48 P-51B MUSTANG
オーロラ(AURORA) 1/48 P-51H ムスタング

ヒストリック(HiPM) 1/48 P-51H ムスタング
ニチモ(NICHIMO) 1/48 P-51D MUSTANG
オータキ(OTAKI) 1/48 P-51D MUSTANG
ハセガワ(HASEGAWA) 1/48 P-51D/K ムスタング
コグレ-バンダイ(KOGURE-BANDAI) 1/48 P-51D ムスタング
モノグラム(MONOGRAM) 1/48 P-51D MUSTANG
レベル (Revell) 1/48 P-51D MUSTANG
ペガサス(PEGASUS HOBBIES) E-Z Snapz 1/48 P-51B Mustang
タミヤ(TAMIYA) 1/48 NORTH AMERICAN P-51B / MUSTANG III
アキュレイト・ミニチュア(ACCURATE MINIATURES) 1/48 P-51B/C
モン(MENG) 1/48 P-51D/K MUSTANG FIGHTER
エアフィックス(AIRFIX) 1/48 NORTH AMERICAN P-51DMUSTANG

レベル(Revell) 1/32 P-51D-5NA Mustang
2005/6/26記
2006/1/11追記
イタレリ 1/72 F-51D ムスタング by 友野 升太

ITALERI #086
ITALERI #086 Back
ITALERI #086(2006年版)
ITALERI #086(2006)Back
ITALERI #71086
ITALERI #71086
 
ITALERI #71086
ITALERI #6807
Speciale Italia
Reno Scale
#P-51D"Miss Candace"
Reno Scale #P-51D
"Miss Candace"kit

◎ 始 め に …

 比較的新しいキットで、タミヤやハセガワと同じ時期の発売なので第三世代のキットとして紹介されていることも多いのですが、実際は第二世代の最後を飾ったレベル1/48のキットを参考にした縮小アレンジコピーだと思います。
それが一番よく判るのは多少短くて太い機首とコクピット部胴体の幅の広さや後部胴体上部が角張った長方形に近い断面形、そして胴体と合いの悪い機首の空気取り入れ口部のパーツ、同じく合いが悪いうえにフラップ後端がフィレット部から飛び出してしまう主翼など、レベル48の欠点を全て備えています。

 しかもバリエーションとしてリリースされているP-51と主翼パーツを共用するという第二世代頃の発想で、二十世紀のライター諸氏だったら大喜びしそうな構成になっています。
 でも、現在では共用できるのは主脚柱とタイヤ、尾輪ぐらいだということが知られてきていますので、評価を下げるだけの要素にしかならないんですけどね !

 P-51(MustangT) の方の後部胴体などは感じの良いオムスビ形なので魅力はあるのですが、主翼が共用なのでD型と同じになってしまう張り出しと脚収納庫周りを直すのは私の腕ではムリですので、その辺を直さなくて済むマシなほうのF-51D(P-51D)のほうを作っていきます。
腕のある方や直さなくても我慢できる方はどうぞ P-51(MustangT) のほうにも挑戦してみてください。

 Reno Scale の "Miss Candace" というレーサーバージョンのキットは、このパーツををバルクで買い、レジン製のペラ(A.P. A-542-B1風)とレーサー仕様マーキングの独自デカールを入れて製品としたもの。


  仮 組 み

 
で、まず、胴体、主翼、尾翼、スピナー、キャノピー、空気取入口を仮組みをしますが、見れば見るほどレベル48に似ていますし、修正部もほとんどレベル48と同じです…
右の写真は従兄弟にあたる1974年リリースのハセガワ72(前)。 このハセガワ32からの譜系は、かなりアチコチに広がっていますので、いずれ「キットよもやま話」にまとめたいと思っています。
まぁ、この後のキャノピーの部分で、だいぶネタバレしてしまうのはやむをえないのですが・・・
 全体の雰囲気はマアマアだと思いますが、一番気になるのは後部胴体上部の断面形で、P-51と同じようなオムスビ形であるはずの上部が角々としていて断面形が長方形になっているところです。
これをオムスビ形にまでするのはかなり難しいと思いますし、それならタミヤ72を作るか、ハセガワ72(新)の機首部分を直した方がずっと楽だと思いますので、ここは両角を落とすだけにして、各接合部のスキマを埋める準備に力を注ぎたいと思います。
 スキマを前から順に書いていきますと、割と形の良いスピナキャップですが前後で穴の位置がなかなかピタリと一致しないので、根気よく修正してください。
機首の空気取り入れ口パーツは機首下面を合わせると上部との間にスキマができてしまい、スピナとギャップができますし上をピタリと合わすと機首下面との接合部に段差ができます。
主翼と胴体の合いは一番悪くて、下の写真のようにレベル48と同じ部分がスキマだらけとなります。
主なスキマは左側胴体下面に出る主翼パーツ前端の段差、主翼より幅の狭い胴体下面とのギャップ、主翼と胴体フィレット部との大きなスキマ、フィレット部から飛び出すフラップ後端、P-51との共用のために差し替え式になっている機銃部分パーツとのスキマ。
つぎにウインドシールド前の胴体断面までが円でなく角ばっているのが気になりますが、透明パーツの接合部までかかっていて修正は困難ですので、幅広の胴体より更に広く飛び出しているウインドシールドの処理を重点にします。
ざっと上げただけでも以上のような要修正部分がありますが、これらのスキマをどう修正するかを仮組みした機体を手にアチコチから眺めながら考えていきます。
また、スキマではありませんが、このキットもP-51のキットにも胴体にフィレット部の表現が何もありませんので、これをどうするかも一緒に考えておきます。(左の写真はすでにフィレット部を筋彫りの追加にて表現してあります)
なお、写真にもあるように、サイドウインドの下端がだらしなく下がっていますので、枠を塗装するときにでも正しいラインまで持ち上げてやりましょう。


