KIt Mini Guide  MUSTANG FREAKSからのおしらせ
 P-51 MUSTANG 実機について 
 P-51 MUSTANG 資料について 
 P-51 MUSTANG キットについて 
 P-82 TWIN MUSTANG について
 MUSTANG MODELING GUIDEを見る
 MUSTANG GALLERY の展示を見る
 MUSTANG FREAKS のBlogを見る
 MUSTANG MATERIAL Blog版を見る
 MUSTANG FREAKS掲示板を見る

 LINK FREAKSを見る
ボックスアートデータ
写真によるキット紹介 オールスケール キットデータ
各社キットのデータと特徴
に戻る
2011/11/20 記
2013/02/06 追記
エフトイズ(F-toys) 1/144 ウイングキットコレクション
Vol.8 #02-A/B/C & SECRET P-51B/Mustang III
by 友野 升太 & 富永のぶる

まだモデリングガイドを書いていないキットや、未入手でも海外などの読者を始めとして色々な方からお寄せいただいた写真や資料でキットの内容がある程度判るものを、写真を中心にしてご紹介していきます。

また、情報をお寄せいただいた方のお名前などは個人情報に当たる場合がございますので明記いたしませんが、サイトなどでもっとそのキットについての詳細が見られる場合などは、リンクを貼ってご紹介する場合がございます。

このページは単独の索引(Index)を作成しておりませんので、[オールスケールキットデータ][P-51 MUSTANG キットについて] からお入りください。 また、[戻る]ボタンも設置しておりませんので、ブラウザの[戻る]ボタンを使用するか、上記のリンクをご利用ください。

エフトイズ(F-toys) 1/144 ウイングキットコレクションVol.8
#02-A/B/C & SECRET P-51B/Mustang III

エフトイズ(F-toys) 1/144
WING KiT COLLECTION 8
(ウイングキットコレクションVol.8)
F-toys #FT60137
航空ファンSELECT
2012年10月29日発売
F-toys #FT60137-01
航空ファンSELECT back
2012年10月29日発売
F-toys #FT60137-01
航空ファンSELECT
2012年10月29日発売
F-toys #FT60137-01
航空ファンSELECT
2012年10月29日発売
F-toys #FT60583
松本零士 戦場まんがコレクション
2012年11月13日発売
F-toys #FT60583 back
松本零士 戦場まんがコレクション
2012年11月13日発売
F-toys #FT60583-02
松本零士 戦場まんがコレクション
2012年11月13日発売

    ブログ参照⇒
F-toys #FT60583-02
松本零士 戦場まんがコレクション
2012年11月13日発売

エフトイズ(F-toys) 1/144 WING KiT COLLECTION 8 (ウイングキットコレクションVol.8) が発売になりました。
F-toys_wingkitcollection8_
 ガムのオマケとしての食玩ブラインドボックスでの販売なので、同じシリーズ内の Fw190-D9 や 零戦52型 などのハズレ(笑) を引いてしまう可能性はもとより、この P-51B にしても中身を選んでは買えないのが残念ですが、塗装済み半完成組み立てキットなので基本的には、メイン( ? ) のガムを噛みながら接着剤無しで組み立てて、付属のデカールを貼るだけで楽しめます。

マーキングは、
 #02-A は P-51B 米陸軍航空隊 356FS/354FG/100thFW/9thAF の AJ-☆A と、同じ 356FS の AJ☆N が、 
 #02-B は P-51B 米陸軍航空隊 487FS/352FG/67thFW/8thAF の HO☆M と、 486FS の PZ☆J が、
 #02-C は MUSTANG III 英空軍 316部隊 の SZ◎A と、 309部隊の PK◎G が、
それぞれ一枚のデカールに入れられています。

F-toys_02S_P-51B_002胴体・主翼・水平尾翼などの筋彫りはかなり細いラインで、リベットも細かくそれらしく表現されていて、外形はなかなか良い感じです。 
 コクピット内は、ペガサスのと同じようなソファー状のシートと一体になった床板パーツ(左側にタミヤみたいなコンソールあり)と、そこに差し込む計器盤パーツだけで、操縦桿や照準器はありませんが、胴体内側(両サイド壁面)には細かいモールドがあり、とくに右側内壁面の酸素マスク用ホースのモールドなどは、タミヤ(あるいはペガサス ?! ) のを縮小したかのような太さとカーブを持っています。  
 エア・アウトレットフラップはオイルクーラー後の小さいのも開位置で表現されていますし、ラジエター後ろの大きいほうは、なんと可動になっています。 
F-toys_02S_P-51B_007 脚収納庫は浅いですが、形状はちゃんとB型になっていますし、付属のスタンド使用時の飛行状態用のカバー類も付いています。 ちなみに、このスタンドでの飛行姿勢は主翼下側を支える台に載せる形式になっていて、胴体下部や主翼下面に穴を開ける必要がないように考慮されています。
F-toys_02S_P-51B_0051 地上姿勢用の主脚は脚柱とカバーが一体になっていて、そこにホイール(8本スポークです…)を嵌め込むだけですが、ランナーの湯口がカバー外側に付いているために切り外すとそこだけ黒くなってしまいます…湯口を差し込み部分か、せめて脚柱側にしてくれたらよかったのに、と思ってしまいました。
 キャノピーは P-51B はバードケージ、MUSTANG III ではマルコムフードのそれぞれ一種類だけで、うしろの半円部分まで一体となっていて、下部に大きな差し込み部が付いています。 

