MODELING GUIDE  MUSTANG FREAKSからのおしらせ
 P-51 MUSTANG 実機について 
 P-51 MUSTANG 資料について 
 P-51 MUSTANG キットについて 
 P-82 TWIN MUSTANG について
 MUSTANG MODELING GUIDEを見る
 MUSTANG GALLERY の展示を見る
 MUSTANG FREAKS のBlogを見る
 MUSTANG MATERIAL Blog版を見る

 LINK FREAKSを見る
代表的キットの直し方 アカデミー 1/72 P-51D ムスタング(新)
イタレリ 1/72 F-51D ムスタング

ハセガワ 1/72 P-51D ムスタング
リンドバーグ 1/72 P-51B&D ムスタング
エアフィックス 1/72 P-51D ムスタング(旧)
アカデミー 1/72 P-51D ムスタング(旧)
マッチボックス 1/72 P-51D ムスタング
エレール 1/72 P-51D ムスタング
モデルニュース(Model News) 1/72 P-51H

イタレリ 1/72 P-51 ムスタング
エアフィックス 1/72 P-51D ムスタング(前)
エアフィックス 1/72 P-51D ムスタング(新)
ハセガワ 1/72 P-51B ムスタング
アカデミー 1/72 P-51&B/C ムスタング
KP 1/72 P-51B/C & ムスタング Mk.III
モノグラム 1/72 P-51B Mustang
ブレンガン 1/72 A-36 APACHE
アカデミー 1/72 P-51 MUSTANG

童友社 1/100 P-51D ムスタング

エフトイズ(F-toys) 1/144 P-51D MUSTANG

P-51&F-82キット製作記事掲載誌一覧
ボックスアートデータ
タミヤ(TAMIYA) 1/48 P-51D MUSTANG
テスター/旧ホーク(TESTORS/HAWK) 1/48 P-51D MUSTANG
マルサン/フジ(MARUSAN/Fuji) 1/48 P-51D ムスタング
モノグラム(MONOGRAM) 1/48 P-51B MUSTANG
プロモデラー(PROMODELER) 1/48 P-51B MUSTANG
オーロラ(AURORA) 1/48 P-51H ムスタング

ヒストリック(HiPM) 1/48 P-51H ムスタング
ニチモ(NICHIMO) 1/48 P-51D MUSTANG
オータキ(OTAKI) 1/48 P-51D MUSTANG
ハセガワ(HASEGAWA) 1/48 P-51D/K ムスタング
コグレ-バンダイ(KOGURE-BANDAI) 1/48 P-51D ムスタング
モノグラム(MONOGRAM) 1/48 P-51D MUSTANG
レベル (Revell) 1/48 P-51D MUSTANG
ペガサス(PEGASUS HOBBIES) E-Z Snapz 1/48 P-51B Mustang
タミヤ(TAMIYA) 1/48 NORTH AMERICAN P-51B / MUSTANG III
アキュレイト・ミニチュア(ACCURATE MINIATURES) 1/48 P-51B/C
モン(MENG) 1/48 P-51D/K MUSTANG FIGHTER
エアフィックス(AIRFIX) 1/48 NORTH AMERICAN P-51DMUSTANG

レベル(Revell) 1/32 P-51D-5NA Mustang
2005/8/14 記
2009/11/21 追記
リンドバーグ 1/72 P-51B&D ムスタング by 友野 升太

◎ 始 め に …

 リンドバーグの1/72 P-51BとP-51Dのキットですが、いずれも箱絵と説明書が最大の資料だったころに作った作品なので、ほとんどスタンダードに組んであり、何回かの引越しのためにジャンクボックスの底で眠っていたものです。
 したがって最近の作品のように仮組みをして完成させたわけでもなく、また気になる箇所を全て修正しているわけでもありませんので、その点はご了承ください。