◎ 修 正 開 始

 まずスピナキャップですが、プロペラは一体で固定の軸も付いていますが、いったんブレードを切り離し後からプロペラブレードを差し込み胴体に挿すだけの方式に改造するか、代用の軸を作ってブレードの穴に食い違いが出ないよう注意して仮止めして整形するかのどちらかを選択します。
私は全部マスキングテープで仮止めした状態でやっていますが、これは撮影する関係があるためで、実際の組み立てではまずコクピット内を塗装したらどんどん接着して、現物あわせでプラ板を切り出して組み立てていってしまいます。
 左の写真は胴体下面に0.2mm厚のプラペーパーをシムとして噛ませて幅を拡げています。 ただし、尾輪収納部のある尾部は、その前のエア・アウトレット内部の仕切り板がある関係で、シムは挟みません。
機首の空気取り入れ口パーツの上部とスピナキャップ後にも一枚挟んでギャップを無くすと、短めの機首が多少伸びて寸法的にもちょうどよくなります。
また、フィレットの主翼との接合部は上反角が浅くならないように注意した上で、なるべくパテによる修正をしなくて済むよう、同じようにシムを挟んでから取り付ける予定です。
それと同時に左側接合部前部にも0.2mmプラ板を一枚挟むと機首下面と面一になることが判りました。
エア・アウトレット内部の仕切り板はシムをかまさずに挟みますが、ラジエター部には何の表現もありませんので、例によってユウのラジエターパーツの下部をカットして取り付けました。
もちろん主翼下面の敵味方識別灯もハセガワ72P-51Bの時と同じようにユウの素材パーツを埋め込んであります。
 また、某誌1999年のムスタング特集同キットの製作記事に「主翼よりも差し込み部品のほうが厚みがないので、パテを盛って整形しておきます。」と書かれている主翼の機銃パーツですが、これは正しくは厚みがないのではなくて、写真の右翼機銃パーツのように上面の形状が0.2mm程短くて切り欠きとうまく合っていない、というのが本当ですので、ここも左側機銃部分のように機銃パーツ上部後端か切り欠きの接合部のどちらかに0.2mmプラ板を貼っておき、パテ要らずにしておきます。
因みにこの機銃パーツの銃口部分はセンターに凹みがあって開口するときにドリル刃がずれないようになっているのがありがたい配慮だと思います。
 さて次に胴体の表現が省略されているフィレット部に移りますが、前述の製作記事ではそのことに一切触れていませんので、P-51のほうを平気で作れるぐらいの方でしたら、たぶん気にもならないのだと思います。 実際左側のこんな程度の写真では判らないぐらいのことなのですし、前述の製作記事での完成した作品を見るとあまり判りませんが、実際の製品を見ると筋彫りのラインが中途半端に止まっていて、なんだか仕事を途中で投げ出しているみたいで気になります。
そこで最初はフィレット部分を浮き上がらせようかと思って、ランナーに付いているパーツに付けてある白いパーツのように0.2mmのプラ板からフィレットの形状を切り出してみたのですが、これはこの次の機会に使うことにして、そのパーツから筋彫り用の治具(左側の透明アクリル板)を作って筋彫りにしてしまいました。
ここいら辺はいつも現物合わせとその場の思いつきでやってますが、まぁ、ア○ムで金を借りるわけじゃありませんから、計画的な事前の確認はさほど必要ではないと思います。(笑)
 排気管は別パーツですが、フェアリング付きのみですので、塗装する機体によってはハセガワあたりから持ってくる必要があると思います。
どうせハセガワのキット作ったら排気管は一組余りますからね !
ハセガワの排気管の場合は胴体側の溝の底を抜いて裏から貼るか、排気管パーツの基部を削って落とし込むようにするか、どちらでもお好きな方法をお試しください。
 スピナからつながる機首上面の接合ラインは注意深く接着しないとズレて段差が生じやすいので気をつけてください。
またウインドシールド前の筋彫りが接合部で角度がついたようになってしまいますので、ゆるいカーブになるように修正してやるとよいと思います。
また、ブラインドになっている薬莢排出孔やパイロンの取り付け穴は必要なものを先に開けておくことをお忘れなく。
とくに薬莢排出孔は気を付けて開口しないとそれぞれがうまく平行にならずに焦ります !!