F-toys_02S_P-51B_004 プロペラブレードはスピナと一体ですが、金型の簡略化と型抜けを優先したためか、ブレード後ろ側のスピナ基部がえぐれていて、裏側から見ると十文字になっている感じで、角度によっては隙間が開いているようにも見えてしまいます。 また胴体に挟んであるペラ止めパーツの軸がかなり細く折れやすいので、一度差し込んだら軸パーツからは外せないと思っていたほうが良いと思います。
 他にちょっと残念な点としては、翼上面のガンベイ(弾倉のハッチ) のモールドが、タミヤなどのキットと同じでD型のようにリブ一つ分長くなっていることや、アンテナ柱がまったく無視されていることです。 
まぁ、筋彫りの線を左右一本ずつ彫り足してやったり、伸ばしランナーを一本、キャノピーの後ろに立てて貼り付ければすむことではありますが、ここまでキレイにできていると、正直言ってヘタに手を加えたくはないんですよねェ ・・・ (^^ゞ
F-toys_02S_P-51B_010F-toys_02S_P-51B_003
 P-51Bムスタング 米陸軍航空隊 第75戦闘飛行隊_1気になっていたシークレットは  基本的には僕が以前 ハセガワの 1/72 P-51B のキットを U・オリジナルパーツを使って改修し、[MUSTANG GALLERY] にも展示しているのと同じ、胴体後半を黄色く塗った 5th FS/52nd FG/15th AF の VF☆ 5 のものでした。
P-51Bムスタング 米陸軍航空隊 第75戦闘飛行隊
 ただ、僕はまだ手に入れてはいないのですが、店によってはもう一種類別のセットが販売されていて、それにはシークレットとは別の LIMITED ITEM マーキング が入っているものがあるそうで、こちらがそのもう一種類の 米陸軍航空隊 第75戦闘飛行隊 のものだそうです。




f-toys144_wingkit8_p-51b_pe-s なお、応募券6枚で応募すると、抽選で200名に当たるというデカールの 328FS / 352FG / 67thFW / 8thAF (ブルーノーズ : PE☆ S) は、 「※このキットを完成させるには、この商品の 02-B のキットが必要になります。」 と書かれていますが、右の画でご覧いただけるように P-51B でもマルコムフードの機体(02-B のキットはバードケージキャノピー)ですので、マーキングに合わせるために、もしかするとデカールと一緒にマルコムフードキャノピーも送られてくるのかもしれませんが、何口も応募したのに、自分の所にも知り合いのところにも、とりあえず僕の周りではデカールが送られてきたという話は本日(2013年2月6日現在)jまで聞いたことが無かったのですが、2月24日になって「当選した !」 ということで、エフトイズ(F-toys) から手紙と一緒に送られてきました !!

 デカール自体はキットに入っていたものと同じくらいの大きさのものですが、大きな封筒の中身は手紙と説明書、そしてデカールのみで、以前箱の横に描かれていた告知イラストをupして、「ご覧のように P-51B でもマルコムフードの機体(02-Bはバードケージ)ですので、マーキングに合わせるために、もしかするとデカールと一緒にマルコムフードキャノピーも送られてくるのかもしれませんね。」 と、書きましたキャノピーに関しましては、説明書をバードケージキャノピーにして 「※ 機体(本体)はWING KiT COLLECTION Vol.8 の 02-B (アメリカ陸軍航空隊 第487戦闘飛行隊)をご使用ください。」 と書かれていて、まったく無視の姿勢をとっています。
 まぁ、あくまでもデカールプレゼントだからしょうがないのかもしれませんが、それならせめてこの 328th FS, 352nd FG, 8th AF の P-51B-10-NA PE-S (42-106703) "Snoot's Sniper" の塗装上の特徴とも言える垂直尾翼のタブや S の右上にある床屋のサインポールから来ているという三色の塗り分けのデカールを入れてほしかったです !!(>_<)

 また、2012年には塗装替えバリエーション商品として、 エフトイズ(F-toys) 食玩 1/144 航空ファンSELECT (モデルNo. FT60137) としてブラインドボックス方式で、クラレンス・アンダーソンのオリーブドラブの P-51B にインベンジョン・ストライプを施した、B6☆S "OLD CROW" (43-24823 : P-51B-15-NA) は 10月29日に発売され、その後、もう一つの 松本零士 1/144 戦場まんがコレクション(モデルNo. FT60583) #02 が、ガムのオマケ(食玩)でなくなっている(ガムが入っていない)にもかかわらず、同じようにブラインドボックス方式で 11月13日発売になっています。

 ただ、僕の記憶では、松本零士氏の 戦場まんがシリーズ ではこの 「メコンの落日」 でもそうだったと思いますが、P-51 は B型 も D型 もあまりメインの機体としては活躍しておらず、この機体も " シャークティース " が書かれているだけなので、「もしかしたら 松本零士氏は P-51 はあまりお好きではないのかも・・・?!」 と、当時思ったことがありました。
発売になってみると、この危惧は確かに当たりだったようで、この商品のウリにしている "全ての機体は松本先生による解説文付き。"というこの 「メコンの落日」 の P-51B ムスタング の解説書の解説文というのは、ただ、「ムスタングは描きやすいですね。そんな印象です。」 というたったの一行だけでした・・・(苦笑)

なお、こちらの松本零士 1/144 戦場まんがコレクションは 鍾馗 成層圏戦闘機, 鍾馗 練習機 新撰組, P-51B ムスタング メコンの落日, フォッケウルフ Fw190D-9 ベルリンの黒騎士, Me262A ベルリンの黒騎士, Me262A DEATH HERLOCK, 疾風 アクリルの棺, 疾風 Roll-out 松本家家紋 の[全8種] となっており、シークレットはないのですが、「スタンレーの魔女」に登場する「一式陸攻(1/144スケール)」が入った、[限定特典付スペシャルセット] "飾れる特別限定壁掛けケース"というのが、サークルK , サンクスなどで発売されました。

COPYRIGHT © 2004-2017 T&T MUSTANG FREAKS