  寸 評

 
B型 は翼全面と胴体の一部に細かい凸リベットが打ってありますが、塗装 (筆塗りですが…) するとほとんど隠れてしまいますので、削り落とす程のことはないと思います。
ダウンスラストが付いてないのでちょっと上向きに見えるスピナキャップにはカフス無しのエアロプロダクツのようなブレードが一体で付いているのですが、少し長いので機首や胴体の丸さと細さ、そして主翼の長さが相俟ってすごくスマートなP-51Bになっています。 主車輪ドアは閉状態ですが、主翼下面にしか彫られておらず、胴体下面の部分はノッペラボーとなっています。 また、エア・アウトレットなどもモールドすらありませんが、スタンド用の穴は開いています。
キャノピーの合いはこの形式のものとしては良いほうだと思いますが、前部シールドの下端の枠はモールドのとおりに塗ると前部のウインドゥが極端に狭くなってしまいますので、モールドを落として広くしてやったほうが良いかもしれません。
コクピット内は無線機から一体になったシートのパーツのみで、あとはパイロツトによって開口部をカバーしており、サイドコンソールどころか計器盤や操縦桿もありません。
 しかしそれでも完全にバスタブ式になっているD型のキットよりはマシで、D型のコクピットというかキャノピーの内側にはパイロットの頭部しかありません !
その D型 は主翼・尾翼は一枚板で、もちろん主脚収納庫の堀り込みなどは無く、B型状の主車輪カバーのパーツはありますが、閉位置にもモールドがありますので、閉位置のままでD型の形状に彫りなおすのが簡単だと思います。
尾輪に関しては戦後の一部の機体に見られる、カバーの無い固定式と考えるのが平和かも・・・(笑)
こちらも胴体下面にはスタンド用の穴以外の開口は一切ありません。

 ペラはカフス付きですが、これはB型とは逆に幅が広くシャモジ形になっていて、スピナキャップも長さが足りずズングリしています。
説明書では虫ピンのようなものが入っていて、これでペラを胴体に差し込むように…と書いてありましたが、実際にはパーツが入っていなかったのでそのまま接着してしまいました。
また、M-10ロケットランチャーのパーツは入っていますが、尾輪は前述のようにカバーの無い(固定 ? )タイプで右側胴体パーツと一体のモールドとなっています。

◎ 修 正 開 始

  今回は外形は折れたペラや脚柱を修理しただけで、塗装などもやり直す気は無かったので、D型の主翼の隙間などはそのままです。

B型は計器盤を貼り付け照準器・操縦桿・シートベルトを取り付けました。
小物の作り方ですが、照準器はN2やN3Bの場合は伸ばしランナーの輪切りと透明プラ板から、N9とK-14の場合はプラ板やプラ棒から削り出して四角く切った透明プラ板を付けています。

 操縦桿はキットの箱に入っているランナーを使ってやると早く簡単にできます。
まず、ランナーを操縦桿のパイプ部の太さになるように伸ばしてやりますが、これは何度か練習すると気に入った太さにするタイミングが簡単に掴めますので、難しく考えずにトライしてみてください。
気に入った太さのものができたら、その片方をライターで軽く炙ってやると、フニャっと太くなり、グリップの部分のようになります。
 この時、端っこを炙るのではなく1、2mm残して炙ってやると真っ直ぐ縮んでいきます。 気に入った太さのグリップが出来たらグリップ頭頂部から0.1〜0.2mmぐらいを残して切り、切り口に注意深く火を近づけてやると、頭頂部がよい感じに丸まります。

 これでグリップから操縦桿までは出来ましたので、ランナーによくある湯口(パーツに付いている半丸になっている部分)を切り外して操縦桿基部を作ります。
切り取った半丸を立てて先程の操縦桿が通る穴を貫通させてその両脇を削って整形し、穴に操縦桿を差し込んで気に入った長さのところで固定すれば、操縦桿パーツは出来上がりです。
ついでに取り付け部(床板など)にも穴を開けておいて基部から飛び出した部分を差し込むと、取り付けも確実に行えます。
 シートベルトは鉛板を0.7mm幅に切ったもの(1/48では1mm幅ぐらい)にレザーのカラーで着色したものをいつも用意してあるので、これを適当な長さに切ってシートに貼り付けてあります。
鉛板を使うのは、U・ライナーで長さの調節部やバックルへの差し込み部を彫りこんだ時に銀色が出て塗装の手間が省けるのが大きな理由です !(笑)