  細 部

さて、前述しましたウインドシールドですが、左の写真の後ろ側がイタレリのもの、前列が左側からアカデミー(旧)、アカデミー(新)、ハセガワ(前)、ハセガワ(新)と並んでいます。
胴体下部はシムを噛ませて多少幅を広くしてありますが、ウインドシールドの部分には手を入れてありませんので、胴体部分のほうが狭くて、シールド下端が多少はみ出します。
一番右のハセガワ(新)のシールドは薄くて良いのですが、断面が正しく丸みを帯びているのと、幅が狭くなっているので、なかなか合わず、無理に拡げると上に白いヒビが入ってしまうので、やめたほうがよいでしょう。 右から二番目、ハセガワ(前)のものは形も同じようになっているのですが、これも多少シールド下端の幅が広くて、イタレリオリジナルと同じように飛び出します。
三番目はアカデミー(旧)のもので、幅も形もこれがよいかもしれません。
一番左端のアカデミー(新)のウインドシールドも同じような感じですので、バックミラーを付けるときはこちらの方が良いかも知れません。
アカデミー(新)のキットは胴体よりウインドシールドのほうが幅が狭いので、イタレリと相互交換するとサイズ的には両方ともピッタリと合います。
しかし、ハセガワ(新)のキット以外はそれぞれ従兄弟・再従兄弟といった関係ですので、どれもよく似ています・・・
それでももちろん他のキットから持ってくるのはイヤだという方はおいでだと思いますので、その場合は下面と同じように機首上面コクピットの開口部から前に0.2mm厚のシムを挟んでおけば、付属のウインドシールドを使っても不自然になりませんし、スピナキャップ根元部分と機首にできる段差の解消にもなりますので、一番効率的で抵抗が少ない方法かも知れません・・・(実はこれ、胴体を接着した時に機首先端上部がスピナ根元より一回り小さくて、空気取り入れ口のパーツ上部とも段差ができてしまうことに気が付いたんで、時すでに遅しでもう直せませんでした、皆様は先にシムを挟むことをお奨めします。)
まぁ、幅が広いの狭いのと言っても、コンマ何ミリという範囲でのことですし、MA誌の作例などを見てもウインドシールド部分に段が付いたままのものも多いので、そんなことは気にならないという方は、もちろんそのままお作りになっても構わないのではないかと思います。
 なお、脚周りでは主車輪のホイールハブ部分のスポークは間のくぼみをドリルで深くしてやったら、思わぬ"怪我の功名"で細くシャープになりました。 1/72では裏まで貫通しなくても良いから、少し溝を深めてやると良い感じになります。
 コクピット内は主要パーツのみで、写真左端のようにサイドコンソールなどの彫刻やパーツは一切ありませんので、右側のハセガワの胴体内部の彫刻を参考にして、真ん中のように主要なサイドコンソールを適当にデッチアップしてやります。
写真の胴体内のリブは伸ばしランナーか細切りにしたプラ板で立体表現にしてやろうかと思いましたが、1/48じゃないんでそこまでやってもあまり意味が無いかと思い、筆で書いてあるだけです。 まぁ、胴体接着までに気が向いたらなおしてやってもよいかなァ、と思ってはいますが・・・


◎ デ カ ー ル

 マーキングは三種類で、米軍マークはF-51Dに呼称変更した後のシャークマウスの付いた朝鮮戦争時の12thFB/18thFBGのFF-736☆。 第二次大戦時の英軍65SQ YT◎E。 1953年のニュージーランド空軍 4 SQ NZ2429 機となっています。
しかし、このスケールになると大体のキットのデカールが許容範囲で使用可能ですので、無理して別売りデカールを買わなくても、バリエーションの多いハセガワのキットなどからあまったデカールを流用するのも一策かと思います。


 以上、仮組み時点で気になった部分とそれに対する修正方法を思いつくままに書き綴ってみました。
この後、組み立てていくにつれて出てきた点などは、この後どんどん増えていくだろうと思いますので、どうぞ楽しみにお待ちください。m(__)m


◎ 追 記
 キャノピーは、アカデミー(新)のウインドシールドも合わせて見たのですが、断面部分の形状がキットの後部キャノピーと合わず、とは言え全取っ替えするのは可哀相だったので次の機会に回して、結局キットのものを削り合わせて(胴体との接着部を削って)ムリヤリ使用しました。
したがってバックミラーは照準器と同じように自作したものが付いています。
後部胴体上部の角張りは、角を落として丸断面に修正するだけで、かなり雰囲気が良くなるので、ぜひ実行してほしいと思います。

 ハセガワ1/32から派生したと思われるこれらのキットの中では新しいほうのキットですし、主脚の角度なども修正されていますので(ハセガワは前に飛び出し過ぎ、アカデミーは後に引きすぎ !)、この系統のキットがお好きな方はハセガワの旧キットが中古で高く取り引きされている現在、ドーサルフィン無しはアカデミーの旧キット、ドーサルフィン付ならイタレリを買っておくというのも(どちらも価格が安いので !)一策かと思います。

完成品を見る

COPYRIGHT © 2004-2018 T&T MUSTANG FREAKS