KIt Mini Guide  MUSTANG FREAKSからのおしらせ
 P-51 MUSTANG 実機について 
 P-51 MUSTANG 資料について 
 P-51 MUSTANG キットについて 
 P-82 TWIN MUSTANG について
 MUSTANG MODELING GUIDEを見る
 MUSTANG GALLERY の展示を見る
 MUSTANG FREAKS のBlogを見る
 MUSTANG MATERIAL Blog版を見る
 MUSTANG FREAKS掲示板を見る

 LINK FREAKSを見る
ボックスアートデータ
写真によるキット紹介 オールスケール キットデータ
各社キットのデータと特徴
に戻る
2012/09/09 記
2017/05/10 追記
エアフィックス(AIRFIX) 1/72
#A01004 P-51D MUSTANG
etc.
by 友野 升太 & 富永のぶる

まだモデリングガイドを書いていないキットや、未入手でも海外などの読者を始めとして色々な方からお寄せいただいた写真や資料でキットの内容がある程度判るものを、写真を中心にしてご紹介していきます。

また、情報をお寄せいただいた方のお名前などは個人情報に当たる場合がございますので明記いたしませんが、サイトなどでもっとそのキットについての詳細が見られる場合などは、リンクを貼ってご紹介する場合がございます。

このページは単独の索引(Index)を作成しておりませんので、[オールスケールキットデータ][P-51 MUSTANG キットについて] からお入りください。 また、[戻る]ボタンも設置しておりませんので、ブラウザの[戻る]ボタンを使用するか、上記のリンクをご利用ください。

エアフィックス(AIRFIX) #01004 1/72 P-51D MUSTANG

 2012年に エアフィックス(AIRFIX) #A01004 NORTH AMERICAN P-51D MUSTANG として発売された、1/72 の新金型のキットです。
今後の エアフィックス(AIRFIX) の P-51D は全てこの新金型キットになるようで、この後に戦後タイプの櫂状のハミルトン・スタンダートのペラ と ロケット弾、爆弾 などのランナーを追加して AIRFIX #A02047 1/72 North American F-51D MUSTANG とするのかもしれません。
 そして、この後発売されるセット物 (#A55107 Starter Set#A50143 Aircraft of the Aces Gift Set) も、全てこの新金型のキットを使用することになると案内されています。

 で、円高のおかげもあるのかもしれませんが、この新金型のキットが同じ 1/72 の国産キットよりもずいぶんと安い価格で買えますので、国内メーカーさんが自社のキットを見直す良いキッカケをを与えてくれるといいのですが・・・ !(^^ゞ

なお、この新金型キットの発売に伴い、いままでのエアフィックス 1/72 P-51D の [72D-09] はエアフィックス(前)、38年ぶりに新金型になった今回のキット [72D-28] を エアフィックス(新) にと表記を変更いたしましたので、ご了承ください。

AIRFIX #A01004
2012年7月発売
AIRFIX #A01004 back
AIRFIX #A02047
2012年12月発売
AIRFIX #A50143
Aircraft of the Aces Gift Set
AIRFIX #A55107
Starter Set
AIRFIX #A55107
Starter Set
AIRFIX #A01004A
2017年1月発売
AIRFIX #A01004A back
2017年1月発売

2017年1月にはデカール替え新製品として、ブルーノーズのマーキングの #A01004A NORTH AMERICAN P-51D MUSTANG が発売されました。
デカールは、Lt.Eugene W. James, 328FS, 352FG, Bodney, Norfolk 1944 となっており、箱裏にカラー図が載せられています。

airfix72_a01004_6_airfix72_a01004_3_新金型になった、エアフィックス(AIRFIX) #A01004 1/72 North American P-51D MUSTANG は、40年近く前に発売になった以前のキット( P-51 MUSTANG FREAKSでの分類 [72D-09] ) とは全然違っているので、[オールスケール・キットデータ] にも書きましたが、こちらの [Mini GUIDE] にも、前作の 72D-09 [エアフィクス(前)] との違いを書いていく形でご紹介しておきます。

 まず全体の仕上げの感じですが、薄い灰白色のマット仕上げになっているので(前)のライトグレイのよりも繊細な感じがします。
 全体の印象も少し張り出して前よりも幅広に角張った感じの機首のラインや主翼の機銃部分の表現など、どこかタミヤのキット[72D-22] にも似た感じですが、タミヤのダークグレイの中途半端な艶消しよりも好ましく思えたりして・・・。
airfix72_a01004_12_ただ、材質がとても柔らかい感じでサクサクと削れるのはいいのですが、ウッカリ調子に乗るとると削りすぎてしまいますし、主翼パーツなどの太い湯口は慎重に切り外さないとパーツに大怪我が残りそうです。