なお、B型のアンテナ直後のACLライトはサイズが小さいこともあって、瞬間接着剤を盛って作ってあります。

 D型のほうは左の斜め後方から写した全体写真のようにコクピットには何もありませんので(僕は出来るだけパイロツトを乗せませんので真っ黒になっています)、その下の写真のように、先程書いた照準器や防弾鋼板のヘッドレスト部、無線機の上部をバスタブの上に乗せてあります。
ヘッドレスト部のパッドは、伸ばしランナーの適当な部分を輪切りにするとちょっとテーパーの付いた良い感じのものになります。

やりたい方はバスタブ部分を切り抜いてコクピット部分を細工してもよいとは思いますが、僕は何でもかんでも手を入れるというのではなく、あくまでもそのキットらしさの中で手を入れて、そのメーカーの考え方や造られた時代を楽しむという姿勢の中で作っていますので、ここではあまり手を入れていません。
 もちろん"世界の○○"とか"飛行機の○○"と言われているメーカーがこんなキットを出した日にゃぁ、ガンガン文句書いて直し倒しますけどねッ !!

 要するに頑張ってもそこまでしか出来ないと判っている人にそれ以上頑張れと言ってもムダだということは解っているのでその範囲内でやっていることを楽しむのですが、もっとやれる力のある人が、"この程度でいいや"と手を抜いたり誤魔化して済まそうとしたりしているのを見ると、納得がいかず楽しむことも出来なくなってしまうのです ! 
 ましてや、間違いを指摘されて、自分もそれが間違いだったと認識していてチャントそれを直す力も持ち合わせているのに、"この程度やっておけばいいだろう"みたいな姿勢が見えてしまう手の抜き方は許すことができない性分ですので・・・
だってそのメーカーを信じてお金払ってる客を平気で裏切ってるわけですからッ !!
 
と、いう 国内某社へのあてこすりはこれぐらいにして、キャノピーをのせてリンドバーグらしさを満喫できる完成品にしたのが、この下の写真になります 。



スマートさがウリの二機ということで、エアフィックスのP-51Dと並べたB型 ↓

◎ デ カ ー ル

 デカールは前に書いたように箱絵と説明書だけが頼りでしたから、D型がキットに付いていたVF☆Lをそのまま貼ってありますが、写真で確認したわけではありません。 VFのコードレターはゼンタイルやゴトフレイの所属部隊として知られている336FS.4FG.65FW.8AFと胴体後部を黄色く塗りアルファベットを垂直尾翼に大きく書いたマーキングで知られている5FS.52FG.15AFにあるんですけど、コードレターが黄色であるものや主翼に斜めの赤いラインが入っているなど、この塗装をした機体の写真はまだ見つかっていません。
また、尾翼に貼ってあるS/No.の317926は、43-17926ということになりますが、これはD型だけではなくどの型式のP-51にも存在しません。
念のために他の戦闘機も調べてみましたが該当するものがないので、その他の機体、例えば爆撃機とか練習機に割り当てられているものかもしれません。

B型のほうは、付属していた白黒ストライプデカールの貼り付けに失敗しましたので、沢山あったモノグラムのデカールと、白デカールからNを切り出して、357FS.355FG.65FW.8AFのOS☆Nにしてあります。 尾翼のシリアルナンバーは当時字体に関係なく筆で書いたものでそのままです・・・(^_^;)

[ジャンクボックスの王様]の
リンドバーグ 1/72 P-51B ムスタングの完成品写真を見る

[ジャンクボックスの王様]の
リンドバーグ 1/72 P-51D ムスタングの完成品写真を見る

COPYRIGHT © 2004-2018 T&T MUSTANG FREAKS