MODELING GUIDE  MUSTANG FREAKSからのおしらせ
 P-51 MUSTANG 実機について 
 P-51 MUSTANG 資料について 
 P-51 MUSTANG キットについて 
 P-82 TWIN MUSTANG について
 MUSTANG MODELING GUIDEを見る
 MUSTANG GALLERY の展示を見る
 MUSTANG FREAKS のBlogを見る
 MUSTANG MATERIAL Blog版を見る

 LINK FREAKSを見る
代表的キットの直し方 アカデミー 1/72 P-51D ムスタング(新)
イタレリ 1/72 F-51D ムスタング

ハセガワ 1/72 P-51D ムスタング
リンドバーグ 1/72 P-51B&D ムスタング
エアフィックス 1/72 P-51D ムスタング(旧)
アカデミー 1/72 P-51D ムスタング(旧)
マッチボックス 1/72 P-51D ムスタング
エレール 1/72 P-51D ムスタング
モデルニュース(Model News) 1/72 P-51H

イタレリ 1/72 P-51 ムスタング
エアフィックス 1/72 P-51D ムスタング(前)
エアフィックス 1/72 P-51D ムスタング(新)
ハセガワ 1/72 P-51B ムスタング
アカデミー 1/72 P-51&B/C ムスタング
KP 1/72 P-51B/C & ムスタング Mk.III
モノグラム 1/72 P-51B Mustang
ブレンガン 1/72 A-36 APACHE
アカデミー 1/72 P-51 MUSTANG

童友社 1/100 P-51D ムスタング

エフトイズ(F-toys) 1/144 P-51D MUSTANG

P-51&F-82キット製作記事掲載誌一覧
ボックスアートデータ
タミヤ(TAMIYA) 1/48 P-51D MUSTANG
テスター/旧ホーク(TESTORS/HAWK) 1/48 P-51D MUSTANG
マルサン/フジ(MARUSAN/Fuji) 1/48 P-51D ムスタング
モノグラム(MONOGRAM) 1/48 P-51B MUSTANG
プロモデラー(PROMODELER) 1/48 P-51B MUSTANG
オーロラ(AURORA) 1/48 P-51H ムスタング

ヒストリック(HiPM) 1/48 P-51H ムスタング
ニチモ(NICHIMO) 1/48 P-51D MUSTANG
オータキ(OTAKI) 1/48 P-51D MUSTANG
ハセガワ(HASEGAWA) 1/48 P-51D/K ムスタング
コグレ-バンダイ(KOGURE-BANDAI) 1/48 P-51D ムスタング
モノグラム(MONOGRAM) 1/48 P-51D MUSTANG
レベル (Revell) 1/48 P-51D MUSTANG
ペガサス(PEGASUS HOBBIES) E-Z Snapz 1/48 P-51B Mustang
タミヤ(TAMIYA) 1/48 NORTH AMERICAN P-51B / MUSTANG III
アキュレイト・ミニチュア(ACCURATE MINIATURES) 1/48 P-51B/C
モン(MENG) 1/48 P-51D/K MUSTANG FIGHTER
エアフィックス(AIRFIX) 1/48 NORTH AMERICAN P-51DMUSTANG

レベル(Revell) 1/32 P-51D-5NA Mustang
2005/7/22 記
2009/11/29 追記
ハセガワ 1/72 P-51D ムスタング (新) by 友野 升太

◎ 始 め に …

 ハセガワの1/72 P-51Dのキットがご自分の好みで、そのまま組み立てただけで充分満足だという方は、この記事をお読みにならないほうがよろしいかと存じます。 また、タミヤの1/72 P-51Dがお好きだという方も、タミヤのキットをお作りになっていればよいことなので、お読みになる必要はないと思います !
なぜなら私は、模型はいかに簡単に自分がいだいているイメージに近づけるかだと思っていますので、ここに書かれているように直したからといっても、皆さんがそれぞれお持ちのP-51D ムスタングのイメージにピッタリとあうことは難しいのではないかと思うからです。
 どうぞその点をお含みおきの上で、あなたのイメージどうりのムスタングをお造りになるときに、お役にたつ部分は参考に、そうでない部分は切り捨ててお読みください。
  尚、実機についての解説などは、製作に関係のある部分以外は省かしていただきますので、予め御了承ください。

  仮 組 み

 
B型と同様にセロテープ等を用意して胴体、主翼、尾翼、スピナー、キャノピー、空気取入口をランナーから切り離して大まかな仮組みをします。 
人にもよるとは思いますが、このD型のほうはB型と較べるとさほど問題は多くないと思いますが、なにもしないで作るだけだったら、タミヤのキットを作ったほうが良いと思うので、大多数の方が気になるであろう主脚収納庫の浅さと多くの写真から私が判断した機首上面の平ら過ぎをメインに直していきたいと思います。
またB型と同様に尖りすぎているスピナキャップと、右の写真でお判りの根元と胴体のギャップも修正の対象となります。