airfix72_a01004_7_ 胴体内側のパネル類のモールドは(前)のものよりも浅くなっていますが、後部の胴体リブまで表現したり、(前)のものでは筒抜けだった主脚収納庫の内側モールドを主翼上面パーツの裏側に施すなどの工夫が見えますが、この部分が左右うまく繋がらないと上半角が消えてしまいます。
 またコクピット内部のパーツは、機首直後の仕切り板からサイドコンソールを含む床板・胴体内タンク・無線機・ラジエター後のエア・アウトレット整流部から尾輪の収納庫までが一体のパーツとなっています。

airfix72_a01004_8_ そして、(前)のものでは薄い筋彫りだけでほとんど省略されていた胴体下の特徴的な二つのエア・アウトレットは、オイルクーラー後のエア・アウトレットフラップが開状態のモールドで、ラジエター後のエア・アウトレットフラップは別パーツを使って表現されています。
 また、機首下面の空気取り入れ口はairfix72_a01004_1_別パーツとなり、(前)のものよりは多少大きくなりましたが、それでもまだタミヤの 2/3 ぐらいの大きさでしょうか・・・
 なお、計器盤パーツにはラダーペダルが付けられましたが、(前)のものではモールド表現だった計器類はデカールでの表現となりました。

 プロペラ関係ではスピナ先端パーツに多少丸味が加わり、スピナキャップの根元部分も一回り大きくなって(前)のものより改善されましたが、ペラ自体は K型用の エアロプロダクツ のものがなくなり、カフス付きのハミルトン・スタンダードだけになりました。 

airfix72_a01004_4_主脚はオレオが縮んだ状態になり、以前は貼り合わせで縦筋トレッドだけだった主輪は、一発抜きの彫りが深いもので、ダイヤ型のトレッドパターンが刻まれています。
airfix72_a01004_9_
 キャノピーは(前)のものでは一体のイングルウッド型だけでしたが、今回はウインドシールド部が分割になり、後部キャノピーはイングルウッド型とダラス型が入っていて、キャノピーフレームが別パーツになっています。
また、(前)のものでは胴体と一緒にモールドされていた照準器が、キャノピーパーツと一緒のクリアーパーツのランナーに別パーツとしてモールドされています。
airfix72_a01004_10_
airfix72_a01004_11_ 翼関係では主翼の分割が、(前)のものでは下面パーツに付けられていた主翼端が上面パーツに移って上面重視の構成となり、フラップも別パーツで下げ状態(フル・フラップ・ダウン )がスタンダード(角度を変えたり上げ状態にする時は差し込みタブを切り取って取り付ける)になっているほか、方向舵が別パーツになっています。

また、この #A01004 のキットでは、爆弾のパーツなどは無くなりましたが、これに関しては、このキットに戦後タイプの櫂状のハミルトン・スタンダートのペラとロケット弾、そして爆弾などのランナーを追加して、#A02047 F-51D とするのではないかと・・・まぁ、こちらのキットは9月現在の時点ではまだ発売になっていませんので、あくまで推測の域を出ないのですが。。。

という推測どうり、2012年12月には左のランナー一枚と、1952年の Korean War 時の18th FBG 12th FBSq の FF-943 ☆ と、1984年のドミニカ共和国 のマーキングのデカール が追加されて、右のような箱絵の#A02047 1/72 NORTH AMERICAN F-51D MUSTANG として発売になりました。

○ 仮組みしてみました !

 パーツの合いは良いのですが、パーツとランナーの湯口の部分が結構太くて、主翼先端や尾翼先端などの主要部分が簡易金型のキットのように埋もれていたりします・・・
また、主翼と胴体の結合部分などに湯口の部分がくるので、慎重に削り合わせておかないと仮組みはもちろん、主翼の上半角に影響を与える部分が少なくありません。


ざっと見たところでは、水平尾翼先端の形状は少し修正した方がいいと思いました。
また、キャノピーの幅とも関係していますが、胴体上部の幅が少し狭いのはタミヤのと較べると一目瞭然ですが、エアフィックスのは伝統的にこの幅は狭いので、これはエアフィックスの考え方(P-51D という機体の捉え方)なのかもしれませんね。

エアフィックス1/72 (前) [72D-09]タミヤ 1/72 P-51D [72D-22] の仮組みと並べてみました !


左から、エアフィックス1/72 (前) 、エアフィックス1/72 (新)、タミヤ 1/72



: エアフィックス1/72 (前) 、: エアフィックス1/72 (新)



: エアフィックス1/72 (新) 、: タミヤ 1/72

エアフィックス 1/72 P-51D ムスタング(旧)のガイドを見る

エアフィックス 1/72 P-51D ムスタング(前) のガイドを見る

COPYRIGHT © 2004-2012 T&T MUSTANG FREAKS