KIt Mini Guide  MUSTANG FREAKSからのおしらせ
 P-51 MUSTANG 実機について 
 P-51 MUSTANG 資料について 
 P-51 MUSTANG キットについて 
 P-82 TWIN MUSTANG について
 MUSTANG MODELING GUIDEを見る
 MUSTANG GALLERY の展示を見る
 MUSTANG FREAKS のBlogを見る
 MUSTANG MATERIAL Blog版を見る
 MUSTANG FREAKS掲示板を見る

 LINK FREAKSを見る
ボックスアートデータ
写真によるキット紹介 オールスケール キットデータ
各社キットのデータと特徴に戻る
2014/04/07 記 EAGLE 1/96 N.AMERICAN MUSTANG P-51C by 友野 升太 & 富永のぶる

まだモデリングガイドを書いていないキットや、未入手でも海外などの読者を始めとして色々な方からお寄せいただいた写真や資料でキットの内容がある程度判るものを、写真を中心にしてご紹介していきます。

また、情報をお寄せいただいた方のお名前などは個人情報に当たる場合がございますので明記いたしませんが、サイトなどでもっとそのキットについての詳細が見られる場合などは、リンクを貼ってご紹介する場合がございます。

このページは単独の索引(Index)を作成しておりませんので、[オールスケールキットデータ][P-51 MUSTANG キットについて] からお入りください。 また、[戻る]ボタンも設置しておりませんので、ブラウザの[戻る]ボタンを使用するか、上記のリンクをご利用ください。

EAGLE 1/96 N.AMERICAN MUSTANG P-51C

 僕自身は未入手のキットです !
この記述は送っていただいた数葉の写真からの検証なので、実際と違う部分があるかもしれません。

 箱の表示は N.AMERICAN MUSTANG のタイトルの下に小さく P-51c と入れられていますが、絵は機首上部に空気取り入れ口のある P-51A のようになっています。

ただ、キットの写真を見せてもらった限りではキットはたしかに B/C型 で、主翼付け根の張り出しも、D型のように大きいものではなく、一応 B型の形状を確保しているように見えます。
ただし、主脚収納庫は彫られているようなのですが、主車輪の入る部分が丸く彫られていて、形状は必ずしも正確であるようには見えませんし、主車輪ドア(カバー)のパーツが見当たりません。
また、主脚柱がパーツ化されておらず、脚カバーから延びた板に主車輪を貼り付けるようです。

尾輪のパーツはありますが、尾輪収納庫の表現は無いので、当然収納庫のドアもありません・・・胴体下面にあけられた穴に差し込んで接着する直付けタイプのようです。

 キャノピーはバードケージの箱絵とは違って、送られてきたキットの写真で見る限りではいずれもマルコムフードに見えます。
キャノピー内は掘り下げられておらず、パイロットの頭もない "バスタブに蓋" の状態ですので、防眩シールドや計器盤、シートどころかコクピット内は何の表現もされていません。
また、胴体下側の エア・アウトレット・フラップなど の表現も、省略されているように見受けられます。


排気管は別パーツになっていますが、フェアリング(シュラウド)付きかどうかまではこの写真では判別できません。

プロペラはスピナキャップまで一体になった造りですが、ペラの形状はカフスが付いているようには見えませんし、かといってエアロプロダクツのブレードとも違う、どっちつかずの形状になっているように見えます。

増槽はパイロンが一体になった貼り合わせ式ですが、形は不正確なものとなっています。

パーツのモールドはいろいろな成形色があるようで、写真を見ただけでもシルバー、ライトグレー、ライトブルーなどがあることが判ります。


* 資料一覧の<MA14(モデルアート 1991年 8月号 No.374):p36>の工藤栄二氏の記事でP-51Bと紹介されていますが、私はキットを持っていませんし、現在までのところそのような写真にも出会っていませんので、P-51B のタイトルとしてのリリースがあったかどうかの真偽・詳細などは判りません。


COPYRIGHT © 2004-2017 T&T MUSTANG FREAKS