◎ 修 正 開 始

 B型のページでも書いたスピナキャップですが、修正方法は全く同じですので、詳しいことは省きます。 申し訳ありませんが、B型の修正開始直後のスピナキャップの直し方をご参照ください。
多少違うのはスピナ後端と機首前端のギャップがB型よりも少ないので、B型では機首前端と空気取り入れ口パーツの後に1.2mmのプラ板を貼りましたが、D型では左の写真のようにこの厚さを0.5mmのものにしたぐらいでちょうどよくなります。
ただし、その分機首上面の平面部分の張り出し感が強くなってしまいますので、角張りをなだらかに落とすように耐水ペーパーで擦り落としておきます。 この時にムスタングの機首はパネルを取り外したフレームの写真を見ても解るように、あくまでも曲線で構成されているということを忘れずに、雨が降ったら水が溜まってしまいそうなキットの機首上面を修正していきます。
この部分は人によってはスピットみたいに平らに張り出させてますけど、同じエンジンとはいえあくまでもこれは職人気質の英国人が造ったスピットではなく、量産性を最優先させる米国人が造ったムスタングなのですから…ただし縮尺が1/72なのであまりこだわらず、それらしいと思える程度でよいのではないかとは思います。 でも、アメリカのLOON MODELSのコンバージョンキットなどは、タミヤのものでも張り出し過ぎだと思っているらしくて、わざわざ丸みを帯びた機首に直してあります・・・

 最近のハセガワのキットに共通している主脚収納庫を浅く彫る表現方法は、もちろんハセガワとしては主張と考えがあってのことだとは思うのですが、私の拙い塗装技術ではなかなか立体感を出せませんので、ここは思い切って深い収納庫を作ってみたいと思います。
ただ、あまり難しい方法では意味がありませんので、どなたでもできそうで、しかも1/48でも応用が利きそうな方法をご紹介していきますので、これを基本にしてご自分のやり易い手法を見つけていただければ、と思います。
で、収納庫の開口ですがただ単に開けるのではなく切り抜いた部分をそのままデティールとして生かしますので、注意深く浅い底の部分を切り取ります。
しかし、注意深くとは言ってもあまり丁寧にやっていると片方抜くだけでも嫌気がさしてしまいますので、短時間である程度キレイに抜ける方法をご紹介します。
まず、カッターの先で収納庫周囲の隔壁に付いているリブの部分に切り込みを入れます。
すべてのリブの三角の接合部を切り離したら、次はケガキ針のような尖ったもの(僕はU・ライナーを使いました)で隔壁に沿ってケガいていきます。
切るという感覚ではなく筋彫りを深く入れていく感じで何度も彫ってやると、裏側に白い筋が現れてきます。 しかしここで焦って力を入れると変に割れることがありますので、何ヶ所かが切れるまで、あと数回隔壁に沿ってなぞってやると周囲が剥がれるように底の部分に付いたままはずれます。
 左上の写真のようにはずれたら、穴の周囲をキレイに整形し上面を合わせて上面裏側に穴の形をケガいておき、切り取った底の部分を貼り付けてしまいます。
両方の上面の裏側に底の部分を貼り付けたら下面をひっくり返すと左右の収納口の間にスキマがあるので、これを利用して左右を分ける隔壁を立てます。
隔壁の後の部分は床板パーツと干渉している部分を現物合わせで切り欠いてあります。
次に後部のメインスパーに見立てて穴を開けた1.2mm厚のプラ板を収納庫後部に立ててやり、上面裏側に付けた底の部分を利用して0.2mmのプラペーパーで周囲の隔壁を作ってやります。
 もちろん、どちらか一方に周囲の隔壁を組んでやってもいいのですが、こうしたほうが高さの調節がやりやすいので、僕はこの方法を採っています。
これを上下合わせてやれば、右の写真のようにそれらしい主脚の収納庫が完成します。
あとは各人のお好みでリブと隔壁の接合部に三角のプラ板などを貼り付けて最初のように表現してやると、いっそう立派なデッチ・アップとなります。

 僕はあまり計画的に物事を進めるほうではなく、カッコよく言うとカット・アンド・トライ…ハッキリ言うと思いつきでやっているので、どんどん作業を進めてしまうためパーツの細かい寸法や写真をとっていないため、後になって焦るのですが、この主脚収納庫の工作は、これだけだったら両側で三時間もあればできてしまいますので、お暇な時にでも残り物の材料などでお試しになって、ご自分で寸法を取ってみてください。
 たぶん頭の中で考えているよりもズッと簡単にできてしまうので、ビックリされると思います。
ぁ、胴体のフィレット部の接合部分が、この深くなった収納庫と干渉しますので、仮組みしながら削っておいてくださいね。 もちろん翼上面パーツ分の厚さは残っていますので、これだけ深くしてもチャント接着はできますので !!
ま、"案ずるより生むが易し"といったところだと思いますので、一度騙されてみてください !!(笑)

 あ、下面をひっくり返したついでに、いつものように敵味方識別灯にユウの素材を嵌め込んでおきました。 これはよく模型誌などでは「穴を開けてまずアルミホイルを埋め込み、それからクリアー素材を嵌め込む」などと書いてありますが、面倒なので上下を貼り合わせる前に貫通穴を開け、クリアー素材を差し込んで裏側でカットして瞬接止め、はみ出た瞬接で、ついでにアルミホイルを貼っておくと写真のようになります、簡単ですよッ !!

 ついでに胴体下面の空気取り入れ口にユウのオイルクーラーやラジエーターパーツを入れようと思っている方は、B型より左右の肉厚が厚くなっていますので、パーツの左右を少し削っておかないと貼りあわせた時にぶつかって胴体の合わせ目にスキマができますので、用心してくださいね。

また、右の主車輪の写真は左側が裏側まで抜いたもの、右側が表側のホイール外周だけにドリルを立てて穴を深くしてあるものですが、このスケールだったら貫通させるよりも深くしただけのほうが良いように思えます。
 何でもかんでも実機に忠実に再現するのではなくて、スケールによって再現したり省略したり、または強調したりを考えるのもなかなか楽しいものです。
まぁ、そう考えると、この主脚収納庫もハセガワはきっと"深さを省略してもよいと考えた"のだとみることができますが、この"彫りが浅いのは諦める"という人に会うことはあっても、"彫りが浅くて良かった ! "と言ってる人には、僕はまだ会ったことがありません !!

とりあえず、こういう小細工ばかりが好きな性格なので、完成するまでにはまだまだ時間がかかると思いますが、こんな部分をこんな風に直すのも面白いのではないかと、チョコチョコっと手を入れてみました。
もちろん「こんな苦労をしないでタミヤのキットを作れば…」と苦笑される方もおいでだとは思うのですが、1/48でホーク/テスターのD型とモノグラムのB型を沢山持っているのと同じぐらいか、それ以上の数をデカール替えなどで買わされてしまった者としては、"二束三文で某店に売る(?!)か、自分で作るか…!?"ぐらいしか選択肢がないわけですから・・・

 それと、この主脚収納庫の改修をB型でやりたいと思う方もおいでだとは思いますが、B型の場合は主翼を貼りあわせてからでないと付け根の張り出しの修正が面倒なので、どちらを先にやるにしても大変な作業になってしまうと思います。

◎ デ カ ー ル


 デカールに関しては、またある程度工作が進んだところで書きますので、あてにしないでおまちください・・・(^_^;)

で、デカールに関してですが、考えてみたらデカール替えの全種を調べなければならないことに気がついたので、各キットの附属デカールに関しての考証は差し控えて、結局はマイクロスケールの72-397のOS☆X "FICKLE FANNY"を使用することに・・・ところが、どの写真を見てもOS☆Xは"Miss STEVE"になっているので、N を黒ベタデカールから自作して、写真で見られる OS☆N "FICKLE FANNY"としました。

◎ 追 記

 
で、写真ではK型ではなくD型だったために、急遽D型の箱からキャノピーを出してきて交換・・・おかげで、D型の箱の中にK型のキャノピーが入った箱が完成 ! ・・・こういうときは今までみたいに両方入っていないハセガワのバリエーション方式が疎ましくなります !
 ウインドシールドに付いていたバックミラーは、パーツとしても入っているのですが、大きさや形状が気になったのと、ミラー面を表現したかったこともあって、透明ランナーから自作して付けてあります。

◎ 比 較 用 写 真

模型雑誌に掲載された記事の写真とできるだけ同じ角度で撮影した写真です。 

下の写真はモデルアート誌1999年11月号(No.548)のグラビア(p.12)や本文記事(p.32)の写真と、できるだけ同じ角度になるように撮影しましたので、お持ちの方は見比べてみるのもおもしろいかと思います。 

357thFS/355thFG/65thFW/8thAF OS☆N "FICKLE FANNY"として完成したハセガワ(HASEGAWA) 1/72 P-51D です。

モデルアート誌1999年11月号(No.548)のグラビア(p.12)の写真と同じような角度。


同じページの
モデルアート誌1999年11月号(No.548)のグラビア(p.12)の写真と同じ角度。


更に・・・

モデルアート誌1999年11月号(No.548)の本文記事(p.32)


で、
モデルアート誌1999年11月号(No.548)の本文記事(p.33)


モデルアート誌1999年11月号本文記事(p.34)


MUSTANG GALLERY

HASEGAWA 1/72 P-51DOS☆N "FICKLE FANNY"の完成品写真はこちら !

COPYRIGHT © 2004-2018 T&T MUSTANG FREAKS